鉄道コム

東京モノレール、浜松町駅の建替工事に着手

2021年10月22日(金)17時7分

東京モノレールは22日、モノレール浜松町駅ビルの建替工事に本格着手すると発表した。

モノレール浜松町駅 工事後の外観イメージ
モノレール浜松町駅 工事後の外観イメージ

工事の主な内容は、駅ビル3階中央部に開発ビルと駅を直結する歩行者広場の整備、周辺の自由通路の整備、JR・モノレール・バス・タクシー・地下鉄をつなぐ動線の接続、モノレール改札口の3階への集約など。竹芝、芝浦地区などとの歩行者ネットワークを形成、ほかの交通機関との乗換利便性の向上と交通結節点機能を強化するとともに、わかりやすく利用しやすい駅にするとしている。また、開業から57年が経過した駅施設を更新し、防災機能の強化も図るという。

歩行者広場イメージ
歩行者広場イメージ
モノレールホームイメージ
モノレールホームイメージ

工事の完成は、2029年12月を予定している。

2021年10月22日(金)17時7分更新

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全49件

東京モノレール 浜松町 ( リニューアル OR 建て替え OR 工事 )で動画を探した結果(新しく投稿された順)

全30件

鉄道コムおすすめ情報

画像

105系広島色が復活

宇部線などで活躍する105系の1本が復刻塗装に。7月9日に営業運転を開始。

画像

西九州新幹線試乗会

西九州新幹線の開業を前に、JR九州が試乗会を開催。計12000人を募集。

画像

「DLやまぐち号」運転

「SLやまぐち号」に代わり、「DLやまぐち号」が8月に運転。DE10形とDD51形が登板。

画像

HC85系に展望席が無い理由

先代のキハ85系と異なり、展望席が設定されていないHC85系。その理由をJR東海に聞きました。

画像

被災から2年の肥薩線の現状

2020年7月の豪雨で被災した、JR九州の肥薩線。その現状や今後をリポートします。

鉄道未来インデックス

  • 東京駅 南部東西自由通路 供用開始[2029年頃]
  • 大阪高速鉄道門真市~瓜生堂間延伸[2029年]
  • 東京モノレール浜松町駅ビル建替工事完了[2029年12月]
  • JR東日本羽田空港アクセス線開業[2029年度]
  • 京急品川駅付近連続立体交差事業完成[2029年度]

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: