鉄道コム

伊豆箱根鉄道、2023年4月以降に運賃改定へ

2022年9月21日(水)16時44分

伊豆箱根鉄道は21日、旅客運賃を改定すると発表した。

伊豆箱根鉄道駿豆線の車両
伊豆箱根鉄道駿豆線の車両

運賃の改定率は、通勤定期券が24.0%、通学定期券が10.1%、定期外が10.3%。改定後の大人普通旅客運賃は、3キロ以内が160円(現行140円)、9キロ超10キロ以内が310円(現行280円)など。大人用の1か月通勤定期旅客運賃では、3キロ以内が5090円(現行3700円)、9キロ超10キロ以内が1万2260円(現行9870円)などとなる。

運賃改定率の一覧
運賃改定率の一覧

今回の運賃改定は、新型コロナウイルス感染症の影響による収支状況の悪化などを鑑みたもの。同社では1995年10月以降、消費税率の変更を除き運賃水準を据え置いてきたが、鉄道輸送の安全安心の確保と利便性の向上、鉄道事業の経営健全化を目的に、運賃の改定を決めたとしている。

運賃改定時期は、駿豆線が2023年4月1日、大雄山線が2024年春を予定する。伊豆箱根鉄道は、路線による実施予定日の違いについて、過去3年間における各線での収支実績の違いなどを考慮したとしている。

2022年9月21日(水)16時44分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全1件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全34件

伊豆箱根 運賃 改定で動画を探した結果(新しく投稿された順)

全1件

鉄道コムお知らせ

画像

好きなJRの特急車両に一票を

全国を走るJRの現役特急車両のなかから、好きな車両にご投票ください。「旅と鉄道」共同企画

鉄道コムおすすめ情報

画像

京都鉄博の500系がエヴァに

京都鉄道博物館の500系が、10月28日から「500 TYPE EVA-02」仕様ラッピングで展示。

画像

大阪駅で150年記念フェア

10月14日・15日に大阪ステーションシティで鉄道開業150年の記念イベントが開催

画像

「ラピート」泉北ライナーへ

「ラピート」用の50000系が、特急「泉北ライナー」に投入。11月1日から1日5~6往復運転。

画像

プロの鉄道写真家の仕事とは?

写真はよく見るけれど、具体的な仕事内容は知らない……そんなプロの鉄道カメラマンの仕事を、助川康史さんが解説します。

画像

鉄道イベント検索の新定番

臨時列車の区間やグッズ販売の場所を全国地図で表示する機能が登場。期間や条件の絞り込みも

画像

10月の鉄道イベント一覧

数百件の情報を掲載中。鉄道旅行や撮影の計画には、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

鉄道未来インデックス

  • 田園都市線旧型車両置き換え完了[2023年1月]
  • 東海道新幹線新型レール削正車導入[2023年1月]