鉄道コムおかげさまで鉄道コムは25周年

横浜市が国産連節バスを初導入、6月よりみなとみらいで運行

2020年2月6日(木)14時44分

横浜市が導入する連節バス「BAYSIDE BLUE」(イメージ)
横浜市が導入する連節バス「BAYSIDE BLUE」(イメージ)

日野自動車は5日、国産初の連節バス「日野ブルーリボン ハイブリッド 連節バス」を、横浜市に納車したと発表した。

納車した連節バスは、2車体を連結した連節バスにおいて、初めて完全な国産車として発売された車両。乗車定員は113人で、日野自動車が製造する単車タイプの路線バス「ブルーリボン」よりも、30人から40人程度増加している。

横浜市では、この連節バスを「BAYSIDE BLUE」として、横浜駅東口~山下ふ頭間で6月から運行する予定。運行開始に向け、乗務員の習熟訓練や運行計画策定などの準備を進める。

日本では、京成バスや神奈川中央交通、西鉄バスなどが、連節バスを運行している。これらのほとんどはメルセデス・ベンツ製やネオプラン製などの車種で、車体と足回りの全てが国産の量産型連節バスはこれまで製造されていなかった。日野自動車は、いすゞ自動車と共同で国産連節バスを開発し、2019年5月に発売。今回の導入に繋がった。

2020年2月6日(木)14時45分更新

鉄道未来インデックス

  • 阪急2000系・2300系導入[2024年夏]
  • 駒沢大学駅リニューアル工事竣工[2024年夏]
  • 津山駅リニューアル工事完了[2024年夏ごろ]
  • 京成 関東鉄道100パーセント子会社化[2024年9月1日(日)]
  • 大阪駅西側新改札口全面開業[2024年夏]
  • 広島電鉄 新乗車券システム「MOBIRY DAYS」本格導入[2024年9月]

鉄道コムおすすめ情報

画像

「プライベース」7/21開始

阪急の座席指定サービス「PRiVACE」、7/21にサービス提供を開始。試乗会の開催も。

画像

京成「3200形」2025年冬登場

京成電鉄の新型車両「3200形」。フレキシブルに変更できる車両で、24年度は6両を導入。

画像

夏臨の185系わずか2列車のみ

2024年夏の臨時列車では、185系の充当列車は「谷川岳もぐら」「谷川岳ループ」のみ。今後どうなるのでしょうか。

画像

京王に新型「2000系」導入へ

「ラウンド型」のデザインを持つ新型車両。2026年初めに営業運転を開始。

画像

あえて「車両が無い」鉄道写真

鉄道写真は、車両が写っている写真だけではありません。列車以外の鉄道写真の撮り方を、カメラマンの助川さんが解説します。

画像

5月の鉄道イベント一覧

新緑がまぶしい季節となりました。5月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

画像

特急「185」投稿写真募集中!

185系による臨時特急「185」。みなさまが撮影した写真を大募集!投稿はこちらから。