JR九州、設備点検システム搭載車両「RED EYE」を導入

2020年3月25日(水)14時42分

811系「RED EYE」(イメージ)
811系「RED EYE」(イメージ)

JR九州は25日、営業用車両に設備点検・監視装置を搭載した「RED EYE」を導入すると発表した。

RED EYEは、811系に列車巡視支援システムや電車線路モニタリング装置を搭載した車両。カメラを活用した両システムの搭載によって、鉄道設備検査を効率化し、設備品質の向上や係員の安全性向上につなげる。

列車巡視支援システムは、車両前方に搭載したカメラにより、設備などの状態を確認する。従来は係員が目視で実施していた巡視の省力化や品質向上を図る。このシステムには、列車動揺や支障物といった線路周辺の状態を自動判定する技術を、国内で初めて採用する。

電車線路モニタリング装置は、屋根上に搭載したカメラによって、架線などの電気設備を測定するもの。検査方法を係員による巡回から事務所での映像確認に切り替えることで、作業効率化や安全性向上を図る。この装置に搭載するカメラは、同様のシステムとしては国内初となる、4Kカメラを採用する。

RED EYEは、811系2編成を改造し導入。うち1編成は列車巡視支援システムのみの搭載となる。両システムの使用開始日は、4月1日を予定する。

2020年3月25日(水)14時42分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全6件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全3件

鉄道旅行誌「旅と鉄道」×鉄道コム

画像

想い出深い九州の列車に一票を

ソニック、かもめ、九州横断特急、指宿のたまて箱、或る列車、水都、ゆうすげ号…

鉄道コムおすすめ情報

画像

新たな路面電車「LRT」とは

富山県の富山港線のほか、宇都宮でも建設が進む「LRT」。その内容や導入効果をご紹介します。

画像

新「アンパンマン列車」導入

JR四国が、2700系の「アンパンマン列車」を新たに導入。運転開始予定は2020年夏。

画像

「鉄道王国」富山

路面電車や観光鉄道、地方都市最大級の私鉄が走る富山県。なぜここまで鉄道が広く普及したのでしょうか。

画像

リゾートみのり引退

陸羽東線を走る「リゾートみのり」が、6月28日をもって引退。最終日にはツアー専用列車「フィナーレ号」も運転。

鉄道未来インデックス

  • 北神急行電鉄線譲渡[2020年6月1日(月)]
  • メトロ日比谷線霞ケ関~神谷町間新駅暫定開業[2020年6月6日(土)]
  • JR東海N700S営業列車投入[2020年7月1日(水)]
  • ロイヤルエクスプレス北海道運行[2020年8月~9月]
  • 新大久保駅改良工事竣工[2020年]
  • 横浜駅改札内新通路使用開始[2020年夏]
  • 東武東上線新駅開業[2020年10月31日(土)]

チェックイン

鉄道コムで過去に投稿したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: