鉄道コム

シャープ・川崎重工・川重車両テクノ、鉄道車両用のプラズマクラスターイオン発生機を開発

2021年9月16日(木)12時40分

新型イオン発生機の車内取りつけイメージ
新型イオン発生機の車内取りつけイメージ

シャープと川崎重工、川重車両テクノは16日、既存の鉄道車両に設置できるプラズマクラスターイオン発生機を、共同で開発したと発表した。

このプラズマクラスターイオン発生機は、全長20メートルの車両に6台以上の搭載で、空気浄化に有効な「プラズマクラスター7000」のイオン空間を実現する。また、12台の搭載で、「プラズマクラスター25000」という、より高濃度のイオン空間になるという。

イオン発生機の大きはコンパクトなもので、吊り手棒受けに専用アタッチメントを取りつけることで固定できる。電源は近くの照明から配線を分岐させて確保するため、大がかりな設置工事は不要。このため、新造車両だけでなく、既存の車両へも容易に後づけできるとしている。ただし、吊り手棒受けの形状は車両によって異なるため、アタッチメントは専用設計となる。

3社はかねてから、鉄道車両向けの空気浄化システムを共同で開発し、川崎重工製の鉄道車両に搭載してきた。衛生意識が高まった昨今では清潔な移動空間がより強く求められ、簡単に設置できる空気浄化機器は、公共交通機関事業者の需要も多いという。

今回開発したイオン発生機は、すでに国内の鉄道事業者から発注を受け、搭載に向けた最終調整を進めている。3社は、今後も快適な車内空間の実現に向けて協力していくとしている。

2021年9月16日(木)12時40分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全15件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全37件

  • /stat.ameba.jp/user_images/20210919/16/chakkey-tetsu0510/3e/74/j/o1080080815003255355.jpg

    西武鉄道40000系40156F甲種輸送

    • 2021年9月19日(日)

    6月までは、やれ9000系だーレッドアロークラシックだーと散々撮ったり乗ったりしていた西武。拝島は毎日通っているのだけど、時間的な縛りもあるからかこの夏はほとんど関わっていない。最近では、埼玉西武ライオ...

  • 近畿日本鉄道(近鉄)が、2013年3月21日より運転を開始した50000系観光特急「しまかぜ」。志摩に吹く風の爽やかさと、車内で過ごす時間の心地よさから名付けられた「しまかぜ」は、デビュー当時から外観の大胆さも...

    zakitetsuさんのブログ

  • こんにちは、あっちゃんです。地下鉄はどこかで地上へ上がると思いますが、大阪の大動脈である御堂筋線も西中島南方駅で地上へ上がります。その後、新大阪を経由し、北大阪急行の千里中央駅まで向かいます。御堂...

( SHARP OR シャープ OR 川崎重工 OR 川重 ) ( 鉄道 OR 車両 ) ( プラズマクラスター OR イオン )で動画を探した結果(新しく投稿された順)

全11件

鉄道コムおすすめ情報

画像

ハイブリッド気動車のしくみ

電車にエンジンと蓄電池を積んだような「ハイブリッド気動車」。そのシステムを解説します。

画像

モノレール浜松町駅工事へ

東京モノレールがモノレール浜松町駅の建て替え工事に本格着手。完成は2029年12月。

画像

ラピートに「すみっコ」乗車

土休日の「ラピート」全便再開にあわせ、「すみっコ」のぬいぐるみが運転席に。

画像

EF64-37 撮影会

高崎車両センター内での、定員2人のEF64形37号機撮影会イベント。参加費は1組10万円。

画像

「とれいゆ つばさ」運転終了

山形新幹線などを走る「とれいゆ つばさ」が、2022年3月に運転を終了へ。

画像

10月の鉄道イベント一覧

10月の鉄道趣味のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をご活用ください

鉄道未来インデックス

  • JR西日本ダイヤ改正 [2021年10月]
  • 本宮駅橋上駅舎供用開始[2021年12月18日(土)]
  • 伊予灘ものがたりキロ47形ラストラン [2021年12月]
  • 松島海岸駅リニューアル駅舎供用開始[2021年冬ごろ]
  • 東武鉄道C11形動態復元[2021年冬]
  • とれいゆ つばさ運転終了[2022年3月]

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: