鉄道コム

JR西、岡山・備後エリア向け新型車両のデザインを発表

2022年5月10日(火)15時42分

JR西日本は10日、岡山・備後エリアに導入する新型車両のデザインを決定したと発表した。

新たに導入する227系(イメージ)
新たに導入する227系(イメージ)

デザインコンセプトは「豊穏ほうおんいろどり」。岡山の桃、福山のバラ、尾道の桜など、沿線を象徴するピンク色をシンボルカラーに、太陽の恵みや穏やかさを暖色のグラデーションで表現する。なお、「豊穏」は、豊饒ほうじょうと穏和からの造語で、岡山・備後エリアの豊かで穏やかな気候・風土を表現したものという。

227系のデザインコンセプト
227系のデザインコンセプト
コンセプトの「豊穏の彩」
コンセプトの「豊穏の彩」

新型車両の形式は227系。広島エリア、和歌山エリアなどで導入されている形式で、衝撃吸収構造の車体、先頭車間の転落防止ホロ、戸挟み検知装置、運転士異常時列車停止装置を、岡山エリアでは初めて導入する。また、バリアフリートイレ、車椅子・ベビーカー用のスペースを設置するほか、自動温度調節が可能な空調や自動換気機能の採用で、快適性の向上を図る。さらに、出入口付近のスペース拡大、車内ドア上部の情報表示装置による2か国語での行先案内など、乗客の利便性向上にも配慮する。

227系の車内イメージ
227系の車内イメージ

新型車両は2023年度以降、2両編成および3両編成の計101両を山陽本線などに導入する。またJR西日本では、利用者などに親しみを持ってもらうことを目的に、新型車両の愛称を募集するとしている。

2022年5月10日(火)15時42分更新

鉄道コムお知らせ

画像

カメラアワード2023投票

鉄道の撮影に適しているベストカメラを、鉄道コムご利用の皆さんの投票で決定します

鉄道未来インデックス

  • 福井鉄道F2000形営業運転開始[2023年春]
  • ノースレインボーエクスプレス営業運転終了[2023年春]
  • 737系営業運転開始[2023年5月20日(土)]
  • JR四国運賃改定[2023年5月20日(土)]

鉄道コムおすすめ情報

画像

「銀色のつばさ」復活

「つばさ」用のE3系1本が、デビュー時のシルバーカラーに塗装変更。2月11日に営業運転開始。

画像

東急8500系ついに引退

1月25日に8500系8637編成が廃車回送。約48年の東急8500系の活躍に終止符を打ちました。

画像

115系カラーコレクション

新潟支社115系の塗装解説・図面集。「JRE MALL」にて受注生産で販売。

画像

キハ183系ラストラン

3月25日から4月10日にかけて、道内各地でキハ183系の臨時列車を運転。ラストランは4月10日。

画像

冬らしい鉄道写真の撮り方は?

雪が降る季節は、美しい写真が撮れる一方、コツも必要。カメラマンの助川康史さんが解説します。

画像

1月の鉄道イベント一覧

2023年も、鉄道旅行や撮影の計画には、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。