鉄道コムおかげさまで鉄道コムは25周年

京急、11月に23年ぶりの大幅ダイヤ改正を実施へ

2022年10月24日(月)15時45分

京浜急行電鉄は24日、11月26日にダイヤ改正を実施すると発表した。23年ぶりの大幅ダイヤ改正としている。

京浜急行電鉄の車両
京浜急行電鉄の車両

今回の改正では、日中の運行パターンを変更。これまで泉岳寺駅発着と都営浅草線直通の「快特」を交互に10分間隔で運転してきたが、改正以降は浅草線直通列車を「特急」に変更。快特と特急を10分間隔で交互に運転し、平和島駅や神奈川新町駅など、特急停車駅での乗車機会を拡大する。また、浅草線方面~空港線の快特も一部を特急に変更し、空港線内でも都心方面直通列車への乗車機会を拡大する。なお、空港線の「エアポート快特」は、従来通りの40分間隔運転を維持する。

ダイヤ改正後の運転パターン
ダイヤ改正後の運転パターン

快特・特急のダイヤ変更にあわせて、普通列車のダイヤも変更。途中待ち合わせ駅での接続を改善し、所要時間短縮や利便性向上を図る。また、羽田空港~逗子・葉山間の「エアポート急行」は、運転間隔を10分間隔から20分間隔に変更する。

普通列車の待ち合わせイメージ
普通列車の待ち合わせイメージ

座席定員制サービスについては、「モーニング・ウィング」5号の運転時間を約30分繰り上げ、通勤に利用しやすいダイヤに変更。また、土休日の快特で提供している「ウィング・シート」は、上り列車の乗車可能駅を快特停車駅全13駅に拡大する。

京急グループでは、今回のダイヤ改正にあわせて、バスのダイヤも一部エリアで変更。鉄道とバスによる利便向上と、それにあわせた地域の拠点整備が連携する、新しい京急沿線のまちづくりを目指すとしている。

11月26日には、京成電鉄や都営浅草線でもダイヤ改正を実施する。

2022年10月24日(月)15時45分更新

鉄道コムお知らせ

画像

鉄道模型などプレゼント

鉄道コム25周年を記念したプレゼントキャンペーンが朝日新聞社で実施中。抽選で鉄道模型があたる

鉄道未来インデックス

  • 阪神梅田駅改良工事竣工[2024年春ごろ]
  • 名鉄名古屋駅などカードタッチ決済乗車・QRコード乗車券実証実験開始[2024年春]
  • ひたちなか海浜鉄道湊線延伸開業[2024年春]
  • 磐越東線小川郷駅新駅舎供用開始[2024年春ごろ]
  • 富士山麓電気鉄道三つ峠駅駅舎リニューアル工事完了[2024年5月]
  • 羽前山辺駅新駅舎供用開始[2024年春ごろ]

鉄道コムおすすめ情報

画像

東急に「新幹線ラッピング」

東急とJR東海がコラボ。東急3020系1編成を対象に、新幹線デザインでラッピング。

画像

255系引退撤回?

定期運転を終了するはずだった255系。しかし改正後にも定期列車の運用に就くよう。一体なぜ?

画像

いすみ「急行」定期運転終了

いすみ鉄道が3月16日にダイヤ改正。「急行」は運転取りやめ、キハ52形は臨時運転専用に。

画像

新幹線をアグレッシブに撮る!!

速いスピードで駆け抜ける新幹線。撮影のコツを、鉄道カメラマンの助川さんが解説します。

画像

2月の鉄道イベント一覧

臨時列車運転情報ぞくぞく掲載。鉄道旅行や撮影の計画は、鉄道コムのイベント情報で。