横浜市が国産連節バスを初導入、6月よりみなとみらいで運行

2020年2月6日(木)14時44分

横浜市が導入する連節バス「BAYSIDE BLUE」(イメージ)
横浜市が導入する連節バス「BAYSIDE BLUE」(イメージ)

日野自動車は5日、国産初の連節バス「日野ブルーリボン ハイブリッド 連節バス」を、横浜市に納車したと発表した。

納車した連節バスは、2車体を連結した連節バスにおいて、初めて完全な国産車として発売された車両。乗車定員は113人で、日野自動車が製造する単車タイプの路線バス「ブルーリボン」よりも、30人から40人程度増加している。

横浜市では、この連節バスを「BAYSIDE BLUE」として、横浜駅東口~山下ふ頭間で6月から運行する予定。運行開始に向け、乗務員の習熟訓練や運行計画策定などの準備を進める。

日本では、京成バスや神奈川中央交通、西鉄バスなどが、連節バスを運行している。これらのほとんどはメルセデス・ベンツ製やネオプラン製などの車種で、車体と足回りの全てが国産の量産型連節バスはこれまで製造されていなかった。日野自動車は、いすゞ自動車と共同で国産連節バスを開発し、2019年5月に発売。今回の導入に繋がった。

2020年2月6日(木)14時45分更新

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全1件

鉄道コムおすすめ情報

画像

700系、20年の歩み

まもなく引退する東海道新幹線700系。1999年のデビューからの歴史を振り返ります。

画像

201系が引退へ

JR西日本が225系を追加製造。捻出した221系により、大和路線などの201系は順次引退。

画像

6月に渋谷駅ホーム移設

埼京線渋谷駅のホームが、6月に山手線ホーム横へ移設。切換工事での一部列車・区間運休も。

画像

武庫川線に新デザイン車両

阪神武庫川線に、5500系の改造車を投入。車両のデザインテーマは「野球」。

画像

松戸駅の改良工事

松戸駅の駅改良工事が今春着手。東西通路の拡幅、改札内コンコースの拡張など。南側では駅ビルの建設も。

画像

2月の鉄道イベント一覧

JRダイヤ改正まであと1か月。2月のプランニングには、鉄道コムのイベント情報をご活用ください。

鉄道未来インデックス

  • 新型名阪特急運転開始[2020年3月14日(土)]
  • JR西日本新長距離列車導入[2020年5月8日(金)]
  • ディズニーリゾートライン新型車両導入[2020年5月21日(木)]
  • 只見線キハE120形営業運転開始[2020年春]
  • 沖縄都市モノレールSuica導入[2020年春]
  • 叡山電鉄貴船口駅リニューアル[2020年春]
  • 本宮駅橋上駅舎供用開始[2020年春ごろ]

チェックイン

鉄道コムで過去に投稿したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: