鉄道旅行誌「旅と鉄道」共同企画

第17回「国鉄・JR廃止路線ランキング(東日本編)」投票

  • SNSでこのページを共有:

今回のテーマは「国鉄・JR廃止路線ランキング」です。東日本エリアで1968(昭和43)年以降に廃止された(第3セクターなどに転換された路線は除く)国鉄・JR各線をランキングします。

思い入れのある路線に一票を投じてください。乗った時のエピソードなどのコメントもお待ちしております。投票結果は、2017年11月21日発売の「旅と鉄道」2018年1月号でも詳細が掲載されます。

国鉄・JR廃止路線に投票する

投票期間:2017年9月21日(木)~10月20日(金)

現在の投票結果

投票結果(計39項目/595票)

各項目の は未投票の項目、 は投票済みの項目であることを示します。

国鉄根北線(斜里~越川)

 6票

国鉄吾妻線(長野原~太子)

 7票

国鉄川俣線(松川~岩代川俣)

 5票

国鉄札沼線(新十津川~石狩沼田)

 9票

国鉄中央本線(下河原線)

 9票

国鉄函館本線(南美唄支線)

 8票

国鉄夕張線(登川支線)

 8票

国鉄五日市線(岩井支線)

 7票

国鉄白糠線(白糠~北進)

 9票

国鉄日中線(喜多方~熱塩)

 28票

国鉄相模線(西寒川支線)

 14票

国鉄赤谷線(新発田~東赤谷)

 11票

国鉄魚沼線(来迎寺~西小千谷)

 6票

国鉄渚滑線(渚滑~北見滝ノ上)

 4票

国鉄相生線(美幌~北見相生)

 6票

国鉄万字線(志文~万字炭山)

 9票

国鉄弥彦線(東三条~越後長沢)

 4票

国鉄興浜北線(浜頓別~北見枝幸)

 10票

国鉄岩内線(小沢~岩内)

 5票

国鉄興浜南線(興部~雄武)

 7票

国鉄美幸線(美深~仁宇布)

 9票

国鉄富内線(鵡川~日高町)

 7票

国鉄胆振線(京極~脇方・倶知安~伊達紋別)

 7票

国鉄瀬棚線(国縫~瀬棚)

 6票

国鉄湧網線(中湧別~網走)

 11票

国鉄士幌線(帯広~十勝三股)

 15票

国鉄羽幌線(留萌~幌延)

 13票

幌内線(岩見沢~幾春別・三笠~幌内)

 14票

松前線(木古内~松前)

 12票

歌志内線(砂川~歌志内)

 7票

標津線(標茶~根室標津・厚床~中標津)

 16票

天北線(音威子府~南稚内)

 25票

名寄本線(名寄~遠軽・湧別~中湧別)

 15票

函館本線(上砂川支線)

 10票

深名線(深川~名寄)

 30票

信越本線(横川~軽井沢)

 130票

岩泉線(茂市~岩泉)

 20票

江差線(木古内~江差)

 34票

留萌本線(増毛~留萌)

 42票

投稿されたコメント一覧(合計173件)

国鉄根北線(斜里~越川)

 6票

  • 線路趣味の原点。小学生の時、NHKで越川橋梁を見てしまった衝撃!(LUNさん)
国鉄吾妻線(長野原~太子)

 7票

  • 1971年長野原駅(現長野原草津口駅)から先の線路が曲線から直線に変わってた。鉄鉱山の専用線の廃止。1日数往復の可愛い路線。乗れずに終わりとても残念。ホッパーの残骸がきれいに整備されているそうです。ぜひ訪れてみたい。(ぽち電車さん)
国鉄川俣線(松川~岩代川俣)

 5票

  • 川俣が母の実家でした。よく昔話で「汽車がこの町にも走っていたんだよ。通学で良く乗った」って聞かされました。短い路線ですが、阿武隈川に架っていた大きな橋梁が思い出に残ってます(生まれた時はもう廃線でしたが)。当時の鉄道→バス転換の名残で、とても小さい町なのに未だにJR東北路線バスが走っています。(べにばなさん)
国鉄札沼線(新十津川~石狩沼田)

 9票

  • 札幌の「札」石狩沼田の「沼」で札沼線‼(721系5000番台3両編成さん)
  • 通学で学生がたくさん乗ってきた(D51001さん)
国鉄中央本線(下河原線)

 9票

  • この東京砂利鉄道を起源にする支線のクモハ40形電車はよく見た。鉄道学園にも繋がっていた。武蔵野線開業にともない、武蔵野線に編入、国分寺からのは引込線だけになった。(jnr201901さん)
国鉄函館本線(南美唄支線)

 8票

  • 毎日乗ってました。(ファビョリーノさん)
国鉄白糠線(白糠~北進)

 9票

  • 最終日に何両も連ねたさよなら列車のニュースが衝撃でした。(ゆうづる81さん)
  • 子供の頃に読んだ乗り鉄ルポ中で、1番行きたいと感じた路線でした(ケツ割れさん)
  • 子供の頃ニュースで見てなぜか記憶に残っていてずっと乗りに行きたいと思っていました、念願かなって乗れたときの感動は今でも忘れられません。(Tc86023さん)
国鉄日中線(喜多方~熱塩)

 28票

  • 小学生の頃只見線から日中線、そして磐越西線に乗り楽しんだものです。先達て旧熱塩駅に出向いて、当時を思い出しました。(nobuさんさん)
  • 日中は走らない日中線、夏の夕暮れに乗った時の、背ずりが板張のオハ61の乗り心地、各駅の荒廃具合も相まって、何とも言えない旅情を感じました。(ワサフ8003さん)
  • C11牽引の混合列車、洋館風の熱塩駅遠い思い出ですが忘れません。そんな懐かしさいっぱいの路線です。(ぽち電車さん)
  • 私が乗った時にはもう、SLではなくDLでしたが、日中走りませんに乗るのは大変でした。客もほとんどいなくて、熱塩駅などは寂れて、なんとも言えない趣がありました。(とき300号さん)
  • さよなら日中線の列車に乗りました。雪の中に映える赤いDLと茶色の客車。とても風情がありました。(いまじゅさん)
  • 実際に乗ったことはなく雑誌でしかみていませんが、DLが旧客2両を引く姿、そして熱塩駅で機回しする姿がとても印象に残っています。典型的なローカル線でした。(四代目アキタさん)
  • 日中に走らない日中線として有名でした。すでにDE10牽引になってましたが長閑なオハフ61に揺られて到着した現在は整備されているらしい熱塩駅の荒れ具合が印象的でした。車掌さんから車補を買ったのも思い出です。(ラッピング電車さん)
  • 中学の日、買った旅と鉄道に載っていた日中線の記事、虜になり何度も同じ記事を読み漁っていました。最初の訪問は17歳のとき、雨降る5月。記事に載って同じ風景を見れた瞬間は今でも忘れません。会津加納駅のホームから見える立体交差の道路、強く降り始めた雨、熱塩駅のトイレのわれた窓ガラスから見えた雨風景と雨音、どこの駅に行っても聞こえてくるのは雨の音だけ、昼間の訪問だったので列車を見ることは出来ませんでしたが、昭和の良き思い出です(はもにんさん)
  • 国鉄現役蒸機に乗車した唯一の路線です。当時小学生の私には、客車の中で食べたおにぎりが見る見る煤で黒くなっていくのが不思議で仕方がありませんでした。(DATSUN510さん)
  • 今から45年前一人でSLを撮りに上野から夜行列車に乗り熱塩に行きました 一人で不安でしたが 日中線のSLに乗り来て良かった思いました (のぶりかさん)
  • DE16が牽引する旧型客車を周遊券で乗った思い出のある路線(D51001さん)
国鉄相模線(西寒川支線)

 14票

  • 廃止直前友達と乗りに行ったけど、淋しかった。(タカテルさん)
  • 残念ながら自分が西寒川支線を知ったのは廃線後ではあるが...。過去(今から13年ぐらい前)にその近辺の現場へ転勤していた頃、通勤時に一之宮緑道や記念碑がある公園をよく目にしていたから。当時の現場は人間関係もひどく過酷な労働をしいられていたこともあってその周辺地域に対して良い思い出がなく、特に西寒川支線の痕跡なども憂鬱の象徴の1つでした。 最近、某サイトで西寒川支線の特集をみて、久々にぶらりと訪れてみたいなぁって思った。(MoonDolphinさん)
  • 住宅の間を一駅だけ行く気動車が懐かしい(ぽんぷさん)
国鉄赤谷線(新発田~東赤谷)

 11票

  • 終着駅の風情が素晴らしい。(ミヤノハルさん)
  • 廃止直前に、お小遣いを貯めて乗りに行きました。終着駅がスイッチバックになっているのがおもしろかったですね。(旅人KAさん)
  • 終点の東赤谷駅の手前でスイッチバックがあったのが印象に強く残っています。(matsu292202さん)
国鉄魚沼線(来迎寺~西小千谷)

 6票

  • 本数が少なくて乗りに行くのに苦労した思い出があります、「時刻表2万キロ」の著者宮脇さんと同様に帰りは、西小千谷から小千谷まで歩いた記憶があります。(Tc86023さん)
  • 本数は少なかったですが、田んぼの中をのんびり走っていたのが思い出深いです。(matsu292202さん)
  • 地元の鉄道です。幼少のみぎり、よく見に行きました。西小千谷でなく小千谷発着であったならば、上越-信越バイパス路線として少しは延命したのかも知れないです。(ODさん)
国鉄興浜北線(浜頓別~北見枝幸)

 10票

  • 冬の乗車時、キハ22の暖房の調子が悪く、発車直後室温が上がるまでしばらく停車して、北見枝幸からのバスに間に合うか気をもんだことがあります。(バスの時間には間に合いました)(Tc86023さん)
  • 憧れ(ゆきちゃんNAさん)
  • 北海道周遊券でオホーツク海岸沿いに網走から稚内まで乗り継ぎました。(korohamaさん)
国鉄興浜南線(興部~雄武)

 7票

  • 北海道周遊券でオホーツク海岸沿いに網走から稚内まで乗り継ぎました。(korohamaさん)
国鉄美幸線(美深~仁宇布)

 9票

  • 「日本一の赤字線」ここまでPRできれば金字塔といえる(ssmkit21さん)
  • キハ22系も走行し1日4往復でした。(スーパー宗谷2号さん)
  • 北見枝幸まで延伸されたら「また乗りに来るからね」とキハ22に別れを告げた日が懐かしく思い出されます。延伸はおろか、路線そのものがなくなってしまいとても悲しい気持ちです。(Tc86023さん)
  • 廃止直前に乗ったが、お名残乗車で1両の列車が大勢の人で混んでいたのを覚えている。(タルメララインさん)
国鉄富内線(鵡川~日高町)

 7票

  • 1歳から小学校3年まで日高町に住んでいました。毎年の夏休みに親父の実家の小樽まで日高町から振内までバスで行き、そこから鵡川~苫小牧~札幌~小樽とSLに乗り行った記憶が鮮明に思い出します。 (ks0613さん)
  • 廃止直前、中学生の時に乗りました。車内で出会った方と知り合いになり、あまりの貧乏旅行っぷりに苫小牧でお弁当をいただきました。その方とは、30年以上、年賀状のやりとりを続けています。(minmiさん)
国鉄瀬棚線(国縫~瀬棚)

 6票

  • 羊蹄山をバックに車窓が美しい。(D51001さん)
国鉄湧網線(中湧別~網走)

 11票

  • 絶景の中走る赤字ローカル路線。 自分が小学校の時の教科書に写真も載っていて大人になったら行ってみたいと思ってましたが、その前に廃線に。 サロマ湖の湖畔を走り人気があったと言われている 是非とも廃線あとでもいいからいずれ行きたいものです。(Kanon nさん)
  • 自転車で北海道を訪れた時に、サロマ湖沿いの湧網線廃線跡を走り、あまりの絶景に心打たれました。(カブトムシさん)
  • 冬に乗った時、氷結したサロマ湖を見て感動した。 (タルメララインさん)
  • 北海道周遊券でオホーツク海岸沿いに網走から浜頓別まで乗り継ぎました。(korohamaさん)
  • 今からちょうど30年前、純粋な「乗り鉄」として初めて乗車した路線。身近な路線でありながら一度も乗った事がなかったので、廃線を機に乗車しようと思い立った。これを機会として、乗り鉄趣味に目覚める事になる。(北野鉄太郎さん)
  • 車窓からみえる景色が最高でした。廃線後に代替バスに乗りに行きました。(ミスター自爆さん)
国鉄士幌線(帯広~十勝三股)

 15票

  • 乗車した時は既に末端がバス代行になっており糠平までの乗車でした。途中で二両編成のうち乗車してたキハ40のエンジンが停止してしまい勾配のきつくなる清水谷で運行を断念。上士幌まで後退して故障車を切り離し運行再開するアクシデントがありました。そのためまず降り立つ事の無い清水谷駅に短時間ながら降り立てたのと、一部区間を二度乗れたというある意味ラッキーだった思い出があります。(ラッピング電車さん)
  • 地元で廃線跡を頻繁に見るということと、今年で廃線30周年。 同じく広尾線もそうなんですが、選択肢に無かったです(涙)(狩勝高原エコトロッコ鉄道さん)
  • 沿線の糠平湖と末端部(糠平ー十勝三股)の代行バスが良かった。(タルメララインさん)
  • 憧れ(ゆきちゃんNAさん)
国鉄羽幌線(留萌~幌延)

 13票

  • 日本海の風が強い地域ですが、 D61が頑張って石炭や海産物を運んでいました。(HD-LC2.0U3-BKさん)
  • 廃止日の最終列車に乗車したので特に思いれがあります。(狩勝高原エコトロッコ鉄道さん)
幌内線(岩見沢~幾春別・三笠~幌内)

 14票

  • アイヌ語の音訳としても、最も美しい駅名「幾春別」の忘れられない響き(ssmkit21さん)
  • 廃線跡に2016年,いきました!!(方向幕おじさんさん)
松前線(木古内~松前)

 12票

  • 松前城とのコラボ、良いロケーションでした。(タカテルさん)
  • 北海道新幹線との明暗(ssmkit21さん)
  • 松前線が函館までの線区だったらと思うと残念です。(浅い鉄さん)
  • 松前線に乗車して松前城を見に行きました。 昨年また、松前城へ行きましたが木古内からバスで思い出しながら旅をしました。 良い思い出です。(ヤッシーマンさん)
標津線(標茶~根室標津・厚床~中標津)

 16票

  • 「どうして廃線になったのか教えてほしい こんなにも閑散としてるのに」 標津線が廃止した年に生まれ、今年の夏初訪問したときにそう思いました(えどーわーどさん)
  • 特に厚床~中標津間は特に本数も少なかったですが、既に交換設備も撤去されていた奥行臼に委託の駅員さんがいて、次の列車待ちの間お茶をご馳走になって四方山話に花が咲いたことを懐かしく思い出します。(matsu292202さん)
  • 根室標津のユースホステルでお世話になったときに乗りました。(あつし1962さん)
天北線(音威子府~南稚内)

 25票

  • 浜頓別の国民宿舎、今もやっているのかな。(タカテルさん)
  • 当時の駅間最長距離区間がありました。 音威子府駅で、「急行天北」上下交換があり、 ホームの立ち食い蕎麦屋さんでは『黒い蕎麦』を頂きました。(HD-LC2.0U3-BKさん)
  • 昭和60年のダイヤ改正の時、札幌駅で急行天北に乗ろうと並んでいた時、業務放送「301(3?)」◯番接近!」のアナウンスに、「客車?」と驚き、客車列車化された列車に驚き、目の前に止まったのが、自由席なのに、寝台車なのに、驚き、わざわざハザまで移動しました。 あとで車掌に聞いたら「間違いなく、自由席」とのことで、優雅な旅を楽しめました。 天北線に入るとDE10が7〜8両の編成を牽いて 25‰を登る姿に魅了され、また機関車で通過時にタブレット授受をするのもカッコよく感じました。 よく通った沿線では、女子高生とも顔見知りになり、擬似通学気分も味わえました。(旅一郎さん)
  • 昔、北海道旅行の時に急行「天北」で一度だけ利用した路線ですが、沿線の自然豊かな風景を十分堪能出来た事が今なお思い出となって蘇ってきます。(つよしん@さまよう旅人さん)
  • 1両の各駅停車で利用しただけですが飛行場前という謎めいた乗降所もありました。(うぇにりあさん)
  • 三浦綾子さんの「天北原野」の舞台で、いつか乗りたいと思ってました。(ゆきちゃんNAさん)
  • JR発足1年目、つまり30年前は本格的に乗り鉄趣味と硬券切符収集を始めた頃で、初めて稚内を目指した時の帰路に乗った。残念ながら乗ったのはこれ一度きり。17.7㎞という停車場間距離を誇った曲淵~小石の間は本当に何もない山間部で、余計に長く感じた。前年に交換設備が使用停止された猿払など、腕木式信号機に×印が付いていて信号操作のテコは針金で固定されていたのが痛々しかった。それだけに悲壮感漂うローカル線という印象が強い。途中の中頓別では短い停車時間の間に駅員におカネを渡して硬券入場券をデリバリーしてもらう(事前に電話で注文)というツワモノがいたのだが、私にはマネできなかった…(今では絶対にありえない)。私は敏音知で途中下車。敏音知山の麓にあり、思わず降りてみたくなる長閑なムードの駅で、駅長さん始め職員は皆温かい人だった。廃線後、駅跡はオートキャンプ場になり駅舎は管理棟として使われていたようだが、道の駅建設のために撤去されてしまったのが惜しまれる。(北野鉄太郎さん)
名寄本線(名寄~遠軽・湧別~中湧別)

 15票

  • 湧別~中湧別間を乗車したとき、車掌から使用済みの切符をもらったことがあります。いい思い出です。(Tc86023さん)
  • オホーツク沿岸(興部ー中湧別)の荒涼とした光景が印象に残っている。(タルメララインさん)
函館本線(上砂川支線)

 10票

  • 叔父が住んでいた場所で思い出深いです(煌コウさん)
  • 昔ドラマの舞台になっていてその雰囲気を味わいたくて北海道旅行の折に乗りました。当日はダイヤに乱れがあり歌志内線とペアで訪ねたのですが、日も暮れてからになったのが残念でした。(ラッピング電車さん)
  • まだ、神奈川県にいた頃TVのドラマを見ていつか行ってみたいと 濁った心に誓った。 結果移住してしまった…………北海道の鉄路は深い(ジジクマさん)
  • 倉本聰 の「いつか悲別で」という作品で、この線を知ってグッズを買いました。(ねこかんだ さん)
深名線(深川~名寄)

 30票

  • 朱鞠内湖で乗り継ぎ合間に行った朱鞠内湖の何もなさは、新鮮でした。(タカテルさん)
  • 日本で最も雪深く、寒く、困難な路線だったでしょう(ssmkit21さん)
  • 開通まで多くの人が苦労したにもかかわらず、こんなに長い路線が廃止されたのは残念だった。(SeaWolfさん)
  • 朱鞠内より名寄側は、究極の秘境路線でしたね。(通りすがりのおけいどんさん)
  • ほんとうに山の中を走るローカル線、2回乗れたのは幸いだった。(デンパンさん)
  • 山を分け入った先にあった朱鞠内の駅が印象に残っている(三岐のそばさん)
  • 北海道のローカル線らしさを最後まで残していた路線でした。 建設当時の5Mレールが残る区間が多く、カタコンカタコンと忙しいジョイント音を響かせ、原生林の中を走っていました。 10両編成の最終列車に乗ったのも良い想いでになっています。(もけいやさん)
  • 大雪の日 朱鞠内で足止め 半日待ったかな (Beatexpressさん)
  • 「タブレット、腕木信号機、車掌乗務」。 人間が動かしている最後の長距離ローカル線だったと思う。(深川5時10分発さん)
  • 廃止がわかってから、初めて乗った路線でした。早朝に乗った深川発の名寄行の列車が今でも思い出します。(ほるもんさん)
  • 冬に乗車したとき、朱鞠内の雪の深さに圧倒された記憶があります。(Tc86023さん)
  • 昭和50年代、最初で最後の乗車時、深川から終点、朱鞠内まで貸切状態でした。車内で仲良くなった車掌さんから昼のお弁当を分けて頂いたこと、退職間近ということで写真と撮ってお送りしたら、お礼にリンゴ1箱(木箱でした)が送られて来た時の驚きと感謝は今も鮮烈です。(千両箱さん)
信越本線(横川~軽井沢)

 130票

  • アプト式による開通、明治の技術者の思いが伝わる(ssmkit21さん)
  • 横川駅には他駅にない緊迫感がありました。(はぶさん)
  • 穿つトンネル26ゆめにも勝る汽車の道(ダダックさん)
  • EF63ブラス189系、169系が、急勾配を、走る、姿は、忘れられない❗️(ピロ介さん)
  • 坂を登る汽車の力強さと遠くに見える浅間山の美しさに惚れていました。(はんつさん)
  • 父の実家がある信州へ遊びに行く際、幼年時代から特急あさま号をよく使っていた。横川駅で釜めしとお茶を買って、トンネルの数を数えながら食べていたのを思い出す。 (横軽間からは話がそれますが)特急あさま号といえば、上野を発車する際、特急ひたち号もよく同時刻に発車して暫く並走していたのを思い出します。(MoonDolphinさん)
  • 今月末で廃線20年となる信越本線碓氷峠。茶釜ロクサンがもう少しで横軽がなくなってしまうと言うように黙々と「あさま」や165系モントレーを推し牽きしている姿が目に映りますね…。 (ロマンSINETSUさん)
  • 67/1000の急勾配を電気機関車に連結された普通電車で何度か通った事があり、その際に横川駅で購入した「峠の釜めし」を車内で食したのが懐かしく感じます。(つよしん@さまよう旅人さん)
  • EF63との協調運転が印象的。(たまのてっちゃんさん)
  • かっこいいから(あー上野駅さん)
  • 廃止前に特急白山(ボンネットタイプ)に上野から乗車。関東平野を走り、高崎から信越本線へ。横川駅では、定番だった峠の釜飯を購入。最後尾に機関車2両を連結。車体下のバネから空気を抜き、ゆっくりと軽井沢への急勾配を登って行きました。乗り心地はこの区間だけ固くなりましたが、今では良い思い出です。(急行のりくら1号さん)
  • EF63、碓氷峠よ永遠に(東武51092Fさん)
  • EF63!!!!!!!!!!!!!(hello helloさん)
  • なんといっても EF63です この機関車は日本には珍しい山岳用機関車で 碓氷峠を走る鉄道がなくなってから20年たちますが 未だに北陸新幹線をゆるせない(たつじぃさん)
  • 横軽よ、永久に(かはまさん)
  • あの重連が来るね〜文化村で早く運転したいわ~ ブロワ━の音もいいね 北陸新幹線消えろ(ト★プ★ナ★ンさん)
  • ジス・イズ峠(特休甲斐路さん)
  • 日本中の路線の中で唯一の機関車と特急の連結が有ったから(あかさたあさん)
  • 横軽の守り神ことEF63,個人的に好きです(方向幕おじさんさん)
  • 間も無く廃止20年、今だに復活してほしい路線です。碓氷峠越えは在来線が一番。新幹線も上信越道も国道18号線バイパス並びに18号旧道も在来線には敵わない。あと路線廃止が碓氷峠越えの敷居を高くした。(リゾパンさん)
  • 幼いころ母の実家に帰省する際に利用しておりました。車中で食す釜飯がなつかしいです。(ワキさん)
  • もう一度、碓氷峠を信越線で超えたい。新幹線ではトンネルばかりで、旅情気分が味わえない。 信越線の廃線跡を見るたびに虚しさを感じます。復活を強く希望する路線です。(yk525さん)
  • 30年ほど前、あさまで毎週長野出張の仕事に行っていました。横軽を境に気分を仕事モードに切り替えていました。文化むらの189系に乗ったらあの頃と同じ匂いがしていました。(神奈川ジローさん)
  • EF63サイコー(大タツさん)
  • 一度生で行ってみたかったから…(南武線N1編成さん)
  • 特急あさまの印象が懐かしい(まさご2さん)
  • 廃止の月にあさまに乗りに行きました。(フレッシュひたち4号さん)
  • 日本初のアプト式を採用した区間であり、険しい勾配を克服するための努力の歴史を感じさせる区間でもある。また、横川駅での「峠の釜飯」の販売風景も記憶しておきたい。(特急という名の急行さん)
  • 一番乗りたかった路線だから。(アラスノ3世さん)
  • 幼いころ祖父と父に連れられてあさまで越えた記憶があり なかでも新碓氷川橋梁を渡った記憶がはっきり残っている(yam0124さん)
  • 埼玉県から長野県にあるの祖父母の家に行くときに通って行きました。 当時、一日数本しかない115系の普通列車に乗っていくのが、我が家の行き方でした。 一度だけねだり、帰路に14系客車で運行されていた「臨時急行 軽井沢号」に乗せてもらいました。 EF62+EF63×2両の3重連の重厚な迫力と、落ち着いた青い14系客車の編成が、今も心に残っています。 30年以上前、小学生の時の思い出です。 (じゃーまんさん)
  • 子供の頃から乗っていた路線。車窓から見える丸山変電所跡地や碓氷第三橋梁をはじめとするレンガ作りの遺構など窓にはりついて見ていました。当時はアプト式という事は知っていたが歴史的な背景など分からずただただスゲー、と思っていました。(じじてんみこさん)
  • まあ無理かもしれませんがしなのに結んで欲しいから選ばせていただきました。(どoえもんさん)
  • 急行能登の機関車3重連が懐かしく思ったから (仙台 E653さん)
  • 長野新幹線開業に伴い廃線となってしまったわけですが、東日本大震災クラスの災害が発生した際には緊急措置的な貨物輸送だって必要になるのではないでしょうか。日本海側と太平洋側を結ぶ線路が無くなるのは惜しいよね。(ホワイト金太郎さん)
  • 碓氷峠ですねぇ…EF63は最高です! 出来る物なら復活を観たいですな。(かつじんのバーさん)
  • EF63はカッコいい!これは外せないですね! (TJ-IKBさん)
  • 便利だったから (美味しいさん)
  • 横軽の峠越えや、釜飯、EF63の3重連運転など様々な功績を遺してくれた素晴らしい路線です 廃止から20年、もう一度注目されるいい機会だと思います(こーむ81さん)
  • 1956年(昭和31年)私が中学3年生の夏休みに初めて一人旅をしました。上田市郊外にある母の実家を訪ねる旅でした。母は私が5歳の時に他界、上田には母の兄の叔父さんが住んでいました。上野から蒸気機関車で上田へ向かいました。横川を過ぎ、碓氷峠を上るときは車内に煙が入るのであわてて窓を閉めました。当時のことが懐かしく思い出します。(勲ちゃんさん)
  • こどものころから何回も乗車した(しげぼーさん)
  • 63のあのブロアー音が忘れられない(ぽんぷさん)
  • 自分の生まれた場所の軽井沢 EF62+EF63重連の旧型客車 169系の急行に良く乗りました。 今では、良い思いでです。(中村君さん)
  • 両親ともに関東出身で中学まで首都圏から出たことなかった私の進学先は富山。往きは白山、帰りは(お金が無いので)信越回りになった能登や妙高で通学?したのは良い思い出です。(元船乗りさん)
  • 夜行列車にのって、横川から直江津に行きました。その時に、客車の連結路の高さが異なることで勾配のきつさを感じました。(あつし1962さん)
  • どうしてもあの連結風景を撮りたくて乗りたくて、親を説得し、父親との数少ない旅行の一コマが思い出されます。(いのさんさん)
  • 横川・軽井沢両駅の補機の連結・開放及び碓氷峠をゆっくり通る時の車内及び車窓が良かった。(タルメララインさん)
  • ef63----------‼(りょりょうさん)
  • 何度か碓氷峠鉄道文化村を訪問したからです。(笹葉嶽さん)
  • 何度か碓氷峠鉄道文化村を訪問したからです。(笹葉嶽さん)
  • 何度か碓氷峠鉄道文化村を訪問したからです。(笹葉嶽さん)
  • 何度か碓氷峠鉄道文化村を訪問したからです。(笹葉嶽さん)
  • 何度か碓氷峠鉄道文化村を訪問したからです。(笹葉嶽さん)
  • 何度か碓氷峠鉄道文化村を訪問したからです。(笹葉嶽さん)
  • 何度か碓氷峠鉄道文化村を訪問したからです。(笹葉嶽さん)
  • 何度か碓氷峠鉄道文化村を訪問したからです。(笹葉嶽さん)
  • 何度か碓氷峠鉄道文化村を訪問したからです。(笹葉嶽さん)
  • 実際に乗車したことはないけど、横川駅ホームから延びていた線路を実際に見て、感慨にふけったなあ(´Д⊂グスン(KARRさん)
  • 父親と、L特急あさまに乗りEF63が連結するところを見るために旅行した日を思い出します。(ミヤーンさん)
  • 小さいころ親戚の家に行くときに利用し 廃線になる前に長野まで往復しました。 (のぞぱぱさん)
  • 63のブロワー音が忘れられない。(いくどんさん)
  • 幼稚園か小学校1年くらいの時に、長野からの特急で通りました。横川停車中にEF63の切り離しを見に行き、特急に機関車が付くことが不思議だった記憶があります。(kazumamaさん)
岩泉線(茂市~岩泉)

 20票

  • 押角駅に至るまでの衝撃的すぎる秘境(ssmkit21さん)
  • 東日本大震災の影響で廃線 が辛いです まだ 赤字でしたが 大丈夫かと思った矢先(志朗さん)
  • 乗ってみたかった。(Kawasakせんかくじさん)
  • 押角峠の撮影スポットで始発を待つとき、定刻で来ないとちょっとした不安に駆られていたが、本当にもう来なくなってしまった。(小田急線の窓にさん)
  • 窓から手を出すと木の葉に当たるほど草生い茂るローカル線。でも昔は道路が悪かったので、龍泉洞への貴重な足でした。(malayさん)
  • 祖父の家に行くのに盛岡から山田線経由で岩泉に向かったり、朝の列車で宮古に出掛けるのに利用していたのを思い出します。今考えてみると岩泉線のダイヤにあわせて行動していました。(masa1523さん)
江差線(木古内~江差)

 34票

  • 北海道が大好きだからです。(姫路行きさん)
  • 中学生の時に函館から乗って、江差に海水浴に行った時の、海水の冷たさが今でも思い出します。(王ヶ頭住人さん)
  • 乗客が自分一人だった。(malayさん)
  • 臨時えさし号の車窓から、天の川駅を偶然撮れたのは嬉しかったが、それも5年前の話か…(泣(1030さん)
  • 風景がキレイ!(みゅーーーーすかいさん)
  • 北海道に行った時に最初に乗った鉄道です。江差まで行って、一泊しました。(あつし1962さん)
留萌本線(増毛~留萌)

 42票

  • 増毛。いいですね❗(サンライズチームさん)
  • 海岸線をゆっくりと走り、車窓を楽しめました。 増毛駅の「にしん蕎麦」が絶品でした。(HD-LC2.0U3-BKさん)
  • 名になる駅が有ったから(あかさたあさん)
  • 以前フェイスブックで最後の日の特集を読んだので。一度乗ってみたかった。(minicoさん)
  • あのラストランを思い出す(まさご2さん)
  • 海沿いは景色が良く、でもそれだけに強風を受けて運休しやすく、また軟弱な地盤に悩まされた路線のようでした。予備知識なしに到着した増毛が結構観光地だったのが意外でした。(malayさん)
  • 高倉健さんを偲びながら訪ねた路線です(よしるはさん)
  • 終着駅が好きなんです(JazzyJawaさん)
  • 最終運行日直前の二日間(12月3日・4日)に撮影・乗車できたのが貴重な思い出の一つ。留萌線のお別れセレモニーを、別の意味で二度と催さないでほしい(深川~留萌間は廃止しないでほしい)。(京王5731さん)
  • 最終列車も見れたから(miyakaiさん)
  • 高倉健さんに思いを寄せながら、 留萌線を最後の時まで堪能できました。(真岡さん)
  • 北海道で復帰したC11の”SLすずらん号”に乗車する為に数回訪れました。留萌から増毛にかけて車窓に見える日本海が印象に残ってます(はやぶさ32号さん)

国鉄・JR廃止路線に投票する

投票期間:2017年9月21日(木)~10月20日(金)

鉄道旅行誌「旅と鉄道」最新号

「旅と鉄道」2017年11月号

2017年11月号(2017年9月21日発売)

  • 見た目がへん⁉ なユニーク列車大集合
  • 予土線「鉄道ホビートレイン」山奥を貫き走る
  • 乗れば笑顔に、SNS映えも抜群!
  • 独自の発展をとげた専用線から廃線跡まで⁉
  • ひと目でわかる! JR観光列車運行カレンダー
  • 時代の最先端を走り続ける私鉄特急
  • 【鉄道コム連動企画】みんなで作る鉄道人気ランキング結果発表
    第16回「好きな通勤特急・通勤ライナーランキング」

あなたの投票コメントが掲載されているかも!?

発行・編集:天夢人 発売:山と溪谷社

定価:1,000円