鉄道コムおかげさまで鉄道コムは25周年

JR四国、8000系をリニューアルへ グリーン車・指定席は全席コンセント付きに

2023年5月22日(月)14時33分

JR四国は22日、8000系をリニューアルすると発表した。

8000系リニューアル車両(1・8号車イメージ)
8000系リニューアル車両(1・8号車イメージ)

8000系は、1992年にデビューした特急型車両。特急「しおかぜ」「いしづち」などで活躍している。8000系は2004年以降にリニューアルを実施しており、今回が2回目の更新となる。

外観は、車両コンセプト「瀬戸の疾風」を進化させたもので、より特急らしいスピード感やスマートさを感じさせるデザイン。カラーリングには、ともに「しおかぜ」などで活躍する8600系と同様に、オレンジやグリーンを採用。岡山・高松から松山へ向かう特急列車を明確化するとしている。

8000系リニューアル車両(5・6号車イメージ)
8000系リニューアル車両(5・6号車イメージ)
側面イメージ
側面イメージ

車内では、グリーン席と指定席の各座席、自由席の壁側に、コンセントを設置。グリーン席は電動リクライニングやフットレスト、読書灯を備えた座席とする。座席モケットは、グリーン席が「四国の芳醇なめぐみ」、指定席と自由席が「光きらめく『柑橘』と『瀬戸内の海』」がモチーフとなる。また、照明をLED間接照明にリニューアルするほか、5号車には車椅子フリースペースを設置。和式トイレは全て洋式に変更する。

グリーン車イメージ
グリーン車イメージ
指定席車イメージ
指定席車イメージ
自由席(4・5号車)イメージ
自由席(4・5号車)イメージ
自由席(6・7号車)イメージ
自由席(6・7号車)イメージ

8000系のリニューアル工事は、定期検査にあわせて実施。1年に2~3編成の工事を計画する。2023年12月にS編成(3両編成)、2024年8月にL編成(5両編成)が1編成ずつ運行を開始する予定で、2027年度に全編成のリニューアルが完了する。

2023年5月22日(月)14時33分更新

鉄道コムお知らせ

画像

有料会員権1年分があたる

鉄道コム25周年を記念したプレゼントキャンペーンが朝日新聞社で実施中。抽選で有料会員権1年分も

鉄道未来インデックス

  • 阪神梅田駅改良工事竣工[2024年春ごろ]
  • 名鉄名古屋駅などカードタッチ決済乗車・QRコード乗車券実証実験開始[2024年春]
  • ひたちなか海浜鉄道湊線延伸開業[2024年春]
  • 磐越東線小川郷駅新駅舎供用開始[2024年春ごろ]
  • 富士山麓電気鉄道三つ峠駅駅舎リニューアル工事完了[2024年5月]
  • 羽前山辺駅新駅舎供用開始[2024年春ごろ]

鉄道コムおすすめ情報

画像

いすみ「急行」定期運転終了

いすみ鉄道が3月16日にダイヤ改正。「急行」は運転取りやめ、キハ52形は臨時運転専用に。

画像

「かんぱちいちろく」デザイン

JR九州の新D&S列車「かんぱち・いちろく」デザインなどが発表に。車内には畳個室も。

画像

N700系4本が「8両化」

JR西日本のN700系16両編成4本が8両編成に短縮化改造へ。500系4本を2026年度までに置き換え。

画像

JR四国の新型ハイブリッド車

JR四国が、導入する新型ハイブリッド式車両の詳細を発表。量産先行車は2025年12月に落成。

画像

新幹線をアグレッシブに撮る!!

速いスピードで駆け抜ける新幹線。撮影のコツを、鉄道カメラマンの助川さんが解説します。

画像

2月の鉄道イベント一覧

臨時列車運転情報ぞくぞく掲載。鉄道旅行や撮影の計画は、鉄道コムのイベント情報で。