鉄道コム

家の中で廃線跡探訪 ネットで辿るかつての路線たち

2020年5月3日(祝) 鉄道コムスタッフ

Googleマップなどで閲覧できる空中写真。これを見ていると、時折どこか妙な「線」に出会うことがあります。周りの道路とは違う線形をした道路や、道路ではない謎の路盤……。もしかすると、それは鉄道路線の廃線跡かもしれません。

なかなか外出ができないこのご時世。こんな時は、ネットを活用した家の中での廃線跡探索はいかがでしょうか?

2016年に一部区間が廃止された留萌本線。このような路線の廃線跡は、空中写真でも確認できます
2016年に一部区間が廃止された留萌本線。このような路線の廃線跡は、空中写真でも確認できます

空中写真で廃線跡を探検

利用客の減少や貨物輸送の終了による路線の廃止、あるいは線路の付け替えによって鉄道施設としての役目を終えた路盤は、線状の空き地となって残されます。

廃線跡の再利用方法としては、「道路やサイクリングロードへの転用」「建物の建設」「駐車場や駐輪場などへの転用」などが見られます。また、特に地方においては、廃線跡を転用せず、線路や設備を撤去したまま放置することもあります。再開発や区画整理によって廃線跡が跡形もなく消滅することもありますが、廃線跡を単独で活用する、あるいは放置している場合は、かつての線形を留めている例が多くみられます。

そんな空間を探すには、Googleマップや国土地理院のウェブサイトで閲覧できる空中写真がうってつけ。駅から伸びる、他の道路よりも妙に緩いカーブを描く細い道路や、現役線から枝分かれするような謎の空き地、他の家とは異なる向きに建てられた線状の家屋群など、「これはもしや……」と思える空間に出会えます。

総武本線の物井~佐倉間、有名撮影地「モノサク」の近辺では、1968年の電化・複線化にあわせ、一部区間の線路が付け替えられました。このエリアを空中写真で見てみると、かつての路盤が今も大部分で残されているのがわかります。

総武本線の物井~佐倉間。赤が現在線、青が旧線跡です(国土地理院の空中写真(2006年撮影)に加筆)
総武本線の物井~佐倉間。赤が現在線、青が旧線跡です(国土地理院の空中写真(2006年撮影)に加筆)
上記の空中写真に写る廃線跡を、地上から見た様子
上記の空中写真に写る廃線跡を、地上から見た様子

廃線跡だけではなく、未成線の跡地と出会うことも。

名古屋市の港区~熱田区~南区にかけては、かつて西名古屋港線(現在のあおなみ線)と笠寺駅を結び、東京方面から名古屋貨物ターミナルに乗り入れることができる「南方貨物線」が計画されていました。高架橋は大部分が建設されましたが、完成前に工事は凍結。そのまま放棄され、未成線となった貨物線です。空中写真では、このような幻の路線の遺構も、手軽に確認できます。

現在のあおなみ線(青)から分岐する計画だった南方貨物線(赤)(国土地理院の空中写真(2007年撮影)に加筆)
現在のあおなみ線(青)から分岐する計画だった南方貨物線(赤)(国土地理院の空中写真(2007年撮影)に加筆)

アンケート

このリポート記事について、よろしければ、あなたの評価を5段階でお聞かせください。

鉄道コムお知らせ

画像

鉄道コムカメラアワード投票

鉄道の撮影に適しているベストカメラを、鉄道コムご利用の皆さんの投票で決定します

鉄道コムおすすめ情報

画像

九州の車内自販機廃止へ

JR九州が、N700系8両編成を除き、新幹線・特急車内自動販売機のサービス提供を終了へ。

画像

京急の「パタパタ」引退へ

京急川崎駅の「パタパタ」発車標が、2月中旬に引退へ。記念乗車券発売や見学ツアー開催も。

画像

蓄電池電車のしくみ

非電化路線でも走れる電車、蓄電池電車。その仕組みを解説します。

画像

185系いつまで活躍?

2021年に定期運用を終了した185系。波動用での運用はいつまで続くのでしょうか?

画像

イメージチックな流し撮り

イメージチックな3種類の「流し撮り」をご紹介。助川康文さんの「鉄道写真なんでもゼミ」。

画像

1月の鉄道イベント一覧

2022年も鉄道コムをよろしくお願いします。1月のプラン立案には、イベント情報ページをどうぞ。

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: