鉄道コムおかげさまで鉄道コムは25周年

北陸新幹線の線路横に「トレインパーク白山」開館 新幹線シミュレーターも設置

2024年2月22日(木)17時58分

岸グリーンサービス、ライフ・マネジメント、JR西日本は22日、「白山市立高速鉄道ビジターセンター」の施設概要を発表した。

北陸新幹線
北陸新幹線

白山市立高速鉄道ビジターセンターは、北陸新幹線の沿線に設立する観光施設。愛称は「トレインパーク白山」。周辺自治体の観光PRのほか、北陸新幹線の新幹線技術や車両基地の紹介の場とする。

入場無料の「観光情報 おみやげエリア」(イメージ)
入場無料の「観光情報 おみやげエリア」(イメージ)

施設内には、周辺地域の観光PRコーナー、新幹線が見学できる屋上展望エリアのほか、有料の新幹線関連展示ゾーンなどを設置する。有料エリアは、「新幹線 学びと体感エリア」「こども あそびエリア」の2種類。前者では、パンタグラフや台車の実物などを展示するほか、運転士訓練用と同等のシミュレーターが体験できる。また、両有料エリアの入館者向けエリアとして、「新幹線 見学エリア」を設置。白山総合車両所内の点検・設備の様子を、工場の音とともに体感できるという。

入場無料の「屋上 展望エリア」(イメージ)
入場無料の「屋上 展望エリア」(イメージ)
有料エリア「新幹線 学びと体感エリア」(イメージ)
有料エリア「新幹線 学びと体感エリア」(イメージ)
有料エリア「こども あそびエリア」(イメージ)
有料エリア「こども あそびエリア」(イメージ)

トレインパークのグランドオープンは、3月13日。毎週水曜日(祝日の場合は翌日)と年末年始を除き、毎日開館する。有料エリアの入館料は、高校生以上500円、中学生以下無料。入館料は各エリアの入場ごとに必要となる。シミュレーターは、大型タイプが300円、小型タイプが100円で利用可能。いずれのチケットも、ウェブチケットストア「Webket」で取り扱うほか、空きがある場合には当日も現地で販売する。

2024年2月22日(木)17時58分更新

鉄道未来インデックス

  • 阪急2000系・2300系導入[2024年夏]
  • 駒沢大学駅リニューアル工事竣工[2024年夏]
  • 津山駅リニューアル工事完了[2024年夏ごろ]
  • 京成 関東鉄道100パーセント子会社化[2024年9月1日(日)]
  • 大阪駅西側新改札口全面開業[2024年夏]
  • 広島電鉄 新乗車券システム「MOBIRY DAYS」本格導入[2024年9月]

鉄道コムおすすめ情報

画像

「プライベース」7/21開始

阪急の座席指定サービス「PRiVACE」、7/21にサービス提供を開始。試乗会の開催も。

画像

京成「3200形」2025年冬登場

京成電鉄の新型車両「3200形」。フレキシブルに変更できる車両で、24年度は6両を導入。

画像

夏臨の185系わずか2列車のみ

2024年夏の臨時列車では、185系の充当列車は「谷川岳もぐら」「谷川岳ループ」のみ。今後どうなるのでしょうか。

画像

京王に新型「2000系」導入へ

「ラウンド型」のデザインを持つ新型車両。2026年初めに営業運転を開始。

画像

あえて「車両が無い」鉄道写真

鉄道写真は、車両が写っている写真だけではありません。列車以外の鉄道写真の撮り方を、カメラマンの助川さんが解説します。

画像

5月の鉄道イベント一覧

新緑がまぶしい季節となりました。5月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

画像

相鉄10000系リバイバル車投稿写真募集中!

相鉄10000系のリバイバルラッピング車両。みなさまが撮影した写真を大募集!投稿はこちらから。