鉄道コムおかげさまで鉄道コムは25周年

阪急、新型2000系・2300系を導入 京都線では阪急初の座席指定サービスも

2023年10月6日(金)17時15分

阪急電鉄は6日、神戸線・宝塚線に新型通勤車両の2000系、京都線に新型特急車両の2300系を導入すると発表した。

2300系の外観(イメージ)
2300系の外観(イメージ)

開発コンセプトは、「安心と快適、そして環境に配慮した新しい阪急スタイル」。マルーンカラーの車体、木目調の化粧板、ゴールデンオリーブ色の座席といった阪急の伝統を継承する一方で、前面の窓ガラスに曲線を取り入れるなど、「疾走感」を醸し出したデザインとする。

車内は、2000系はロングシート、2300系はセミクロスシートとする。ロングシート端部の袖仕切りは半透明の素材に変更し、開放的な空間を提供する。ロングシートの座席中間部には握り棒を増設し、乗客が座席から立ち上がる際のサポートや、立っている乗客の安全性の向上を図る。さらに、犯罪・迷惑行為の抑止、事故発生時の状況確認を目的に、車内に防犯カメラを設置する。空調装置には、省エネルギー性能・静音性に優れたインバータ式ものを採用し、同社では初めてとなる空気清浄機を設置する。

2000系の車内(イメージ)
2000系の車内(イメージ)
2300系の車内(イメージ)
2300系の車内(イメージ)

バリアフリー設備としては、先頭車両の車いすスペースを拡大し、ベビーカーやスーツケースなど大型の荷物を持つ利用者が使いやすいように配慮する。また、壁面の手すりを2段にするとともに、車いす固定具を設置。非常通話装置の位置も、従来の連結部ドア横から乗降ドア横に変更する。このほか、吊り手の高さを下げるとともに、吊革の色を色覚の多様性にも配慮したものに変更。これにより、車いすスペース・優先座席の場所の視認性を向上させる。

バリアフリー設備を充実させた2000系、2300系の優先座席周辺(イメージ)
バリアフリー設備を充実させた2000系、2300系の優先座席周辺(イメージ)

VVVFインバータ制御装置には、エネルギー効率の高い半導体素子を採用し、省エネルギー性能を向上。既存車両と比較して消費電力量を約60%削減できるとしている。また、消費電力量のさらなる低減を目的に、車外側面の行先表示器のLEDは、走行中は消灯する仕様とする。

なお、2300系では、大阪方4両目に阪急初となる座席指定サービスを導入する。阪急電鉄は、その詳細について、後日発表するとしている。

2000系、2300系の導入は、2024年夏を予定している。

2023年10月6日(金)17時15分更新

鉄道コムお知らせ

画像

鉄道模型などプレゼント

鉄道コム25周年を記念したプレゼントキャンペーンが朝日新聞社で実施中。抽選で鉄道模型があたる

鉄道未来インデックス

  • 西武多摩川線CBTC走行試験開始[2024年度初頭]
  • 阪急京都線座席指定サービス「PRiVACE」導入[2024年7月]
  • 阪急2000系・2300系導入[2024年夏]
  • 駒沢大学駅リニューアル工事竣工[2024年夏]
  • 相鉄ゆめが丘駅リニューアル工事完成[2024年夏ごろ]
  • 津山駅リニューアル工事完了[2024年夏ごろ]
  • 大阪駅西側新改札口全面開業[2024年夏]

鉄道コムおすすめ情報

画像

東急に「新幹線ラッピング」

東急とJR東海がコラボ。東急3020系1編成を対象に、新幹線デザインでラッピング。

画像

255系引退撤回?

定期運転を終了するはずだった255系。しかし改正後にも定期列車の運用に就くよう。一体なぜ?

画像

いすみ「急行」定期運転終了

いすみ鉄道が3月16日にダイヤ改正。「急行」は運転取りやめ、キハ52形は臨時運転専用に。

画像

新幹線をアグレッシブに撮る!!

速いスピードで駆け抜ける新幹線。撮影のコツを、鉄道カメラマンの助川さんが解説します。

画像

3月の鉄道イベント一覧

ダイヤ改正の3月到来。鉄道旅行や撮影の計画は、鉄道コムのイベント情報で。