鉄道コムおかげさまで鉄道コムは25周年

京阪、バリアフリー設備投資に向け2023年に加算料金を導入へ

2022年8月5日(金)17時19分

京阪電気鉄道は5日、駅バリアフリー設備の整備拡大に向け、「鉄道駅バリアフリー料金」を導入すると発表した。

京阪電気鉄道の車両
京阪電気鉄道の車両

鉄道駅バリアフリー料金は、国が創設した「鉄道駅バリアフリー料金制度」を活用し導入。大津線および鋼索線を除く京阪線全線を対象に、普通旅客運賃は大人10円、通勤定期旅客運賃は1か月370円を、運賃に加算し収受する。小児運賃の加算料金は大人の同料金の半額とするほか、通学定期旅客運賃は加算対象外とする。同料金の年間徴収額は15億円を見込む。

同社は、2021年度から2025年度にかけて、枚方市駅を始めとする4駅8番線へのホームドア整備、テレビ電話機能付きインターホンの京阪線全駅への設置、駅放送システム更新や行先表示器の新設といった、バリアフリー設備の整備、更新を進めるとしている。同期間中の整備費用は59億9500万円を見込んでおり、今回発表した鉄道駅バリアフリー料金を整備費用に充当する。

京橋駅のホームドア
京橋駅のホームドア

鉄道駅バリアフリー料金の収受開始は、2023年4月1日を予定している。

2022年8月5日(金)17時19分更新

鉄道コムの最新情報を無料でお知らせしますプッシュ通知を受け取りますか?

鉄道未来インデックス

  • 近鉄新型一般車「8A系」営業運転開始[2024年10月]
  • JR東海「アクロス」機能向上[2024年10月]
  • 福島交通キャッシュレス決済サービス導入[2024年9月~10月頃]
  • 名鉄金山駅ホームドア実証試験開始[2024年10月]

鉄道コムおすすめ情報

画像

N800形復刻デザイン

N800形1編成が、デビュー当時のマルーン色デザインに。7月24日から。

画像

山手線1周のイベント列車

8月17日に開催の「東京まるっと山手線」。E235系による貸切列車で、山手線を1周する企画。

画像

東北で「えきねっとQチケ」

JR東日本のQRチケットレスサービス「えきねっとQチケ」、10月1日から。まずは東北エリアで提供。

画像

ひたちなか海浜鉄道にキハ100

キハ205の置き換え用などで、JR東日本からキハ100形3両を購入。うち1両は観光列車仕様に。

画像

「モード」を使いこなそう

カメラの設定は意外と知らずに使っている人も? 上達に不可欠なモード設定について、カメラマンの助川さんが解説します。

画像

7月の鉄道イベント一覧

いよいよ夏本番、鉄道イベントも多数。7月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

画像

イベント投稿写真募集中!

鉄道コムでは、臨時列車や基地公開など、さまざまなイベントの投稿写真を募集中! 投稿写真一覧はこちら。