鉄道コムおかげさまで鉄道コムは25周年

JR東など、地震発生時の新幹線緊急停止システムを改良 平均で2.6秒の短縮を実現

2023年12月5日(火)15時6分

JR東日本、鉄道総合技術研究所(鉄道総研)は5日、「新幹線早期地震検知システム」を改良し、2024年に新システムを導入すると発表した。

JR東日本の新幹線
JR東日本の新幹線

このシステムは、地震発生時、新幹線を緊急停止させることで、安全性を確保するためのもの。気象庁の緊急地震速報と同様の構成で、新幹線沿線などの地震計で初期微動(P波)を観測した際、震央の距離や方位、地震規模(マグニチュード)を推定。対象範囲内を走る新幹線への送電を停止することで、主要動(S波)到達前に緊急停止させることができる。

P波検知の仕組み
P波検知の仕組み

JR東日本などでは、新幹線開業以来、地震計の増設のほか、緊急地震速報や、防災科学技術研究所が設置した海底地震計など、社外地震情報も活用することで、システムの改良を進めてきた。鉄道総研は今回、P波によるマグニチュード推定方法を見直し、より小さな振幅で推定できるよう改良。P波検知から送電停止までの所要時間を、平均で2.6秒短縮し、平均1.3秒での制動開始が可能となった。

P波によるマグニチュード推定方法の見直し(イメージ)
P波によるマグニチュード推定方法の見直し(イメージ)
推定式改良による導入効果(イメージ)
推定式改良による導入効果(イメージ)

JR東日本では、135台の全ての新幹線震度計を改修し、新システムを導入する。改良型システムの使用開始は、2024年3月を予定する。

2023年12月5日(火)15時6分更新

鉄道コムお知らせ

画像

鉄道模型などプレゼント

鉄道コム25周年を記念したプレゼントキャンペーンが朝日新聞社で実施中。抽選で鉄道模型があたる

鉄道未来インデックス

  • 西武多摩川線CBTC走行試験開始[2024年度初頭]
  • 阪急京都線座席指定サービス「PRiVACE」導入[2024年7月]
  • 阪急2000系・2300系導入[2024年夏]
  • 駒沢大学駅リニューアル工事竣工[2024年夏]
  • 相鉄ゆめが丘駅リニューアル工事完成[2024年夏ごろ]
  • 津山駅リニューアル工事完了[2024年夏ごろ]
  • 大阪駅西側新改札口全面開業[2024年夏]

鉄道コムおすすめ情報

画像

2024年春改正、何が変わる?

北陸新幹線延伸に、E8系デビューなど。春のダイヤ改正の動きを項目別にご紹介。

画像

東急に「新幹線ラッピング」

東急とJR東海がコラボ。東急3020系1編成を対象に、新幹線デザインでラッピング。

画像

いすみ「急行」定期運転終了

いすみ鉄道が3月16日にダイヤ改正。「急行」は運転取りやめ、キハ52形は臨時運転専用に。

画像

新幹線をアグレッシブに撮る!!

速いスピードで駆け抜ける新幹線。撮影のコツを、鉄道カメラマンの助川さんが解説します。

画像

3月の鉄道イベント一覧

ダイヤ改正の3月到来。鉄道旅行や撮影の計画は、鉄道コムのイベント情報で。