鉄道コムおかげさまで鉄道コムは25周年

三菱重工、日暮里・舎人ライナー用車両12本を受注

2020年6月16日(火)15時42分

日暮里・舎人ライナーの従来車両
日暮里・舎人ライナーの従来車両

三菱重工エンジニアリング(MHIENG)は16日、東京都交通局の日暮里・舎人ライナー用車両12本60両の製造を受注したと発表した。

2008年に開業したAGT(自動案内軌条式輸送システム)路線の日暮里・舎人ライナーは、開業以来利用者が増加し続けており、混雑の緩和が求められてきた。MHIENGでは、座席配置の工夫や車体の軽量化によって輸送力を強化した330形を、2015年度と2019年度に納入。同線の混雑緩和に寄与してきた。

MHIENGは今回、東京都交通局より12本60両の車両製造を受注。次世代型シート「G-Fit」の採用などにより、従来車両よりも輸送力を高めた車両を製造する。この車両の投入により、日暮里・舎人ライナーの既存車両を置き換え、朝夕を中心とする混雑緩和に貢献するとしている。

日暮里・舎人ライナーでは、開業時に投入された300形12本、開業以降に追加投入された同形式4本、2017年度に投入された320形1本、2015年度と2019年度に投入された三菱重工業・MHIENG製の330形が3本在籍している。このうち300形については一部座席がクロスシートとなっており、他形式よりも定員が少なくなっている。東京都交通局では、2019年に発表した「東京都交通局経営計画2019」において、座席を全てロングシート化した車両へ、2022年度以降に順次更新するとしていた。

2020年6月16日(火)15時42分更新

鉄道未来インデックス

  • 阪急2000系・2300系導入[2024年夏]
  • 駒沢大学駅リニューアル工事竣工[2024年夏]
  • 津山駅リニューアル工事完了[2024年夏ごろ]
  • 京成 関東鉄道100パーセント子会社化[2024年9月1日(日)]
  • 大阪駅西側新改札口全面開業[2024年夏]
  • 広島電鉄 新乗車券システム「MOBIRY DAYS」本格導入[2024年9月]

鉄道コムおすすめ情報

画像

3200形「フレキシブルに変更」の意味は?

京成電鉄の新型車両「3200形」。組成内容や連結器の秘密を同社に聞きました。

画像

「プライベース」7/21開始

阪急の座席指定サービス「PRiVACE」、7/21にサービス提供を開始。試乗会の開催も。

画像

夏臨の185系わずか2列車のみ

2024年夏の臨時列車では、185系の充当列車は「谷川岳もぐら」「谷川岳ループ」のみ。今後どうなるのでしょうか。

画像

京王に新型「2000系」導入へ

「ラウンド型」のデザインを持つ新型車両。2026年初めに営業運転を開始。

画像

あえて「車両が無い」鉄道写真

鉄道写真は、車両が写っている写真だけではありません。列車以外の鉄道写真の撮り方を、カメラマンの助川さんが解説します。

画像

5月の鉄道イベント一覧

新緑がまぶしい季節となりました。5月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

画像

相鉄10000系リバイバル車投稿写真募集中!

相鉄10000系のリバイバルラッピング車両。みなさまが撮影した写真を大募集!投稿はこちらから。