鉄道コムおかげさまで鉄道コムは25周年

1編成に「2室のみ」、東海道新幹線に個室導入へ 2026年度中に提供開始予定

2024年4月17日(水)15時44分

JR東海は17日、東海道新幹線に個室を導入すると発表した。

東海道新幹線に導入する個室のイメージ
東海道新幹線に導入する個室のイメージ

この個室は、オンラインなどの打ち合わせを気兼ねなく進めたいビジネス利用者や、プライバシーを重視する利用者など、さまざまな利用層・シーンを想定したもの。グリーン車よりもさらに上質な設備・サービスを備えた座席として導入する。高いプライベート感やセキュリティ環境を備えた完全個室タイプで、個室専用のWi-Fi、レッグレストつきのリクライニングシート、個別調整可能な照明、空調、放送などの設備・機能を整備するとしている。導入車両は、東海道新幹線のN700Sの一部。1編成につき2室を導入するとしている。

同社では、生活様式や働き方の変化により多様化するニーズに応えるため、新幹線の新たな座席のあり方を追求。ビジネス環境を一層高めた座席や、移動時間をより快適に過ごせるグリーン車の上級クラス座席などを検討してきた結果、今回の個室の導入に至ったとしている。同社は、新幹線の新たな座席のあり方について、引き続き検討を進めるという。

東海道新幹線の個室導入は、2026年度中を予定する。同社では、設備仕様やサービス内容、運転区間、価格などの詳細については、今後順次発表するとしている。

新幹線用の個室は、1985年にデビューした東海道・山陽新幹線の100系が初の導入事例。東北新幹線で活躍した200系の2階建て車両にも、個室が設置されていた。2024年現在は、主に山陽新幹線の「こだま」で使用されるJR西日本700系の「コンパートメント」が、唯一の存在となっている。

2024年現在は新幹線で唯一の、JR西日本700系の個室(コンパートメント)
2024年現在は新幹線で唯一の、JR西日本700系の個室(コンパートメント)
2024年4月17日(水)16時1分更新

鉄道コムの最新情報を無料でお知らせしますプッシュ通知を受け取りますか?

鉄道未来インデックス

  • 近鉄新型一般車「8A系」営業運転開始[2024年10月]
  • JR東海「アクロス」機能向上[2024年10月]
  • 福島交通キャッシュレス決済サービス導入[2024年9月~10月頃]
  • 名鉄金山駅ホームドア実証試験開始[2024年10月]

鉄道コムおすすめ情報

画像

社名は「JR東海交通事業」に

城北線の運営事業などを担う東海交通事業、10月1日付での社名変更を発表。「JR」つきの社名に。

画像

最も歴史のある鉄道会社とは?

現存する鉄道会社の中で、最も歴史があるものとは? 実は考え方によって、複数の会社が当てはまります。

画像

「RF24-105mm」の実力は

キヤノンのレンズ「RF24-105mm F2.8 L IS USM Z」。レンズ開発の裏側を聞きました。

画像

N800形復刻デザイン

N800形1編成が、デビュー当時のマルーン色デザインに。7月24日から。

画像

「モード」を使いこなそう

カメラの設定は意外と知らずに使っている人も? 上達に不可欠なモード設定について、カメラマンの助川さんが解説します。

画像

7月の鉄道イベント一覧

いよいよ夏本番、鉄道イベントも多数。7月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

画像

イベント投稿写真募集中!

鉄道コムでは、臨時列車や基地公開など、さまざまなイベントの投稿写真を募集中! 投稿写真一覧はこちら。