鉄道コムおかげさまで鉄道コムは25周年

JR各社、最繁忙期料金とグリーン車のシーズン別料金を導入

2022年10月26日(水)14時33分

JR各社は26日、シーズン別の指定席特急料金の見直しと、グリーン車等へのシーズン別料金の適用を発表した。

JR東海の在来線特急「ひだ」
JR東海の在来線特急「ひだ」

2022年現在、JR東海、JR西日本(北陸新幹線を除く)、JR四国、JR九州の新幹線および在来線特急指定席では、料金を「通常期」のほか、通常期より200円増しの「繁忙期」、200円引きの「閑散期」の3段階で設定している。各社では今後、利用が特に多いゴールデンウイークやお盆、年末年始の期間中に、通常期の400円増しとなる「最繁忙期」を新たに設定。4段階の料金設定とする。

最繁忙期料金のイメージ
最繁忙期料金のイメージ

あわせて、各料金の設定日も変更。秋の週末などの利用が多い時期に繁忙期を設定する一方、通常期や閑散期の適用日を拡大し、最繁忙期や繁忙期の適用期間前後も対象とする。2023年度においては、最繁忙期を18日設定し、現行制度より繁忙期は13日、通常期は30日減少する一方、閑散期は25日増加する。設定日は、年度ごとの曜日配列やそれにともなう利用動向に応じ、毎年見直すとしている。

最繁忙期については、JR東日本、JR北海道の各社新幹線と、JR東日本の在来線特急、JR西日本の北陸新幹線で、2022年度に導入。今回、残るJR各社も追従する形となった。

シーズン別料金の見直し対象は、特急「踊り子」「ふじさん」を除くJR東海、JR西日本、JR四国、JR九州の各社在来線特急および新幹線。なお、西九州新幹線およびJR九州の在来線特急は、従来通り閑散期の適用はない。また、今回の変更にあわせて、特急「ふじさん」はシーズン別料金の適用を廃止する。

JRグループはあわせて、グリーン車および寝台車へシーズン別料金を適用すると発表した。普通車指定席の利用時と同様に、通常期より閑散期は200円引き、繁忙期は200円増し、最繁忙期は400円増しとなる。対象は、通年同額料金となっているJR北海道、一部のJR東日本の在来線特急を除く、JR各社の新幹線および特急列車。また、西九州新幹線およびJR九州の在来線特急では、閑散期の適用はない。

グリーン車料金のイメージ
グリーン車料金のイメージ

新たな料金は、2023年4月1日乗車分より適用する。

2022年10月26日(水)14時33分更新

鉄道コムお知らせ

画像

行きたいエリアに一票を

「青春18きっぷ」で行ってみたいエリアに投票してください。「旅と鉄道」共同企画

鉄道未来インデックス

  • 阪急京都線座席指定サービス「PRiVACE」導入[2024年7月]
  • 阪急2000系・2300系導入[2024年夏]
  • 駒沢大学駅リニューアル工事竣工[2024年夏]
  • 相鉄ゆめが丘駅リニューアル工事完成[2024年夏ごろ]
  • 津山駅リニューアル工事完了[2024年夏ごろ]
  • 大阪駅西側新改札口全面開業[2024年夏]
  • 広島電鉄 新乗車券システム「MOBIRY DAYS」本格導入[2024年9月]

鉄道コムおすすめ情報

画像

東海道新幹線に「個室」

東海道新幹線にグリーン車以上の「個室」設置へ。1編成2室設置、2026年度中に提供開始予定。

画像

スタートレイン計画

JR北海道が「赤い星」「青い星」導入計画「スタートレイン計画」を発表。2026年春デビュー。

画像

東武の新型「80000系」

野田線用の新型車両。2025年春より5両編成25本を導入。一部中間車は60000系から転用。

画像

あえて「車両が無い」鉄道写真

鉄道写真は、車両が写っている写真だけではありません。列車以外の鉄道写真の撮り方を、カメラマンの助川さんが解説します。

画像

ニコン「Z f」で鉄道写真

ヘリテージデザインのカメラ、ニコン「Z f」。見た目ばかりが話題になる同製品ですが、鉄道撮影では使えるのでしょうか。

画像

4月の鉄道イベント一覧

いよいよ新年度。本年度も鉄道コムをよろしくお願いします。鉄道旅行や撮影の計画は、イベント情報から。