JR東、新幹線車両に台車モニタリング装置を搭載

2020年7月7日(火)14時33分

台車モニタリング装置の概要
台車モニタリング装置の概要

JR東日本は7日、2021年秋以降に落成する新幹線車両に、「台車モニタリング装置」を搭載すると発表した。

台車モニタリング装置は、空気ばねの圧力センサーや台車の振動センサーから取得したデータを基に異常の有無を判定するもの。異常が発生した場合には運転士に通知することで、台車枠の亀裂などを早期に検知し、信頼性の向上を実現する。

台車モニタリング装置の使用開始時期は、2023年春の予定。JR西日本の北陸新幹線用車両でも、台車モニタリング装置を搭載し、同時期に使用を開始する。JR東日本では、既存車両への搭載についても、施工方法の検討を進めるとしている。

2020年7月7日(火)14時33分更新

該当するブログ記事はありません

鉄道コムおすすめ情報

画像

新ひろしま1デイきっぷ

広島エリアのJRが1日乗り放題の企画乗車券。6月末までの土休日に利用可

画像

L/Cシート搭載の京急1000形

京急で始めて「L/C座席」を採用した新1000形20次車。車内を中心にご紹介します。

画像

京王9000系周年HM掲出へ

京王9000系のデビュー20周年を記念して、4月26日からヘッドマークを掲出。記念乗車券の発売も

画像

えきねっとリニューアル

JR東日本が、6月27日に「えきねっと」をリニューアル。UI一新のほか、QRコードでのきっぷ受取が可能に。

画像

新駅名が決定

札沼線あいの里公園~石狩太美間に設置される新駅の駅名が「ロイズタウン」駅に決定

画像

4月の鉄道イベント一覧

いよいよ新年度です。4月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をご活用ください。

鉄道未来インデックス

  • 台湾向け新型都市間特急車両納入開始[2021年以降]
  • 三田線新車両導入 [2021年度]
  • 東急目黒線8両編成運転開始[2022年度上期]
  • 埼玉高速鉄道線8両編成運転開始 [2022年度上期]
  • 東急目黒線8両編成運転開始 [2022年度上期]
  • リクライニングシート搭載京王5000系導入[2022年下期]

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: