鉄道コム

JR東、新幹線車両に台車モニタリング装置を搭載

2020年7月7日(火)14時33分

台車モニタリング装置の概要
台車モニタリング装置の概要

JR東日本は7日、2021年秋以降に落成する新幹線車両に、「台車モニタリング装置」を搭載すると発表した。

台車モニタリング装置は、空気ばねの圧力センサーや台車の振動センサーから取得したデータを基に異常の有無を判定するもの。異常が発生した場合には運転士に通知することで、台車枠の亀裂などを早期に検知し、信頼性の向上を実現する。

台車モニタリング装置の使用開始時期は、2023年春の予定。JR西日本の北陸新幹線用車両でも、台車モニタリング装置を搭載し、同時期に使用を開始する。JR東日本では、既存車両への搭載についても、施工方法の検討を進めるとしている。

2020年7月7日(火)14時33分更新

該当するブログ記事はありません

鉄道コムおすすめ情報

画像

ラピートに「すみっコ」乗車

土休日の「ラピート」全便再開にあわせ、「すみっコ」のぬいぐるみが運転席に。

画像

EF64-37 撮影会

高崎車両センター内での、定員2人のEF64形37号機撮影会イベント。参加費は1組10万円。

画像

「とれいゆ つばさ」運転終了

山形新幹線などを走る「とれいゆ つばさ」が、2022年3月に運転を終了へ。

画像

「SL大樹」の展望車

「SL大樹」用に改造された12系展望車が報道公開されました。気になる展望室の様子は?

画像

望遠レンズで「編成写真」

助川康文さんの「鉄道写真なんでもゼミ」。望遠レンズを使った編成写真撮影のコツとは

画像

10月の鉄道イベント一覧

10月の鉄道趣味のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をご活用ください

鉄道未来インデックス

  • 台湾向け新型都市間特急車両納入開始[2021年以降]
  • 三田線新車両導入 [2021年度]
  • 東急目黒線8両編成運転開始[2022年度上期]
  • 埼玉高速鉄道線8両編成運転開始 [2022年度上期]
  • 東急目黒線8両編成運転開始 [2022年度上期]
  • 只見線会津川口~只見間復旧[2022年]

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: