近鉄 2013年春に新型観光特急

2011年7月4日(月)17時34分

近鉄の新型観光特急。大阪・名古屋~伊勢志摩間を運行予定。
近鉄の新型観光特急。大阪・名古屋~伊勢志摩間を運行予定。

近畿日本鉄道は1日、新しい観光特急を2013年春に導入すると発表した。全車3列シートで、カフェテリアや個室も設ける。

新型車両は、2013年に行われる「伊勢神宮式年遷宮」にあわせ、大阪または名古屋と伊勢志摩とを結ぶ観光特急として導入する。定員数を絞り、通常4列のシートを3列配置とし、座席の前後の間隔を私鉄最大の広さにまで広げる。和風と洋風の4人用個室を1室ずつ設け、6人用のサロン席や8人用のグループ専用席も設ける。個室は、寝台車以外の日本の鉄道車両では最大の広さだという。2階建て車両も1両設け、2階部分はカフェテリアスペースとして軽飲食が楽しめる。車内には専用アテンダントが乗車し、特製カレーやお弁当、地ビール、スイーツなどを販売する。

鉄道車両に乗車すること自体を楽しめるようにしたこの観光特急を、同社は、「伊勢志摩地域の活性化のための切り札」にしたいとしている。

導入車両数は6両編成2本で12両。費用は約37億円。

2011年7月4日(月)17時34分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全154件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全1015件

  • まもなくこの駅へ訪問してから1年と1ヶ月が経ちますが、この駅は近畿日本鉄道の宇治山田駅です。宇治山田駅(駅ナンバリング『M74』、http://www.kintetsu.co.jp/station/station_info/station18018.html)...

  • 現在の近鉄には一般車から改造した特別な車両が2種類あり、1つは昨日取り上げた2013系「TSUDOI」。もう1つは南大阪線・吉野線で観光特急として活躍する16200系「青の交響曲」です。2013系は特急車ではないので豪...

    Yoshi@LC5820さんのブログ

  • イメージ 1

    鉄道に乗る楽しみ(前編)

    • 2018年9月4日(火)

    全国いろんな鉄道を見たり乗ったりしていると、「乗って楽しむ」列車が多くなったなぁと実感します。その究極的な形で体現しているのが、2013年(平成25年)に登場したJR九州の「ななつ星 in 九州」をは...

鉄道コムおすすめ情報

画像

国鉄色キハの旅

10月28日、キハ66・67国鉄色編成が小倉~西添田間で運転。

画像

小田急花火ダイヤ

10月20日、江ノ島での花火大会にあわせて実施。相模大野発「えのしま」の運転など。

画像

下関ふれあいフェス

車両展示や子ども運転士体験など。10月27日開催。

画像

駅名しりとりの駅つなゲー

第95回駅名あたまとりなどを開催中。キミの「駅名力」を試そう!

鉄道未来インデックス

  • 大阪高速鉄道3000系営業運転開始[2018年秋]
  • 西武新型特急車両デビュー[2018年度末]
  • 養老鉄道旧東急7700系導入[2018年度]
  • 広島電鉄5200形営業運転開始[2019年3月末]
  • 新夕張~夕張間廃止[2019年4月1日]
  • あいの風とやま鉄道一万三千尺物語運転開始[2019年春]
  • 南海9000系リニューアル車両完成[2019年春]

チェックイン

鉄道コムで過去に投稿したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: