JR東海、東海道新幹線で新たな架線摩耗検知システムを導入

2020年9月25日(金)16時51分

警報トロリ線摩耗検知システムの概要
警報トロリ線摩耗検知システムの概要

JR東海は24日、東海道新幹線において、新型の「警報トロリ線摩耗検知システム」を導入すると発表した。

同社が導入しているシステムは、車両に電力を供給するトロリ線内部に検知線を埋め込み、摩耗具合を検知するもの。東海道新幹線では、1996年より同システムが使用されている。

現在のシステムでは、1日1回、夜間の停電時に検知線へ電流を流し、検知線が断線している箇所を沿線の表示装置で確認できるものとなっている。JR東海では、日立金属と共同で、新システムを開発。検知線を従来の金属線から光ファイバーへ変え、摩耗進行のリアルタイム検知や、摩耗箇所特定の高精度化を実現する。

新システムの導入開始は、2021年2月ごろ。2030年度末頃までにかけて、東海道新幹線全線で順次導入する。

2020年9月25日(金)16時51分更新

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全1件

鉄道コムお知らせ

画像

鉄道コムカメラアワード投票

鉄道の撮影に適しているベストカメラを、鉄道コムご利用の皆さんの投票で決定します

鉄道旅行誌「旅と鉄道」×鉄道コム

画像

好きな「駅弁」に一票を

元祖珍辨たこめし、極黒豚めし、雀寿し、元祖鱒寿し、百万石弁当、巻狩べんとう…

鉄道コムおすすめ情報

画像

ムーンライトながら廃止に

JR東日本・東海が、臨時夜行快速列車「ムーンライトながら」の運転終了を発表。昨年の3月でラストランに。

画像

2022年度に量産車登場

JR東海のハイブリッド特急車両「HC85系」量産車は、2022年度に登場。翌年度にかけ「ひだ」「南紀」を置き換えへ。

画像

JR東が新事業用車2形式導入

JR東日本が、事業用車「GV-E197系」「E493系」を導入。2021年春に首都圏で先行投入。

画像

京急が座席転換車両導入

京急が、ロング・クロスシートを切換可能な車両を導入。2021年春に営業運転開始。

画像

ひたちなか海浜鉄道延伸

ひたちなか海浜鉄道の延伸事業が認可。2024年春に約3.1キロが開業予定。

画像

1月の鉄道イベント一覧

今年も鉄道コムをよろしくお願いします。1月のプラン立案には、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

鉄道未来インデックス

  • 京阪3000系プレミアムカー導入[2021年1月31日(日)]
  • 東海道新幹線新型トロリ線摩耗検知システム導入開始[2021年2月ごろ]
  • 茂市駅新駅舎供用開始[2021年2月下旬]
  • JR東日本時差通勤・複数回利用ポイント還元サービス開始[2021年春]
  • 北大阪急行千里中央~新箕面間開業[2020年度]
  • JR東タッチでエキナカサービス開始[2021年3月13日(土)]
  • JRグループダイヤ改正[2021年春]

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: