鉄道コムおかげさまで鉄道コムは25周年

JR東など、飲食つき「グランクラス」料金を2025年4月改定へ 東京~仙台間は1万1190円に

2024年6月21日(金)14時50分

JR東日本、JR西日本、JR北海道は21日、「グランクラス(飲料・軽食あり)」の料金を見直すと発表した。

「グランクラス」車内
「グランクラス」車内

「グランクラス」は、東北新幹線や北陸新幹線などにおける最上位の座席クラス。一部列車では、飲料・軽食サービスも提供している。料金の見直し対象は、飲料・軽食サービス提供列車に適用する「グランクラス(A)料金」。「はやぶさ」「かがやき」などが主な対象となる。

見直し後の料金(大人・小児同額、運賃・特急料金は含まず)は、各社内の相互発着区間内が100キロ以内8300円(現行6540円)、100キロ超200キロ以内9800円(現行8040円)など、JR東日本とJR西日本をまたがって乗車する場合が201キロ超400キロ以内9690円(現行8380円)など。区間別では、東京~仙台・長野間が1万1190円(現行9430円)、東京~新函館北斗間が2万400円(現行1万7780円)、東京~金沢間が1万7990円(現行1万5370円)などとなる。なお、「やまびこ」「とき」「あさま」など、飲料・軽食サービスの非提供列車に適用する「グランクラス(B)料金」は、現行料金から変更しない。

各社では、食品の原材料価格やアテンダントの賃金などを取り巻く経営環境の変化を受け、料金を見直すとしている。改定後の料金は、2025年4月1日発売分より適用する。

2024年6月21日(金)14時50分更新

鉄道コムの最新情報を無料でお知らせしますプッシュ通知を受け取りますか?

鉄道未来インデックス

  • 近鉄新型一般車「8A系」営業運転開始[2024年10月]
  • JR東海「アクロス」機能向上[2024年10月]
  • 福島交通キャッシュレス決済サービス導入[2024年9月~10月頃]
  • 名鉄金山駅ホームドア実証試験開始[2024年10月]

鉄道コムおすすめ情報

画像

京都鉄博で「はなあかり」展示

8月30日~9月3日、京都鉄道博物館にて「はなあかり」を展示。8月29日には有料の先行見学会も。

画像

南海7100系復刻塗装

南海7100系の1本が、緑色の復刻塗装に。8月21日に営業運転を開始予定。

画像

社名は「JR東海交通事業」に

城北線の運営事業などを担う東海交通事業、10月1日付での社名変更を発表。「JR」つきの社名に。

画像

最も歴史のある鉄道会社とは?

現存する鉄道会社の中で、最も歴史があるものとは? 実は考え方によって、複数の会社が当てはまります。

画像

「モード」を使いこなそう

カメラの設定は意外と知らずに使っている人も? 上達に不可欠なモード設定について、カメラマンの助川さんが解説します。

画像

7月の鉄道イベント一覧

いよいよ夏本番、鉄道イベントも多数。7月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

画像

イベント投稿写真募集中!

鉄道コムでは、臨時列車や基地公開など、さまざまなイベントの投稿写真を募集中! 投稿写真一覧はこちら。