JR東海、東海道新幹線で新たな架線摩耗検知システムを導入

2020年9月25日(金)16時51分

警報トロリ線摩耗検知システムの概要
警報トロリ線摩耗検知システムの概要

JR東海は24日、東海道新幹線において、新型の「警報トロリ線摩耗検知システム」を導入すると発表した。

同社が導入しているシステムは、車両に電力を供給するトロリ線内部に検知線を埋め込み、摩耗具合を検知するもの。東海道新幹線では、1996年より同システムが使用されている。

現在のシステムでは、1日1回、夜間の停電時に検知線へ電流を流し、検知線が断線している箇所を沿線の表示装置で確認できるものとなっている。JR東海では、日立金属と共同で、新システムを開発。検知線を従来の金属線から光ファイバーへ変え、摩耗進行のリアルタイム検知や、摩耗箇所特定の高精度化を実現する。

新システムの導入開始は、2021年2月ごろ。2030年度末頃までにかけて、東海道新幹線全線で順次導入する。

2020年9月25日(金)16時51分更新

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全1件

鉄道コムおすすめ情報

画像

E2系ダイジェスト

高速化と急勾配に対応した汎用車両E2系。その活躍の歴史と今を紹介します。

画像

きんてつオンライン鉄道まつり

「きんてつ鉄道まつり」が、今年はオンラインで開催。10月24日より動画を順次配信。

画像

武蔵野線の205系

武蔵野線用の205系が、ついに引退。その約30年の活躍を振り返ります。

画像

リニア改良型試験車

10月19日に公開された、山梨リニア実験線のL0系改良型。その車内や乗り心地は?

画像

さよなら富士急1202号

富士急行1000系1202号編成が10月28日に引退。24日からは記念グッズの販売も。

画像

10月の鉄道イベント一覧

朝晩は冷える季節となりました。鉄道旅行や撮影の計画には、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

鉄道未来インデックス

  • 瀬戸内エリア新観光列車導入[2020年10月3日(土)]
  • 七尾線521系導入開始[2020年10月3日(土)]
  • JR九州36ぷらす3運転開始[2020年10月16日(金)]
  • キハ261系5000代運転開始[2020年10月17日(土)]
  • 東武東上線新駅開業[2020年10月31日(土)]
  • JR北海道「はまなす」編成運用開始 [2020年10月頃]
  • JR北海道キハ40形塗装復刻車両運転開始[2020年秋]

チェックイン

鉄道コムで過去に投稿したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: