鉄道コム

奈良線の103系が「サイレント引退」? JR西日本に理由を聞いた

2022年3月19日(土) 鉄道コムスタッフ 西中悠基

3月12日に実施されたJRグループのダイヤ改正にあわせ、奈良線では103系が引退しました。この車両の引退に際しては、「事前の発表がない『サイレント引退だ』」という声がSNSなどで上がっていました。どういうことなのでしょうか。

奈良線用の103系
奈良線用の103系

奈良線の103系は、かつては同線の主力車両として活躍しており、2018年に205系が阪和線から転用された後も、4両編成2本が残存していました。うち1本は2020年12月に全般検査を出場し、再塗装された綺麗な姿となってファンを驚かせていました。

しかしながら、ダイヤ改正の前日である11日、奈良線の103系は引退。ダイヤ改正後は205系と221系の2形式が走る路線となりました。JR西日本の近畿統括本部広報担当者によると、引退した103系は予備車扱いになるということでもなく、再び運用に入る予定はないといいます。

奈良線を走る221系
奈良線を走る221系

今回の引退は、事前の発表がなかったために、鉄道ファンの間では驚きをもって受け止められており、SNSでは「鉄道ファンのマナー悪化が原因では」といった意見も見られました。JR西日本に聞いてみると、基本的に車両の引退については発表しておらず、また鉄道ファンのマナー問題が原因といったわけでもないということです。

ところで、同じダイヤ改正でおおさか東線から引退した201系は、事前に置き換えが発表されていました。この違いは何なのでしょうか。

実は、この201系の置き換えを発表したプレスリリースは、「JR京都線・JR神戸線などへの225系新製投入」がメインで、221系による201系の置き換えは発表の本題ではありませんでした。一方、今回の103系の場合は「既存車両で既存車両を置き換えた」(JR西日本)ため、事前発表がなかったのだといいます。

おおさか東線から引退した201系
おおさか東線から引退した201系

奈良線から引退した103系ですが、関西エリアではダイヤ改正後も、和田岬線、加古川線、播但線での運用が続いています。JR西日本によると、これら3路線では今後も運用が続くということです。

103系が残る和田岬線
103系が残る和田岬線

アンケート

このリポート記事について、よろしければ、あなたの評価を5段階でお聞かせください。

鉄道コムおすすめ情報

画像

E653系「とき」運転

E653系国鉄色編成により在来線特急「とき」が復活。11月3日、6日に、上野~新潟間で運転。

画像

737系2023年春デビュー

JR北海道が新型通勤形車両「737系」を導入。苫小牧~室蘭間で2023年春デビュー。

画像

叡電712号車リニューアル

700系4両目のリニューアル車。9月には更新工事作業の見学ツアー開催も。

画像

ロマンスカー料金改定

小田急ロマンスカーが10月1日に料金改定。あわせてチケットレス料金の導入も。

画像

電気連結器の意味は?

東武鉄道の新型特急「スペーシア X」。デザインや運用など、気になることを質問しました。

画像

8月の鉄道イベント一覧

夏休みシーズンはイベントも多数開催。8月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: