鉄道コム

JR東、行先をランダムに決定するポイントサービス「どこかにビューーン」を提供

2022年7月5日(火)17時44分

JR東日本は5日、「JRE POINT」による新たなサービス「どこかにビューーン!」を、12月より提供すると発表した。

JR東日本の新幹線
JR東日本の新幹線

「どこかにビューーン!」は、JRE POINTと引き換えで新幹線が往復利用できるサービス。東京、上野、大宮の各駅からおおむね150キロ以上(東北新幹線の那須塩原駅以遠、上越新幹線の上毛高原駅以遠、北陸新幹線の安中榛名~上越妙高間)の新幹線停車駅までの区間が対象となる。利用時には、4つの候補駅の中から1つがランダムで選ばれる。必要ポイントは6000ポイントで、通常のJRE POINT特典チケットを引き換える場合よりも割安で利用できる。

「どこかにビューーン!」行先候補駅
「どこかにビューーン!」行先候補駅

「どこかにビューーン!」の申込は、出発日の21日前から6日前までで、行先は申込から3日以内に確定する。現地での滞在時間は、日帰りの場合は最短5時間以上。最長で7日間滞在できる。

サービスの開始は、2022年12月を予定。詳細については、後日改めて発表するとしている。

また同社は、同サービスの先行体験イベントとして、「新幹線 どこかに冒険days」を開催。4つの候補駅の中から、イベント当日に発表する目的地へ、新幹線で日帰りする体験イベントで、東京、上野、大宮の各駅で、9月から10月にかけて1日ずつ開催する。参加費は6500円で、募集人数は各回75組150人。専用サイトからの事前エントリーが必要となる。

今回同社が提供するサービスと同様のものは、日本航空が2016年12月より「どこかにマイル」を提供。通常の特典航空券の半額となる6000マイルで、4つの行先候補のうち1か所へ往復できるサービスとなっている。また、JR西日本においても、大阪市内発着の往復きっぷ「サイコロきっぷ」を7月29日に発売。同社管内の7か所が、ランダムに目的地として選ばれるきっぷとなっている。

2022年7月5日(火)17時44分更新

鉄道コムお知らせ

画像

まもなく投票締め切り

鉄道の撮影に適しているベストカメラを、鉄道コムご利用の皆さんの投票で決定します

鉄道未来インデックス

  • 737系営業運転開始[2023年5月20日(土)]
  • JR四国運賃改定[2023年5月20日(土)]
  • 青森・秋田・岩手エリアSuica導入[2023年5月27日(土)]
  • 福井鉄道越前武生駅駅名変更[2023年春ごろ]

鉄道コムおすすめ情報

画像

レール幅が3種類の都営地下鉄

浅草線・大江戸線、三田線、新宿線で別々の仕様を採用。なぜレール幅の数が増えてしまった?

画像

岡山エリア227系お披露目

岡山・備後エリアでは約20年ぶりの新型電車となる227系500番台が報道公開。将来対応の秘密も?

画像

ちょっと珍しい快速が廃止

3月18日の京都丹後鉄道のダイヤ改正で、全国的にも珍しい「快速」が廃止に。

画像

鉄道車両の「F」って何?

「〇〇F」「〇〇×10」「C#〇〇×8R」などなど、会社ごとに異なる編成の呼び方についてご紹介。

画像

冬らしい鉄道写真の撮り方は?

雪が降る季節は、美しい写真が撮れる一方、コツも必要。カメラマンの助川康史さんが解説します。

画像

2月の鉄道イベント一覧

臨時列車運転情報ぞくぞく掲載。鉄道旅行や撮影の計画は、鉄道コムのイベント情報で。