只見線の車両をキハE120形に置き換えへ、JR東

2019年11月28日(木)14時21分

デザインを変更するキハE120形(イメージ)
デザインを変更するキハE120形(イメージ)

JR東日本仙台支社は、只見線の車両をキハE120形に置き換えると発表した。

キハE120形は、新潟地区向けに製造された車両。新津運輸区に8両が在籍し、羽越本線や磐越西線などで活躍している。12月以降、同型式の8両全てでデザインを変更し、2020年春に只見線での営業運転に投入する。デザインは、「只見川と残雪、冬の厳しさに負けじと萌える新緑の山々」をコンセプトとし、現在のオレンジ基調から緑基調へと変更する。

同支社はあわせて、只見線の運転再開に向けた復旧工事の進捗についても発表した。これまでに第5・第6・第7只見川橋りょうの橋脚等が完成しており、第5只見川橋りょうは今年度内に桁を架設。第6・第7只見川橋りょうについても、2020年度から桁の架設工事に入る。

JR東日本仙台支社は、只見線の復旧工事について、2021年度中を目処に完了するとしている。

2019年11月28日(木)14時21分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全59件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全31件

只見線 E120で動画を探した結果(新しく投稿された順)

全19件

鉄道コムおすすめ情報

画像

215系運用終了へ

「湘南ライナー」の廃止とともに、定期運用が消滅する2階建て車両の215系。運用消滅後の動向は?

画像

17000系デビュー

有楽町・副都心線用の新型車両「17000系」が、2月21日に営業運転を開始。

画像

185系記念入場券

「『メモリアル185』記念入場券」が、3月1日に発売。ゆかりのある各駅の入場券のほか、オリジナル方向幕が付属。

画像

千葉エリアの新型車両

千葉エリア向けの新型車両「E131系」。報道公開の際、筆者がファン目線で気になったこととは?

画像

カメラアワード結果発表

皆さまにご投票いただいた、鉄道の撮影に適したベストカメラ。その結果は?

画像

2月の鉄道イベント一覧

春のダイヤ改正まであとひと月。2月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をご活用ください。

鉄道未来インデックス

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: