秩父鉄道の石炭貨物列車が19年度末で廃止、国内最後の石炭貨物

2020年1月14日(火)16時30分

秩父鉄道は14日、2019年度をもって、石炭貨物列車の運転を終了すると発表した。

同社の石炭貨物列車は、三ヶ尻線三ヶ尻駅付近の太平洋セメント熊谷工場向けに運行しているもの。JR貨物との連絡運輸で、鶴見線の扇町駅から熊谷貨物ターミナル駅経由で三ヶ尻駅まで石炭を輸送している。

石炭貨物列車の運転終了は、荷主である太平洋セメントからの契約が、2019年度末をもって終了となるためのもの。同列車は日本国内最後の石炭貨物列車となっていたが、今回の運転終了により、国内から石炭貨物列車は消滅することとなる。

秩父鉄道では、扇町~熊谷貨物ターミナル~三ヶ尻間の石炭貨物列車のほか、影森~三ヶ尻間でも石灰石の貨物列車を運転している。同社によると、影森発着の貨物列車については、今後も運転を継続するという。また、石炭貨物列車が廃止される三ヶ尻線の熊谷貨物ターミナル~三ヶ尻間についても、現段階で廃止する計画は無いとしている。

2020年1月14日(火)16時30分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全3件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全5件

鉄道旅行誌「旅と鉄道」×鉄道コム

画像

想い出深いリバイバルカラーに一票を

西武 新101系赤電、185系ストライプ、伊豆急8000系無塗装、高松琴平電鉄 還暦の赤い電車…

鉄道コムおすすめ情報

画像

山手線E231系引退

1月24日の東京総合車両センター入場により、山手線からE231系500番台が撤退しました。その歴史をたどります。

画像

桜木町に開業時の車両を展示

6月に桜木町駅横で開業する複合ビルに、日本初の鉄道開業時の車両「110形蒸気機関車」が展示。

画像

京急ミュージアムが開館

1月21日にオープンした「京急ミュージアム」。その内部の様子をご紹介します。

画像

京都鉄博でキティ新幹線

イベント開催にあわせ、京都鉄道博物館の500系を「ハローキティ新幹線」仕様にラッピング。2月22日から。

画像

JR東海の新型通勤車

JR東海が新型車両「315系」を発表。2021年度より中央本線、東海道本線などへ投入。

画像

1月の鉄道イベント一覧

いよいよ新年。1月の鉄道旅行や撮影の計画には、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

鉄道未来インデックス

  • 新型名阪特急運転開始[2020年3月14日(土)]
  • 札幌市電上下分離化[2020年4月]
  • SLぐんまリニューアル客車運転開始[2020年4月]
  • 札沼線非電化区間廃止[2020年5月7日]
  • JR西日本新長距離列車導入[2020年5月8日(金)]
  • 新幹線特大荷物事前予約制導入[2020年5月中旬]
  • 只見線キハE120形営業運転開始[2020年春]

チェックイン

鉄道コムで過去に投稿したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: