京急、ロング・クロスシートを切換可能な新1000形新造車両を導入

2021年1月20日(水)16時16分

新1000形新造車両(イメージ)
新1000形新造車両(イメージ)

京浜急行電鉄は20日、ロングシートとクロスシートを切換可能な車両を導入すると発表した。

導入する車両は、4両編成2本。形式は新1000形で、車両番号は「1891-1~1891-4」「1892-1~1892-4」とする。

車内では、座席指定列車や貸切イベント列車に対応するため、ロングシートからクロスシートに切換可能な自動回転式座席を採用。各席にはコンセントを設置する。座席幅は2100形よりも10ミリ拡大した460ミリとし、同社車両中最大幅とする。また、乗務員室後方には、前面展望席のクロスシートを設置。新1000形では2006年製造車以来の設置となる。

接客設備としては、同社車両としては初めて、車内にトイレを設置。2号車にバリアフリー対応の洋式トイレ、3号車に男性用トイレを備える。また、ウィズコロナ時代に合わせ、新型コロナウイルス等に対する抗ウイルス効果が確認された抗菌・抗ウイルス座席シート地を採用する。

新造車両は、4両編成を2本、計8両導入。2021年春より、順次営業運転を開始するとしている。

新1000形は、2002年にデビュー。以来19年にわたり導入が続き、2021年1月までに472両が製造されている。同一形式での製造が続いているが、当初のアルミ車体からステンレス無塗装車、ステンレスラッピング車、ステンレス塗装車、正面貫通型など、さまざまなバリエーションを持つ。

2021年1月20日(水)16時21分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全48件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全52件

京急 新1000形で動画を探した結果(新しく投稿された順)

全18件

鉄道コムおすすめ情報

画像

キハ40急行さと山号

小湊鉄道キハ40形の定期列車投入を前に、急行「さと山」号が4月23日・24日に運転。

画像

L/Cシート搭載の京急1000形

京急で始めて「L/C座席」を採用した新1000形20次車。車内を中心にご紹介します。

画像

京王9000系周年HM掲出へ

京王9000系のデビュー20周年を記念して、4月26日からヘッドマークを掲出。記念乗車券の発売も

画像

えきねっとリニューアル

JR東日本が、6月27日に「えきねっと」をリニューアル。UI一新のほか、QRコードでのきっぷ受取が可能に。

画像

4月の鉄道イベント一覧

いよいよ新年度です。4月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をご活用ください。

鉄道未来インデックス

  • ロマンスカーミュージアム開業[2021年4月19日(月)]
  • 常磐線・水戸線踏切用再生バッテリー試行導入[2021年4月以降]
  • JR北海道「ラベンダー」編成運用開始[2021年5月8日(土)]
  • 小湊鉄道キハ40系営業運転開始[2021年春]
  • GV-E197系・E493系先行投入[2021年春以降]
  • 南海Visaのタッチ決済実証実験[2021年春]
  • 横浜線町田駅スマートホームドア再設置[2021年春]

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: