鉄道コム

西武の新型特急車両「Laview」、ブルーリボン賞を受賞

2020年6月5日(金)17時29分

001系「Laview」
001系「Laview」

西武鉄道は5日、同社の001系「Laview」が、鉄道友の会が制定する「ブルーリボン賞」を受賞したと発表した。

Laviewは、2019年3月にデビューした新型特急車両。建築家の妹島和世さんがデザインした車両で、球面形状の前面ガラスや大型の客室窓など、さまざまな特徴を持っている。

鉄道友の会はLaviewについて、「スタイリッシュで特徴的な外観デザイン、良質な雰囲気を備えつつ機能性の充実やバリアフリーの促進が図られた客室・設備のほか、最新水準の機器類の積極採用による省保守性や信頼性の向上、環境負荷の低減など、現代の鉄道車両としての完成度が極めて高く、魅力あふれる車両である」と評価し、ブルーリボン賞に選定した。

ブルーリボン賞は、鉄道友の会が、前年に日本国内で正式に営業運転を開始した新造または改造車両の中から、会員の投票結果に基づき、選考委員会が最優秀と認めた車両を選出する賞。西武鉄道としては、1970年に受賞した初代特急車両「5000系レッドアロー号」以来、50年ぶり2度目のブルーリボン賞の受賞となる。

2020年6月5日(金)17時29分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全67件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全10件

Laview ブルーリボン賞で動画を探した結果(新しく投稿された順)

全4件

鉄道旅行誌「旅と鉄道」×鉄道コム

画像

好きな「JRの電車車両」に一票を

117系、373系、103系、323系、285系、クモヤ145形、885系、四国8600系、N700S、923形…

鉄道コムおすすめ情報

画像

「SL大樹」の展望車

「SL大樹」用に改造された12系展望車が報道公開されました。気になる展望室の様子は?

画像

暮らせるコンテナ

JR東日本などが販売する「マチハコトレイン」。鉄道コンテナを再現したBOXルーム。

画像

リニューアル後の冬の湿原号

JR北海道が「SL冬の湿原号」のリニューアルデザインを発表。今年度には「たんちょうカー」登場。

画像

近鉄の観光特急「あをによし」

12200系を改造し、2022年4月に投入。大阪難波~近鉄奈良~京都間で運転。

画像

「最繁忙期」料金導入

JR東など3社が、指定席特急料金に「最繁忙期」を導入。あわせて閑散期・通常期の設定拡大も。

画像

10月の鉄道イベント一覧

10月の鉄道趣味のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をご活用ください

鉄道未来インデックス

  • JR西日本ダイヤ改正 [2021年10月]
  • 伊予灘ものがたりキロ47形ラストラン [2021年12月]
  • 松島海岸駅リニューアル駅舎供用開始[2021年冬ごろ]
  • 東武鉄道C11形動態復元[2021年冬]
  • JRグループダイヤ改正 [2022年春]
  • キハ283系定期運転終了[2022年春]

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: