鉄道コムおかげさまで鉄道コムは25周年

広島電鉄など、「PASPY」に代わる新乗車券システムの開発着手を発表

2022年3月4日(金)18時20分

広島電鉄、日本電気、レシップは4日、スマートフォンに表示させたQRコードや新たな交通系ICカードを認証媒体とする乗車券システムの開発に着手すると発表した。

新しい乗車券システムは「ABT(Account Based Ticketing)方式」と呼ばれるもので、認証媒体となるQRコードやICカードの固有のID番号と紐づいた利用者の情報を、クラウドサーバ側で管理する。同方式による乗車券システムの商用化の発表は、日本初のこととなる。

ABT方式では、チャージ残高や定期券などの利用者情報をクラウドサーバ側で保持・参照・更新し、機器側では高速な計算処理を行わないため、システム全体の低廉化が可能。また、QRコードやICカード以外の多様な認証媒体にも対応するため、他の交通手段や街中・旅先などでのさまざまなサービスとの連携も期待できるという。

利用者は会員登録とともに、クレジットカードまたは銀行口座を登録する。これにより、保有するスマートフォンやパソコンから金額のチャージ、定期券の購入、利用履歴の閲覧などが可能となる。路面電車・バスの利用時は、乗車・降車の際、自身のスマートフォンに表示させたQRコードを車載機へかざす。また、スマートフォンを持っていなくとも、専用の新たな交通系ICカードを交通機関の車載機に触れることで利用できる。このほか、定率割引、乗継割引、共通定期券制度など、現在の交通系ICカード「PASPY」で導入している各種割引サービスは、新乗車券システムでも実装予定としている。

なお、広島電鉄では交通系ICカード「PASPY」を導入しているが、これを展開するPASPY運営協議会では、「PASPY」を2025年3月までに順次サービス終了すると発表。今回の新乗車券システムは、「PASPY」に代わるものとなる。

新乗車券システムのサービス開始は、2024年10月を目途とする。具体的なサービス内容や開始日については、決まり次第告知するとしている。

2022年3月4日(金)18時20分更新

鉄道コムの最新情報を無料でお知らせしますプッシュ通知を受け取りますか?

鉄道未来インデックス

  • 近鉄新型一般車「8A系」営業運転開始[2024年10月]
  • JR東海「アクロス」機能向上[2024年10月]
  • 福島交通キャッシュレス決済サービス導入[2024年9月~10月頃]
  • 名鉄金山駅ホームドア実証試験開始[2024年10月]

鉄道コムおすすめ情報

画像

N800形復刻デザイン

N800形1編成が、デビュー当時のマルーン色デザインに。7月24日から。

画像

山手線1周のイベント列車

8月17日に開催の「東京まるっと山手線」。E235系による貸切列車で、山手線を1周する企画。

画像

東北で「えきねっとQチケ」

JR東日本のQRチケットレスサービス「えきねっとQチケ」、10月1日から。まずは東北エリアで提供。

画像

ひたちなか海浜鉄道にキハ100

キハ205の置き換え用などで、JR東日本からキハ100形3両を購入。うち1両は観光列車仕様に。

画像

「モード」を使いこなそう

カメラの設定は意外と知らずに使っている人も? 上達に不可欠なモード設定について、カメラマンの助川さんが解説します。

画像

7月の鉄道イベント一覧

いよいよ夏本番、鉄道イベントも多数。7月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

画像

イベント投稿写真募集中!

鉄道コムでは、臨時列車や基地公開など、さまざまなイベントの投稿写真を募集中! 投稿写真一覧はこちら。