鉄道コム

近鉄、大阪・京都~奈良間を結ぶ観光特急「あをによし」を導入

2021年10月8日(金)14時31分

近畿日本鉄道は8日、観光特急「あをによし」を導入すると発表した。

「あをによし」外観イメージ
「あをによし」外観イメージ

「あをによし」は、大阪~奈良~京都間を結ぶ観光特急列車。列車名の「あをによし」は、世界遺産や国宝が数多く存在する古都・奈良にかかる枕詞で、都の美しさをイメージしたという。使用車両は、既存の12200系4両編成1本をリニューアル。正倉院の宝物をモチーフとした天平文様などのデザインを用い、古都・奈良をイメージさせる内外装とする。

座席は、1・3・4号車に2人用の「ツインシート」、2号車に3~4人用の「サロンシート」を設置。座席数は84席とし、リニューアル前の約3分の1とすることで、「ゆったりとした移動空間」を提供する。また、2号車には販売カウンターを設け、専属アテンダントにより軽食や飲料等を販売する。

2人用の「ツインシート」(イメージ)
2人用の「ツインシート」(イメージ)
3~4人用の「サロンシート」(イメージ)
3~4人用の「サロンシート」(イメージ)
販売カウンター(イメージ)
販売カウンター(イメージ)

「あをによし」の運転開始日は、2022年4月29日。運転区間と本数は、大阪難波~近鉄奈良~京都間で1往復、京都~近鉄奈良間で2往復。週6日の運転を基本とする。詳細な時刻や料金については、改めて知らせるとしている。

2021年10月8日(金)14時31分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全11件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全8件

近鉄 あをによしで動画を探した結果(新しく投稿された順)

全2件

鉄道旅行誌「旅と鉄道」×鉄道コム

画像

好きな「JRの電車車両」に一票を

117系、373系、103系、323系、285系、クモヤ145形、885系、四国8600系、N700S、923形…

鉄道コムおすすめ情報

画像

「SL大樹」の展望車

「SL大樹」用に改造された12系展望車が報道公開されました。気になる展望室の様子は?

画像

暮らせるコンテナ

JR東日本などが販売する「マチハコトレイン」。鉄道コンテナを再現したBOXルーム。

画像

リニューアル後の冬の湿原号

JR北海道が「SL冬の湿原号」のリニューアルデザインを発表。今年度には「たんちょうカー」登場。

画像

「最繁忙期」料金導入

JR東など3社が、指定席特急料金に「最繁忙期」を導入。あわせて閑散期・通常期の設定拡大も。

画像

10月の鉄道イベント一覧

10月の鉄道趣味のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をご活用ください

鉄道未来インデックス

  • 新幹線E4系運転終了[2021年10月1日(金)]
  • JR西日本ダイヤ改正 [2021年10月]
  • しなの鉄道星空ラッピングトレイン運転開始[2021年秋ごろ]
  • 相模線E131系導入[2021年秋ごろ]
  • 狩川駅新駅舎供用開始[2021年12月末]
  • 阿佐海岸鉄道DMV導入[2021年内]

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: