鉄道コムおかげさまで鉄道コムは25周年

JR西、岡山・備後エリア向け新型車両のデザインを発表

2022年5月10日(火)15時42分

JR西日本は10日、岡山・備後エリアに導入する新型車両のデザインを決定したと発表した。

新たに導入する227系(イメージ)
新たに導入する227系(イメージ)

デザインコンセプトは「豊穏ほうおんいろどり」。岡山の桃、福山のバラ、尾道の桜など、沿線を象徴するピンク色をシンボルカラーに、太陽の恵みや穏やかさを暖色のグラデーションで表現する。なお、「豊穏」は、豊饒ほうじょうと穏和からの造語で、岡山・備後エリアの豊かで穏やかな気候・風土を表現したものという。

227系のデザインコンセプト
227系のデザインコンセプト
コンセプトの「豊穏の彩」
コンセプトの「豊穏の彩」

新型車両の形式は227系。広島エリア、和歌山エリアなどで導入されている形式で、衝撃吸収構造の車体、先頭車間の転落防止ホロ、戸挟み検知装置、運転士異常時列車停止装置を、岡山エリアでは初めて導入する。また、バリアフリートイレ、車椅子・ベビーカー用のスペースを設置するほか、自動温度調節が可能な空調や自動換気機能の採用で、快適性の向上を図る。さらに、出入口付近のスペース拡大、車内ドア上部の情報表示装置による2か国語での行先案内など、乗客の利便性向上にも配慮する。

227系の車内イメージ
227系の車内イメージ

新型車両は2023年度以降、2両編成および3両編成の計101両を山陽本線などに導入する。またJR西日本では、利用者などに親しみを持ってもらうことを目的に、新型車両の愛称を募集するとしている。

2022年5月10日(火)15時42分更新

鉄道コムの最新情報を無料でお知らせしますプッシュ通知を受け取りますか?

鉄道未来インデックス

  • 近鉄新型一般車「8A系」営業運転開始[2024年10月]
  • JR東海「アクロス」機能向上[2024年10月]
  • 福島交通キャッシュレス決済サービス導入[2024年9月~10月頃]
  • 名鉄金山駅ホームドア実証試験開始[2024年10月]

鉄道コムおすすめ情報

画像

京都鉄博で「はなあかり」展示

8月30日~9月3日、京都鉄道博物館にて「はなあかり」を展示。8月29日には有料の先行見学会も。

画像

南海7100系復刻塗装

南海7100系の1本が、緑色の復刻塗装に。8月21日に営業運転を開始予定。

画像

社名は「JR東海交通事業」に

城北線の運営事業などを担う東海交通事業、10月1日付での社名変更を発表。「JR」つきの社名に。

画像

最も歴史のある鉄道会社とは?

現存する鉄道会社の中で、最も歴史があるものとは? 実は考え方によって、複数の会社が当てはまります。

画像

「モード」を使いこなそう

カメラの設定は意外と知らずに使っている人も? 上達に不可欠なモード設定について、カメラマンの助川さんが解説します。

画像

7月の鉄道イベント一覧

いよいよ夏本番、鉄道イベントも多数。7月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

画像

イベント投稿写真募集中!

鉄道コムでは、臨時列車や基地公開など、さまざまなイベントの投稿写真を募集中! 投稿写真一覧はこちら。