鉄道コムおかげさまで鉄道コムは25周年

JR東海、特急「しなの」に新型車両「385系」導入へ 量産車は2029年度ごろに登場

2023年7月20日(木)16時1分

JR東海は20日、新型特急車両「385系」量産先行車を新製すると発表した。

新型特急車両「385系」(イメージ)
新型特急車両「385系」(イメージ)

385系は、特急「しなの」で現在使用している383系の置き換えを見据えて開発する車両。当初は量産先行車を製造し、走行試験を実施。後に量産車を導入し、383系を置き換える。

現在の「しなの」で使われる383系
現在の「しなの」で使われる383系

385系の外観は、「アルプスを翔ける爽風」をテーマに、アルプスのやまなみを颯爽と駆け抜ける様子を表現する。また、両先頭車では前面展望に配慮。中央本線の風景を味わう旅を演出するとしている。

システム面では、現在の383系と同様に「振子制御技術」を採用。カーブ通過時に車体を傾けることで遠心力を緩和し、一般車両よりも高い速度でカーブを走行できる。

振子制御技術の概要
振子制御技術の概要

また385系では、新たに次世代の振子制御技術を導入。車上のジャイロセンサーにより車両とカーブの位置関係を常時監視し、カーブ開始位置を正確に検知することで、振子傾斜の開始位置を最適なものとする。これにより、地上子を基準として傾斜を制御する383系よりも乗り心地の向上を図る。383系による同システムの走行試験では、現行のシステムよりも乗り心地の評価指標が約15パーセント改善。車両の揺れが改善され、カーブ通過時の乗り心地がより向上したという。

次世代振子制御技術の概要
次世代振子制御技術の概要

このほか、車両のドア位置や車体長さを、中央本線の一般車両である315系と統一。特急車両に対応したホーム可動柵を用意せず、開口幅の狭いホーム可動柵が採用できるようになることで、低コストでホーム上の安全性向上が実現できるという。また、HC85系と同様の車両機器監視システム「DIANA」のほか、車内防犯カメラなどの安全設備を導入し、安全性の向上を図る。

385系量産先行車の落成時期は、2026年度。8両編成1本を導入し、走行試験を約1年間実施する。量産車の投入時期は、2029年度ごろを予定する。

2023年7月20日(木)16時1分更新

鉄道コムお知らせ

画像

行きたいエリアに一票を

「青春18きっぷ」で行ってみたいエリアに投票してください。「旅と鉄道」共同企画

鉄道未来インデックス

  • 阪急京都線座席指定サービス「PRiVACE」導入[2024年7月]
  • 阪急2000系・2300系導入[2024年夏]
  • 駒沢大学駅リニューアル工事竣工[2024年夏]
  • 相鉄ゆめが丘駅リニューアル工事完成[2024年夏ごろ]
  • 津山駅リニューアル工事完了[2024年夏ごろ]
  • 大阪駅西側新改札口全面開業[2024年夏]
  • 広島電鉄 新乗車券システム「MOBIRY DAYS」本格導入[2024年9月]

鉄道コムおすすめ情報

画像

「パレオ」が旧客けん引

「パレオエクスプレス」の客車がJR東日本の旧型客車に。4月13日~21日の土日限定。

画像

サロンカーなにわで網干総へ

網干総合車両所の見学ツアー。「サロンカーなにわ」か225系「Aシート」編成に乗車。

画像

京成宗吾車両基地拡充へ

宗吾車両基地の拡充工事起工式が11日に開催。工事概要などをご紹介します。

画像

サロンカーなにわで網干総へ

網干総合車両所の見学ツアー。「サロンカーなにわ」か225系「Aシート」編成に乗車。

画像

ニコン「Z f」で鉄道写真

ヘリテージデザインのカメラ、ニコン「Z f」。見た目ばかりが話題になる同製品ですが、鉄道撮影では使えるのでしょうか。

画像

4月の鉄道イベント一覧

いよいよ新年度。本年度も鉄道コムをよろしくお願いします。鉄道旅行や撮影の計画は、イベント情報から。