JR東、新幹線に新型架線を導入

2020年1月21日(火)14時42分

現行型と新型電車線設備の概要
現行型と新型電車線設備の概要

JR東日本と鉄道総合技術研究所(鉄道総研)は21日、東北・上越新幹線において、新型電車線設備を導入すると発表した。

導入するのは、鉄道総研が新たに開発した「高速シンプル架線」。パンタグラフが接する「トロリ線」、トロリ線を吊る「ちょう架線」の2本から構成され、従来型よりも設備点数を削減している。また、今回開発したタイプは営業最高時速320キロ線区で使用可能だが、トロリ線を高強度・軽量なものに変更することで、最高時速360キロにも対応可能としている。

東北・上越新幹線のうち、国鉄時代に開業した区間では、トロリ線とちょう架線に加え、ちょう架線とトロリ線の間に入る「補助ちょう架線」の3本から構成する「コンパウンド架線」を使用してきた。在来線用のシンプル架線よりも高速での走行に対応しているが、構成部品の多さがネックとなっていた。今回の新型設備導入により、輸送の安定性向上や省メンテナンス化を図るほか、将来の速度向上にも対応する。

新型設備の導入は、2020年度以降。東北新幹線の上野~大宮間・古川~盛岡間、上越新幹線の大宮~本庄早稲田間の、計330キロを予定する。JR東日本は、今回導入予定以外の区間について、設備の老朽度や走行実績を勘案しながら、導入を検討するとしている。

2020年1月21日(火)14時42分更新

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全2件

鉄道コムおすすめ情報

画像

新ひろしま1デイきっぷ

広島エリアのJRが1日乗り放題の企画乗車券。6月末までの土休日に利用可

画像

L/Cシート搭載の京急1000形

京急で始めて「L/C座席」を採用した新1000形20次車。車内を中心にご紹介します。

画像

京王9000系周年HM掲出へ

京王9000系のデビュー20周年を記念して、4月26日からヘッドマークを掲出。記念乗車券の発売も

画像

えきねっとリニューアル

JR東日本が、6月27日に「えきねっと」をリニューアル。UI一新のほか、QRコードでのきっぷ受取が可能に。

画像

新駅名が決定

札沼線あいの里公園~石狩太美間に設置される新駅の駅名が「ロイズタウン」駅に決定

画像

4月の鉄道イベント一覧

いよいよ新年度です。4月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をご活用ください。

鉄道未来インデックス

  • 日高本線鵡川~様似間廃止[2021年4月1日(木)]
  • アーバンライナー貨客混載事業開始[2021年夏]
  • 阿佐海岸鉄道DMV導入[2021年夏ごろ]
  • えきねっとリニューアル[2021年夏ごろ]
  • JR西日本ICOCAエリア普通回数乗車券発売終了[2021年9月30日(木)]
  • 川崎重工業鉄道車両製造事業分社化[2021年10月]
  • 新幹線E4系運転終了[2021年秋ごろ]

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: