鉄道コムおかげさまで鉄道コムは25周年

速達列車は「かがやき」、北陸新幹線の列車名決定

2013年10月10日(木)17時35分

W7系・E7系(イメージ)
W7系・E7系(イメージ)

JR東日本とJR西日本は10日、2015年春に延伸する北陸新幹線の列車名を発表した。東京~金沢間の速達タイプの列車名は「かがやき」となった。

列車名は、「のぞみ」や「ひかり」など、運転区間や停車駅などを区別できるようにつける名称。今月2日に発表した運行体系にあわせ、4つの列車名を設定した。東京~金沢間を最速約2時間半で結ぶ「速達タイプ」は「かがやき」、多くの駅に止まる「停車タイプ」は「はくたか」、富山~金沢間の「シャトルタイプ」は「つるぎ」に決定した。東京~長野間の「現長野新幹線タイプ」は、「あさま」を継承する。

列車名は、5月31日~6月30日の間、両社で一般公募を実施。応募総数は約14万5000件だった。名称の数はあわせて1万種類を超えたといい、両社がその中から選定した。最も応募が多かったのは、列車名としての歴史が長い「はくたか」だった。

速達タイプの列車名となった「かがやき」は、1988年から1997年まで上越新幹線の連絡特急として金沢~長岡間を走った特急で、18年ぶりに名称が復活する。シャトルタイプの「つるぎ」は、立山連峰の剱岳(つるぎだけ)が由来。大阪~富山間の夜行列車の名称で、1972年に寝台特急に格上げ後、1996年まで走っていた。停車タイプの「はくたか」は、北越急行線経由で北陸方面と越後湯沢を結ぶ現役の在来線特急と同じ名称。1965年から1982年まで、上野~金沢間を結ぶ特急の列車名として使われたのが最初で、1997年に現在の在来線特急で復活した。在来線特急「はくたか」の名称は、北陸新幹線の金沢開業時には廃止されることになる。

2013年10月11日(金)12時15分更新

鉄道コムお知らせ

画像

有料会員権1年分があたる

鉄道コム25周年を記念したプレゼントキャンペーンが朝日新聞社で実施中。抽選で有料会員権1年分も

鉄道未来インデックス

  • 阪神梅田駅改良工事竣工[2024年春ごろ]
  • 名鉄名古屋駅などカードタッチ決済乗車・QRコード乗車券実証実験開始[2024年春]
  • ひたちなか海浜鉄道湊線延伸開業[2024年春]
  • 観光列車「SATONO」営業運転開始[2024年春頃]
  • 久大本線「かんぱち・いちろく」営業運転開始[2024年春]
  • 磐越東線小川郷駅新駅舎供用開始[2024年春ごろ]

鉄道コムおすすめ情報

画像

「かんぱちいちろく」デザイン

JR九州の新D&S列車「かんぱち・いちろく」デザインなどが発表に。車内には畳個室も。

画像

N700系4本が「8両化」

JR西日本のN700系16両編成4本が8両編成に短縮化改造へ。500系4本を2026年度までに置き換え。

画像

JR四国の新型ハイブリッド車

JR四国が、導入する新型ハイブリッド式車両の詳細を発表。量産先行車は2025年12月に落成。

画像

新幹線をアグレッシブに撮る!!

速いスピードで駆け抜ける新幹線。撮影のコツを、鉄道カメラマンの助川さんが解説します。

画像

2月の鉄道イベント一覧

臨時列車運転情報ぞくぞく掲載。鉄道旅行や撮影の計画は、鉄道コムのイベント情報で。