鉄道コムおかげさまで鉄道コムは25周年

JR北海道、ワンマン運転に対応した新型電車「737系」を2023年春投入

2022年8月17日(水)14時42分

JR北海道は17日、新型通勤形車両「737系」を導入すると発表した。

737系(外観イメージ)
737系(外観イメージ)

737系は、キハ143形などの置き換え用として導入する車両。車体は先頭部を除きアルミ合金製で、乗降用ドアは1両あたり片側2か所設置する。側面は、優しさが感じられ、親しみやすく明るく若々しいイメージを持たせるため、「さくらいろ」をイメージした淡いピンク色の塗装を施す。先頭部は鋼鉄製で、黒色をベースとし、コーポレートカラーのライトグリーンや警戒色の黄色を入れたデザインとする。

車内はオールロングシートで、外観と同様に優しさが感じられるデザインとする。乗降ドアは淡いピンク色とするほか、座席は北海道内に咲く花をイメージしたドットをちりばめる。また、客室床面高さを低くし、乗降口のステップを廃止。キハ143形と比べて19センチの低床化を実現する。

オールロングシートの車内(イメージ)
オールロングシートの車内(イメージ)

車内には、中央部にフリースペースを設置するほか、苫小牧方の車両には車いす対応の大型トイレや車いすスペースを設置。バリアフリーに配慮する。

中央部にフリースペースを設置(イメージ)
中央部にフリースペースを設置(イメージ)

機器面では、主変換装置にハイブリッドSiCモジュールを採用。車内のLED照明採用とあわせ、消費電力の低減を図る。このほか、同社の通勤形電車では初めて、ワンマン運転に対応した機器を搭載する。

737系の導入本数は、2両編成13本の予定。2022年冬から2023年春にかけて順次落成し、2023年春より室蘭本線苫小牧~室蘭間で運用するとしている。

737系が置き換えるキハ143形
737系が置き換えるキハ143形
2022年8月17日(水)14時42分更新

鉄道コムお知らせ

画像

行きたいエリアに一票を

「青春18きっぷ」で行ってみたいエリアに投票してください。「旅と鉄道」共同企画

鉄道未来インデックス

  • 阪急京都線座席指定サービス「PRiVACE」導入[2024年7月]
  • 阪急2000系・2300系導入[2024年夏]
  • 駒沢大学駅リニューアル工事竣工[2024年夏]
  • 相鉄ゆめが丘駅リニューアル工事完成[2024年夏ごろ]
  • 津山駅リニューアル工事完了[2024年夏ごろ]
  • 大阪駅西側新改札口全面開業[2024年夏]
  • 広島電鉄 新乗車券システム「MOBIRY DAYS」本格導入[2024年9月]

鉄道コムおすすめ情報

画像

東武の新型「80000系」

野田線用の新型車両。2025年春より5両編成25本を導入。一部中間車は60000系から転用。

画像

あえて「車両が無い」鉄道写真

鉄道写真は、車両が写っている写真だけではありません。列車以外の鉄道写真の撮り方を、カメラマンの助川さんが解説します。

画像

車掌車なしの「SL大樹」

東武鉄道の「SL大樹」が、車掌車の連結なしでの運転を開始。C11形123号機けん引限定。

画像

京成宗吾車両基地拡充へ

宗吾車両基地の拡充工事起工式が11日に開催。工事概要などをご紹介します。

画像

ニコン「Z f」で鉄道写真

ヘリテージデザインのカメラ、ニコン「Z f」。見た目ばかりが話題になる同製品ですが、鉄道撮影では使えるのでしょうか。

画像

4月の鉄道イベント一覧

いよいよ新年度。本年度も鉄道コムをよろしくお願いします。鉄道旅行や撮影の計画は、イベント情報から。