鉄道コム

東急・伊豆急行、首都高の設備計測システム「インフラドクター」を本格導入

2020年6月4日(木)17時57分

伊豆急行線で計測する「鉄道版インフラドクター」
伊豆急行線で計測する「鉄道版インフラドクター」

東急、首都高速道路、伊豆急行、首都高技術の4社は4日、伊豆急行線のトンネル検査に「鉄道版インフラドクター」を本格導入すると発表した。

インフラドクターは、レーザー計測器や高解像度カメラなどを搭載した自動車で設備を計測し、トンネルなどの設備の状況を把握できるシステム。インフラドクターの導入で、従来の目視点検の代替とすることが可能となり、設備検査の大幅な効率化が図れる。首都高速道路では、2017年よりこのシステムを本格運用し、道路の補修などに活用している。

鉄道版インフラドクターは、4社が2018年より共同開発を進めてきたもの。鉄道台車にインフラドクターの計測車両(トヨタ・エスティマ)を積載し、レールの形状やトンネルの内面形状、橋梁の上部形状、レール周辺の斜面、プラットフォームの形状などを計測する。伊豆急行では2018年9月に、東急では田園都市線で2019年1月に、それぞれ実証実験を実施。その結果、鉄道構造物においても詳細なデータの取得および適切な解析が可能であることを確認し、鉄道版インフラドクターの実用化を決定したとしている。

伊豆急行での鉄道版インフラドクターの本格運用開始時期は、2020年6月中旬。このシステムの導入で、従来の近接目視点検に相当する検査日数は約15日から3日と約2割に、検査費用は約6割に、それぞれ減少するという。

2020年6月4日(木)17時57分更新

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全2件

鉄道コムおすすめ情報

画像

ラピートに「すみっコ」乗車

土休日の「ラピート」全便再開にあわせ、「すみっコ」のぬいぐるみが運転席に。

画像

EF64-37 撮影会

高崎車両センター内での、定員2人のEF64形37号機撮影会イベント。参加費は1組10万円。

画像

「とれいゆ つばさ」運転終了

山形新幹線などを走る「とれいゆ つばさ」が、2022年3月に運転を終了へ。

画像

「SL大樹」の展望車

「SL大樹」用に改造された12系展望車が報道公開されました。気になる展望室の様子は?

画像

望遠レンズで「編成写真」

助川康文さんの「鉄道写真なんでもゼミ」。望遠レンズを使った編成写真撮影のコツとは

画像

10月の鉄道イベント一覧

10月の鉄道趣味のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をご活用ください

鉄道未来インデックス

  • JR西日本ダイヤ改正 [2021年10月]
  • 本宮駅橋上駅舎供用開始[2021年12月18日(土)]
  • 伊予灘ものがたりキロ47形ラストラン [2021年12月]
  • 松島海岸駅リニューアル駅舎供用開始[2021年冬ごろ]
  • 東武鉄道C11形動態復元[2021年冬]
  • とれいゆ つばさ運転終了[2022年3月]

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: