鉄道コムおかげさまで鉄道コムは25周年

鉄道写真家広田泉さん、復興支援で写真集

2011年5月28日(土)12時52分

広田泉さんの写真集「ここから始まる。」 来年以降も出版し復興支援につなげる予定だ。
広田泉さんの写真集「ここから始まる。」 来年以降も出版し復興支援につなげる予定だ。

鉄道写真家の広田泉さんが、東日本大震災で被災した鉄道の支援を目的に、自身初の写真集を出版する。

広田泉さんは東日本大震災の1時間前、茨城県のひたちなか市で写真撮影をしていた。いまだ全線で復旧していない第三セクター、ひたちなか海浜鉄道の沿線だ。だが震災が発生。その後は本業の写真撮影を行わず、ボランティア活動や物資輸送に専念した。自分がいま一番やらなければならないのは、撮影ではないと思ったからだった。そんな広田さんを変えたのは、鉄道ファンらからの声だったという。「復興に向けた長い記録を美しい写真で綴るのは誰もできない」、「お前しか撮れないだろ」。

広田さんは、被災地が少し落ち着いた地震1か月後から現地入りした。自宅からの移動には物資を乗せ、現地ではあくまでもボランティア活動が中心。悲惨な光景を目の当たりにしながら、ボランティアの合間に現地の鉄道を撮った。

出版する写真集では、ひたちなか海浜鉄道や三陸鉄道、JR山田線など、津波で流された鉄道の様子を、被災前の写真も交えて伝える。収益は全額、ひたちなか海浜鉄道と三陸鉄道に寄付する。写真集を買った人の代金をできるだけ寄付にまわせるようにと、あえて出版社を使わず、自分で出すことにした。書店にも極力置かず、インターネットで販売する。価格は1冊2415円で、現在予約を受け付けている。1人で複数冊購入していく人も多いという。目標販売部数は5000部だ。

鉄道の復旧には莫大な費用が必要だ。「なんとか皆さんと一緒に、ひたちなか海浜鉄道と三陸鉄道を走らせたい」。全国の鉄道ファンらへの協力を求めている。

2011年5月28日(土)13時4分更新

鉄道コムの最新情報を無料でお知らせしますプッシュ通知を受け取りますか?

鉄道未来インデックス

  • 近鉄新型一般車「8A系」営業運転開始[2024年10月]
  • JR東海「アクロス」機能向上[2024年10月]
  • 福島交通キャッシュレス決済サービス導入[2024年9月~10月頃]
  • 名鉄金山駅ホームドア実証試験開始[2024年10月]

鉄道コムおすすめ情報

画像

N800形復刻デザイン

N800形1編成が、デビュー当時のマルーン色デザインに。7月24日から。

画像

山手線1周のイベント列車

8月17日に開催の「東京まるっと山手線」。E235系による貸切列車で、山手線を1周する企画。

画像

東北で「えきねっとQチケ」

JR東日本のQRチケットレスサービス「えきねっとQチケ」、10月1日から。まずは東北エリアで提供。

画像

ひたちなか海浜鉄道にキハ100

キハ205の置き換え用などで、JR東日本からキハ100形3両を購入。うち1両は観光列車仕様に。

画像

「モード」を使いこなそう

カメラの設定は意外と知らずに使っている人も? 上達に不可欠なモード設定について、カメラマンの助川さんが解説します。

画像

7月の鉄道イベント一覧

いよいよ夏本番、鉄道イベントも多数。7月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

画像

イベント投稿写真募集中!

鉄道コムでは、臨時列車や基地公開など、さまざまなイベントの投稿写真を募集中! 投稿写真一覧はこちら。