鉄道コム

広島電鉄など、「PASPY」に代わる新乗車券システムの開発着手を発表

2022年3月4日(金)18時20分

広島電鉄、日本電気、レシップは4日、スマートフォンに表示させたQRコードや新たな交通系ICカードを認証媒体とする乗車券システムの開発に着手すると発表した。

新しい乗車券システムは「ABT(Account Based Ticketing)方式」と呼ばれるもので、認証媒体となるQRコードやICカードの固有のID番号と紐づいた利用者の情報を、クラウドサーバ側で管理する。同方式による乗車券システムの商用化の発表は、日本初のこととなる。

ABT方式では、チャージ残高や定期券などの利用者情報をクラウドサーバ側で保持・参照・更新し、機器側では高速な計算処理を行わないため、システム全体の低廉化が可能。また、QRコードやICカード以外の多様な認証媒体にも対応するため、他の交通手段や街中・旅先などでのさまざまなサービスとの連携も期待できるという。

利用者は会員登録とともに、クレジットカードまたは銀行口座を登録する。これにより、保有するスマートフォンやパソコンから金額のチャージ、定期券の購入、利用履歴の閲覧などが可能となる。路面電車・バスの利用時は、乗車・降車の際、自身のスマートフォンに表示させたQRコードを車載機へかざす。また、スマートフォンを持っていなくとも、専用の新たな交通系ICカードを交通機関の車載機に触れることで利用できる。このほか、定率割引、乗継割引、共通定期券制度など、現在の交通系ICカード「PASPY」で導入している各種割引サービスは、新乗車券システムでも実装予定としている。

なお、広島電鉄では交通系ICカード「PASPY」を導入しているが、これを展開するPASPY運営協議会では、「PASPY」を2025年3月までに順次サービス終了すると発表。今回の新乗車券システムは、「PASPY」に代わるものとなる。

新乗車券システムのサービス開始は、2024年10月を目途とする。具体的なサービス内容や開始日については、決まり次第告知するとしている。

2022年3月4日(金)18時20分更新

鉄道コムお知らせ

画像

カメラアワード2023投票

鉄道の撮影に適しているベストカメラを、鉄道コムご利用の皆さんの投票で決定します

鉄道未来インデックス

  • 737系営業運転開始[2023年5月20日(土)]
  • JR四国運賃改定[2023年5月20日(土)]
  • 青森・秋田・岩手エリアSuica導入[2023年5月27日(土)]
  • 福井鉄道越前武生駅駅名変更[2023年春ごろ]

鉄道コムおすすめ情報

画像

岡山エリア227系お披露目

岡山・備後エリアでは約20年ぶりの新型電車となる227系500番台が報道公開。将来対応の秘密も?

画像

ちょっと珍しい快速が廃止

3月18日の京都丹後鉄道のダイヤ改正で、全国的にも珍しい「快速」が廃止に。

画像

鉄道車両の「F」って何?

「〇〇F」「〇〇×10」「C#〇〇×8R」などなど、会社ごとに異なる編成の呼び方についてご紹介。

画像

かつて走った京急の面白列車

種別を2回も変更、駅と駅との間での通過待ちも! かつて走った「D特」とは。

画像

冬らしい鉄道写真の撮り方は?

雪が降る季節は、美しい写真が撮れる一方、コツも必要。カメラマンの助川康史さんが解説します。

画像

2月の鉄道イベント一覧

またまだ続く冬。2月の鉄道旅行や撮影の計画には、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。