鉄道模型の老舗、天賞堂の鉄道模型ショップが移転開業

2019年4月19日(金) 鉄道コムスタッフ

4月19日、「天賞堂 鉄道模型 銀座本店」が、東京都銀座にオープンしました。

貴金属や時計の販売のほか、鉄道模型の老舗としても知られる天賞堂。これまでは銀座4丁目の天賞堂ビルにて模型店を営業していましたが、ビルの老朽化にともなう建て替えにあわせて、銀座3丁目へと移転開業しました。

2019年で創業から140周年、鉄道模型への参入から70周年となる天賞堂。同社が展開する新たな店舗の様子を取材しました。

天賞堂が主に扱うのは、16.5ミリのレール幅を採用する「16番ゲージ」。Nゲージよりも大きく、価格も高価ですが、その分精密なディテールが特徴です。天賞堂は、この16番ゲージの販売だけでなく、開発も手掛けています。

天賞堂が開発する16番ゲージの車両
天賞堂が開発する16番ゲージの車両

「16番ゲージに特化して、より深く、より広く展開していこう、というのがコンセプト」と語った、天賞堂 鉄道模型 銀座本店 店長の中山さん。その言葉通り、店内にはこれら16番ゲージ車両がずらり。機関車を始めとして、幅広い車両が取りそろえられています。

店内のようす
店内のようす
ショーケースには16番ゲージの車両がずらり
ショーケースには16番ゲージの車両がずらり

もちろん、数は少ないですがNゲージも。さらには、24ミリゲージを採用する「OJゲージ」の車両もショーケースに並んでいます。

16番ゲージよりも一回り大きい、OJゲージの車両
16番ゲージよりも一回り大きい、OJゲージの車両

店内の棚の一面を占めているのが、6.5ミリゲージを採用する「Zゲージ」の関連製品。日本ではここ10年ほどで流通するようになった規格ですが、まだまだNゲージや16番ゲージほど普及していない製品群です。大きな16番ゲージを主に展開する天賞堂が、Nゲージ以上にZゲージを取り扱っている点は少し不思議ですが、これについて中山さんは、16番ゲージとZゲージの双方を楽しむユーザーが多いため、と説明していました。

Zゲージの関連製品も取り扱っています
Zゲージの関連製品も取り扱っています
ショーケースには天賞堂が開発したZゲージ車両が。参考出品ということですが、精密な設計です
ショーケースには天賞堂が開発したZゲージ車両が。参考出品ということですが、精密な設計です

さらに店内には、16番ゲージのジオラマが。このジオラマでは、天賞堂の「カンタム・システム」を導入。車両本体からSLのブラスト音や汽笛といった走行音が流れる製品で、1畳ほどの展示スペースながらも、大迫力で走る車両を通して16番ゲージやカンタム・システムの魅力を知ることができます。

16番ゲージのジオラマを走るSL模型。「カンタム・システム」を搭載しており、実車さながらのサウンドを奏でながら走ります
16番ゲージのジオラマを走るSL模型。「カンタム・システム」を搭載しており、実車さながらのサウンドを奏でながら走ります

このほか、店内の一角に設けられたショーケースは、元号の改元にあわせた特集展示ブースとなっていました。

店内の一角にあるショーケースは元号改元にあわせ、お召し列車をテーマとした特集ブースに
店内の一角にあるショーケースは元号改元にあわせ、お召し列車をテーマとした特集ブースに

アンケート

このリポート記事について、よろしければ、あなたの評価を5段階でお聞かせください。

鉄道コムおすすめ情報

画像

京急ファミリーフェスタ

5月19日に久里浜工場で開催。車両展示や表示器実演のほか、「京急歴史記念館」の開設も。

画像

リニア鉄道館にN700系

7月17日より量産先行試作車を屋外に展示。117系やクロ381は移設または展示終了へ。

画像

函館~札幌間を時速320キロへ

JR北海道が、北海道新幹線の新函館北斗~札幌間の最高時速を320キロとする工事の実施を要請。

画像

都電 路面電車の日

東京都交通局が6月9日、荒川電車営業所で路面電車の日の記念イベントを開催。6000形6086号車の展示も。

画像

男山ケーブルが新デザインに

京阪男山ケーブルの車両が、新デザインにリニューアル。10月には駅名と通称の変更も。

画像

5月の鉄道イベント一覧

新緑がまぶしい5月。新しい元号でも、鉄道コムのイベント情報をお役立てください。