鉄道コムおかげさまで鉄道コムは25周年

京都市、烏丸線ホームの列車案内表示器を更新へ

2022年10月25日(火)19時23分

京都市交通局は25日、地下鉄烏丸線ホームの列車案内表示器を順次更新すると発表した。

京都市交通局烏丸線の電車
京都市交通局烏丸線の電車

更新後の列車案内表示器は、先発列車の行先と列車の現在位置のほか、次発列車や発車時刻、駅のナンバリングの表示に対応。フルカラー液晶方式を採用し、言語は日本語、英語、中国語、韓国語の4か国語で表示する。なお、現行の列車案内表示器は、3色LED方式で、先発列車の行先と現在位置を、日本語と英語の2か国語で表示している。

現行の列車案内表示器と更新後の列車案内表示器(イメージ)
現行の列車案内表示器と更新後の列車案内表示器(イメージ)

今回の更新を機に、改札口付近にも列車案内表示器を新設する。聴覚に障害を持つ利用者などの意見を反映したもので、改札口付近でも文字による情報を発信し、利便性の向上や災害時等における情報発信の強化を図るとしている。ただし、近鉄線との共同使用駅である竹田駅は、設置の対象外とする。

改札口付近に新設する列車案内表示器(イメージ)
改札口付近に新設する列車案内表示器(イメージ)

また、更新にともない、一部の駅では視認性を考慮しながら列車案内表示器の配置を見直す。北山駅では現状の6台から2台減らした4台体制とする一方、四条駅では北階段下に1台増設し、現状の4台体制から5台体制に変更する。

今回の更新の背景には、現行の列車案内表示器の老朽化などの事情があるという。補充部品の調達が困難であるなど、維持管理が難しくなってきていることから、更新を決定したとしている。

更新後の案内表示器は、2022年11月に九条駅での供用開始を予定する。以降、2024年3月までに烏丸線各駅での供用を順次開始するとしている。

2022年10月25日(火)19時23分更新

鉄道コムお知らせ

画像

有料会員権1年分があたる

鉄道コム25周年を記念したプレゼントキャンペーンが朝日新聞社で実施中。抽選で有料会員権1年分も

鉄道未来インデックス

  • 阪神梅田駅改良工事竣工[2024年春ごろ]
  • 名鉄名古屋駅などカードタッチ決済乗車・QRコード乗車券実証実験開始[2024年春]
  • ひたちなか海浜鉄道湊線延伸開業[2024年春]
  • 磐越東線小川郷駅新駅舎供用開始[2024年春ごろ]
  • 富士山麓電気鉄道三つ峠駅駅舎リニューアル工事完了[2024年5月]
  • 羽前山辺駅新駅舎供用開始[2024年春ごろ]

鉄道コムおすすめ情報

画像

いすみ「急行」定期運転終了

いすみ鉄道が3月16日にダイヤ改正。「急行」は運転取りやめ、キハ52形は臨時運転専用に。

画像

「かんぱちいちろく」デザイン

JR九州の新D&S列車「かんぱち・いちろく」デザインなどが発表に。車内には畳個室も。

画像

N700系4本が「8両化」

JR西日本のN700系16両編成4本が8両編成に短縮化改造へ。500系4本を2026年度までに置き換え。

画像

JR四国の新型ハイブリッド車

JR四国が、導入する新型ハイブリッド式車両の詳細を発表。量産先行車は2025年12月に落成。

画像

新幹線をアグレッシブに撮る!!

速いスピードで駆け抜ける新幹線。撮影のコツを、鉄道カメラマンの助川さんが解説します。

画像

2月の鉄道イベント一覧

臨時列車運転情報ぞくぞく掲載。鉄道旅行や撮影の計画は、鉄道コムのイベント情報で。