鉄道コムおかげさまで鉄道コムは25周年

松浦鉄道、10月1日に運賃改定 有田~伊万里間は550円に

2024年6月5日(水)17時38分

松浦鉄道は、国土交通省九州運輸局に対し、鉄道事業の旅客運賃上限変更に関する認可申請を、5月29日付で提出した。

松浦鉄道の車両
松浦鉄道の車両

同社が国に申請した「上限運賃」は、有田~伊万里間を例とすると、大人普通旅客運賃が550円(現行460円)、大人通勤定期運賃(1か月)が2万460円(現行1万7270円)、同通学定期運賃(1か月)が1万4190円(現行1万1980円)。1日乗車券の価格は変更しない。なお、実際に適用する「実施運賃」については、申請の認可後、あらためて届け出る。有田~伊万里間は上限運賃と同額で実施運賃を設定するが、佐世保~佐々間などの一部区間では、上限運賃より割安な特定運賃を、実施運賃として設定する。特定運賃区間における大人普通運賃の設定予定額は、佐世保~泉福寺間が270円(現行230円)、佐世保~大学間が460円(現行390円)、佐世保~佐々間が650円(550円)など。

主要区間の改定後の運賃
主要区間の改定後の運賃

松浦鉄道は、運賃改定の背景に、沿線地域の人口減少、新型コロナウイルス感染症の流行による乗降人員数減少のほか、燃料軽油価格や人件費の高騰、資材仕入価格の上昇といった要因があると説明。今後も沿線地域の公共交通として、安全・安心のサービスを持続的に提供すべく、収支の改善を目的とした運賃改定を決めたとしている。なお、同社の運賃改定は、2016年4月以来のことであるという。

運賃の改定は、2024年10月1日を予定している。

2024年6月5日(水)17時38分更新

鉄道コムの最新情報を無料でお知らせしますプッシュ通知を受け取りますか?

鉄道未来インデックス

  • 近鉄新型一般車「8A系」営業運転開始[2024年10月]
  • JR東海「アクロス」機能向上[2024年10月]
  • 福島交通キャッシュレス決済サービス導入[2024年9月~10月頃]
  • 名鉄金山駅ホームドア実証試験開始[2024年10月]

鉄道コムおすすめ情報

画像

N800形復刻デザイン

N800形1編成が、デビュー当時のマルーン色デザインに。7月24日から。

画像

山手線1周のイベント列車

8月17日に開催の「東京まるっと山手線」。E235系による貸切列車で、山手線を1周する企画。

画像

東北で「えきねっとQチケ」

JR東日本のQRチケットレスサービス「えきねっとQチケ」、10月1日から。まずは東北エリアで提供。

画像

ひたちなか海浜鉄道にキハ100

キハ205の置き換え用などで、JR東日本からキハ100形3両を購入。うち1両は観光列車仕様に。

画像

「モード」を使いこなそう

カメラの設定は意外と知らずに使っている人も? 上達に不可欠なモード設定について、カメラマンの助川さんが解説します。

画像

7月の鉄道イベント一覧

いよいよ夏本番、鉄道イベントも多数。7月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

画像

イベント投稿写真募集中!

鉄道コムでは、臨時列車や基地公開など、さまざまなイベントの投稿写真を募集中! 投稿写真一覧はこちら。