鉄道コムおかげさまで鉄道コムは25周年

南海、「はじまりのめでたいでんしゃ」の詳細デザインを発表

2024年6月13日(木)19時21分

南海電気鉄道は13日、加太線(加太さかな線)に導入する新型観光列車「はじまりの『めでたいでんしゃ』」の詳細デザインを発表した。

はじまりの「めでたいでんしゃ」(外観イメージ)
はじまりの「めでたいでんしゃ」(外観イメージ)

「めでたいでんしゃ」は、2016年に運行を開始した観光列車。2024年6月現在は「めでたいでんしゃ さち」「めでたいでんしゃ かい」「めでたいでんしゃ なな」「めでたいでんしゃ かしら」の4本が存在し、各車に家族関係という設定を付与している。今回導入する車両は、現在の4本の「とお~い祖先」にあたる設定となる。

車両は2000系の2両編成。外観は、加太の鯛を想起させる「うろこ柄」を配したデザインで、「太古といまと未来を結ぶ、かけ橋」を虹色で表現する。車内のテーマは、和歌山市駅側の車両を「太古の記憶」とし、和歌山県内で発見された新種のは虫類「ワカヤマソウリュウ」などをデザイン。加太駅側の車両は「未来への想いとSDGs」をテーマとし、加太の廃材や段ボールを使用したアート作品などを配置する。

和歌山市駅側の車内イメージ
和歌山市駅側の車内イメージ
加太駅川の車内イメージ
加太駅川の車内イメージ

「はじまりの『めでたいでんしゃ』」は、7月13日に営業運転を開始。和歌山市~加太間で運転する。南海は、同車の正式名称について、運転開始時のセレモニーにて発表するとしている。

2024年6月13日(木)19時21分更新

鉄道コムの最新情報を無料でお知らせしますプッシュ通知を受け取りますか?

鉄道未来インデックス

  • 近鉄新型一般車「8A系」営業運転開始[2024年10月]
  • JR東海「アクロス」機能向上[2024年10月]
  • 福島交通キャッシュレス決済サービス導入[2024年9月~10月頃]
  • 名鉄金山駅ホームドア実証試験開始[2024年10月]

鉄道コムおすすめ情報

画像

京都鉄博で「はなあかり」展示

8月30日~9月3日、京都鉄道博物館にて「はなあかり」を展示。8月29日には有料の先行見学会も。

画像

南海7100系復刻塗装

南海7100系の1本が、緑色の復刻塗装に。8月21日に営業運転を開始予定。

画像

社名は「JR東海交通事業」に

城北線の運営事業などを担う東海交通事業、10月1日付での社名変更を発表。「JR」つきの社名に。

画像

最も歴史のある鉄道会社とは?

現存する鉄道会社の中で、最も歴史があるものとは? 実は考え方によって、複数の会社が当てはまります。

画像

「モード」を使いこなそう

カメラの設定は意外と知らずに使っている人も? 上達に不可欠なモード設定について、カメラマンの助川さんが解説します。

画像

7月の鉄道イベント一覧

いよいよ夏本番、鉄道イベントも多数。7月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

画像

イベント投稿写真募集中!

鉄道コムでは、臨時列車や基地公開など、さまざまなイベントの投稿写真を募集中! 投稿写真一覧はこちら。