JR九州の香椎線で自動運転の走行試験、2020年中には営業列車での試験へ

2019年12月20日(金)14時30分

BEC819系
BEC819系

JR九州は20日、香椎線において、自動列車運転装置の走行試験を実施すると発表した。

今回の試験は、同社が導入している新型ATS「ATS-DK」をベースとした自動列車運転装置の開発に向けたもの。車両の加速や惰行、減速、定点停止といった運転制御と、運転時分、乗り心地を確認する。車両は、香椎線で運用するBEC819系2両編成1本を使用する。

自動列車運転装置は、日本信号と共同で開発を進めているもの。連続速度照査式ATSシステムを採用している路線で導入できる装置で、ATS車上装置に自動運転演算部を付加することで自動運転が可能となる。発車時は、係員がホームの安全確認などをした後にスイッチを操作し、装置が走行制御を開始。自動で運転操作を行う。今回は、先頭に運転士が乗務した状態での試験となるが、JR九州と日本信号では将来的に、運転士以外の係員が先頭に乗務する自動運転(GoA2.5)の実現を目指している。

走行試験は、2019年12月下旬から2020年2月中旬にかけての期間中、25日程度実施。香椎線の西戸崎~香椎間で、0時ごろから4時ごろまでの深夜に実施する。JR九州では、今回の試験対象区間において、運転士が乗務した状態での営業列車における実証運転を、2020年中を目標に目指すとしている。

2019年12月21日(土)10時37分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全27件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全12件

( JR九州 OR 香椎線 ) 自動運転で動画を探した結果(新しく投稿された順)

全17件

鉄道旅行誌「旅と鉄道」×鉄道コム

画像

好きな「駅弁」に一票を

シウマイ弁当、峠の釜めし、平泉うにごはん、最北海幸めし、氏家かきめし…

鉄道コムおすすめ情報

画像

新幹線新駅名発表

九州新幹線西九州ルートに設置される新駅2駅の駅名が発表。両駅とも仮称を正式採用。

画像

賀正HM先行装着

12月4日~6日、大井川鉄道のSLかわね路号が、賀正ヘッドマークと日章旗を先行装着し運転。

画像

Classic8000編成変更

阪急神戸線の「Classic8000」装飾編成が、8000編成から8002編成に変更。11月27日運転開始。

画像

SLもおか重連運転

12月20日、真岡鉄道がSL・DLの重連・プッシュプル運転を実施。

画像

E257系の特急「湘南」

2021年春、「湘南ライナー」などに代わり、特急「湘南」が東海道線で運転を開始。

画像

11月の鉄道イベント一覧

季節はもうすぐ冬。11月の鉄道旅行や撮影の計画には、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

鉄道未来インデックス

  • JR西日本・大阪メトロ連絡定期券発売[2020年12月8日(火)]
  • 現美新幹線運転終了[2020年12月19日(土)]
  • 区界駅新駅舎供用開始 [2020年12月中旬]
  • 山田線川内駅新駅舎供用開始 [2020年12月中旬]
  • 北海道新幹線青函トンネル区間時速210キロ走行[2020年12月31日(木)]
  • 東所沢駅リニューアル工事完了[2020年末]
  • 香椎線営業列車自動運転試験[2020年中]

チェックイン

鉄道コムで過去に投稿したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: