鉄道コム

東京メトロ、丸ノ内線の一部でCBTCシステムの走行試験を開始

2022年12月1日(木)15時53分

東京メトロは1日、無線式列車制御システム(CBTCシステム)の走行試験を、丸ノ内線の一部区間で開始したと発表した。

丸ノ内線の車両
丸ノ内線の車両

CBTCは、無線通信を使用する信号保安システム。各列車が無線で送信した列車位置をもとに、それぞれの列車が先行列車へ衝突しない停止限界点までの距離を計算し、運転を制御することで、列車間隔を保つ。

CBTCシステム導入後のイメージ
CBTCシステム導入後のイメージ

現在丸ノ内線で使用している保安装置「ATC」では、列車間隔を保つために位置を固定した「閉そく」を設定。先行列車が在線する閉そくの区間に後続列車が進入しないよう信号を制御することで、安全を確保している。これをCBTCに置き換えることで、従来の固定されていた閉そくの概念にとらわれることなく、効率的な運行が実現できる。加えて、途中駅で片方の線路に輸送障害が発生した際、支障のないもう片方の線路を活用することで、不通区間を排除することも可能となるという。

ATCとCBTCのシステム概要
ATCとCBTCのシステム概要
ATCとCBTCの列車間隔確保の違い
ATCとCBTCの列車間隔確保の違い
輸送障害発生時のイメージ
輸送障害発生時のイメージ

東京メトロでは11月、丸ノ内線四ツ谷~荻窪間で、営業運転終了後の走行試験を開始。日本の地下鉄では初となるCBTCの導入に向け、準備を進める。同社は今後、2023年6月に乗務員のCBTCシステム操作訓練を、同年9月に丸ノ内線営業線全区間での走行試験を、それぞれ開始。2024年度中に丸ノ内線で、2026年度中に日比谷線で、それぞれCBTCシステムでの営業運転を開始するとしている。

2022年12月1日(木)18時26分更新

鉄道コムお知らせ

画像

カメラアワード2023投票

鉄道の撮影に適しているベストカメラを、鉄道コムご利用の皆さんの投票で決定します

鉄道未来インデックス

  • 737系営業運転開始[2023年5月20日(土)]
  • JR四国運賃改定[2023年5月20日(土)]
  • 青森・秋田・岩手エリアSuica導入[2023年5月27日(土)]
  • 福井鉄道越前武生駅駅名変更[2023年春ごろ]

鉄道コムおすすめ情報

画像

岡山エリア227系お披露目

岡山・備後エリアでは約20年ぶりの新型電車となる227系500番台が報道公開。将来対応の秘密も?

画像

ちょっと珍しい快速が廃止

3月18日の京都丹後鉄道のダイヤ改正で、全国的にも珍しい「快速」が廃止に。

画像

鉄道車両の「F」って何?

「〇〇F」「〇〇×10」「C#〇〇×8R」などなど、会社ごとに異なる編成の呼び方についてご紹介。

画像

かつて走った京急の面白列車

種別を2回も変更、駅と駅との間での通過待ちも! かつて走った「D特」とは。

画像

冬らしい鉄道写真の撮り方は?

雪が降る季節は、美しい写真が撮れる一方、コツも必要。カメラマンの助川康史さんが解説します。

画像

2月の鉄道イベント一覧

またまだ続く冬。2月の鉄道旅行や撮影の計画には、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。