鉄道コムおかげさまで鉄道コムは25周年

JR九州の香椎線で自動運転の走行試験、2020年中には営業列車での試験へ

2019年12月20日(金)14時30分

BEC819系
BEC819系

JR九州は20日、香椎線において、自動列車運転装置の走行試験を実施すると発表した。

今回の試験は、同社が導入している新型ATS「ATS-DK」をベースとした自動列車運転装置の開発に向けたもの。車両の加速や惰行、減速、定点停止といった運転制御と、運転時分、乗り心地を確認する。車両は、香椎線で運用するBEC819系2両編成1本を使用する。

自動列車運転装置は、日本信号と共同で開発を進めているもの。連続速度照査式ATSシステムを採用している路線で導入できる装置で、ATS車上装置に自動運転演算部を付加することで自動運転が可能となる。発車時は、係員がホームの安全確認などをした後にスイッチを操作し、装置が走行制御を開始。自動で運転操作を行う。今回は、先頭に運転士が乗務した状態での試験となるが、JR九州と日本信号では将来的に、運転士以外の係員が先頭に乗務する自動運転(GoA2.5)の実現を目指している。

走行試験は、2019年12月下旬から2020年2月中旬にかけての期間中、25日程度実施。香椎線の西戸崎~香椎間で、0時ごろから4時ごろまでの深夜に実施する。JR九州では、今回の試験対象区間において、運転士が乗務した状態での営業列車における実証運転を、2020年中を目標に目指すとしている。

2019年12月21日(土)10時37分更新

鉄道コムお知らせ

画像

行きたいエリアに一票を

「青春18きっぷ」で行ってみたいエリアに投票してください。「旅と鉄道」共同企画

鉄道未来インデックス

鉄道コムおすすめ情報

画像

京急ファミリーフェスタ

5月26日、久里浜工場にて開催。子ども向けのイベントが中心で、今年度は親子限定の事前申込制。

画像

東海道新幹線に「個室」

東海道新幹線にグリーン車以上の「個室」設置へ。1編成2室設置、2026年度中に提供開始予定。

画像

スタートレイン計画

JR北海道が「赤い星」「青い星」導入計画「スタートレイン計画」を発表。2026年春デビュー。

画像

東武の新型「80000系」

野田線用の新型車両。2025年春より5両編成25本を導入。一部中間車は60000系から転用。

画像

あえて「車両が無い」鉄道写真

鉄道写真は、車両が写っている写真だけではありません。列車以外の鉄道写真の撮り方を、カメラマンの助川さんが解説します。

画像

4月の鉄道イベント一覧

いよいよ新年度。本年度も鉄道コムをよろしくお願いします。鉄道旅行や撮影の計画は、イベント情報から。