鉄道コムおかげさまで鉄道コムは25周年

IRいしかわ鉄道、経営移管後の予定運賃を発表 金沢~小松間は580円に

2023年10月2日(月)16時48分

IRいしかわ鉄道は2日、北陸信越運輸局に対し、19キロ~65キロ区間の「上限運賃」を申請したと発表した。

IRいしかわ鉄道の車両
IRいしかわ鉄道の車両

今回の申請は、2024年3月16日の北陸新幹線金沢~敦賀間開業にともなう、北陸本線の経営分離に向けたもの。新幹線開業後にIRいしかわ鉄道の路線となる金沢~大聖寺間を含めると、同社の営業区間が現在の倶利伽羅~金沢間17.8キロから、倶利伽羅~大聖寺間64.2キロへ拡大することから、新規上限運賃を設定するために申請に至ったとしている。

申請した19キロ~65キロ区間の上限運賃は、普通旅客運賃および大人通勤定期旅客運賃が、JR西日本が定めた現行運賃の1.19倍の額。通学定期は、現行の1.05倍とする。

上限運賃は、国に申請し認可を得る運賃のこと。上限運賃以下であれば、鉄道事業者が実際に適用する運賃「実施運賃」は、国への届け出のみで自由に設定できる。

同社では、経営移管後の激変緩和措置として、上限運賃より割安の実施運賃を設定。普通旅客運賃および通勤定期旅客運賃は現行の1.14倍とし、通学定期券は従来どおりの料金とする。大人普通旅客運賃の実施運賃は、金沢~松任間が230円(現行200円)、金沢~小松間が580円(現行510円)、金沢~大聖寺間が980円(現行860円)などとなる。また、1キロ~18キロ区間においても、激変緩和措置を講じた現行の実施運賃を継続する。

実施運賃(大人普通旅客運賃)
実施運賃(大人普通旅客運賃)
実施運賃(大人通勤定期旅客運賃)
実施運賃(大人通勤定期旅客運賃)
実施運賃(高校生用通学定期旅客運賃)
実施運賃(高校生用通学定期旅客運賃)

同社ではこのほか、同社線と他社線にまたがって利用する場合の乗継割引について、これまで通り実施する予定だと発表している。

2023年10月2日(月)16時48分更新

鉄道コムお知らせ

画像

鉄道模型などプレゼント

鉄道コム25周年を記念したプレゼントキャンペーンが朝日新聞社で実施中。抽選で鉄道模型があたる

鉄道未来インデックス

  • 阪神梅田駅改良工事竣工[2024年春ごろ]
  • 名鉄名古屋駅などカードタッチ決済乗車・QRコード乗車券実証実験開始[2024年春]
  • ひたちなか海浜鉄道湊線延伸開業[2024年春]
  • 磐越東線小川郷駅新駅舎供用開始[2024年春ごろ]
  • 富士山麓電気鉄道三つ峠駅駅舎リニューアル工事完了[2024年5月]
  • 羽前山辺駅新駅舎供用開始[2024年春ごろ]

鉄道コムおすすめ情報

画像

255系引退撤回?

定期運転を終了するはずだった255系。しかし改正後にも定期列車の運用に就くよう。一体なぜ?

画像

東急に「新幹線ラッピング」

東急とJR東海がコラボ。東急3020系1編成を対象に、新幹線デザインでラッピング。

画像

いすみ「急行」定期運転終了

いすみ鉄道が3月16日にダイヤ改正。「急行」は運転取りやめ、キハ52形は臨時運転専用に。

画像

新幹線をアグレッシブに撮る!!

速いスピードで駆け抜ける新幹線。撮影のコツを、鉄道カメラマンの助川さんが解説します。

画像

2月の鉄道イベント一覧

臨時列車運転情報ぞくぞく掲載。鉄道旅行や撮影の計画は、鉄道コムのイベント情報で。