鉄道コムおかげさまで鉄道コムは25周年

原宿駅の新駅舎は3月から供用、現駅舎は五輪後に解体・再建へ

2019年11月19日(火)14時50分

原宿駅新駅舎(イメージ)
原宿駅新駅舎(イメージ)

JR東日本は19日、原宿駅の新駅舎と新ホームの供用開始日を発表した。2020年3月21日に供用を開始する。

新駅舎は、神宮橋に面した線路上に建設。1階には駅施設に加えコンビニエンスストアが、2階にはカフェが入居する。新たな表参道改札は現駅舎の改札より2通路増設されるほか、コンコースは約3倍、トイレは約2倍の広さとなる。新ホームは山手線外回り専用のもので、従来臨時ホームとして使用してきた施設を改良する。

原宿駅の新駅舎・新ホームは、2020年東京オリンピック・パラリンピック開催に向けた混雑対策の一環として整備するもの。競技会場に隣接する同駅を改良し、コンコースやホーム空間を拡張することで、混雑に対応する。

同社はあわせて、年末年始における原宿駅臨時改札の取り扱いについても発表した。明治神宮に面した新ホームの臨時改札を降車専用口として開設し、新ホームは仮設通路として使用する。また、新駅舎と新ホームを結ぶ階段も、供用開始に先立ち臨時に使用する。なお、新駅舎には明治神宮側への出口が設置されるため、臨時改札の設置は2019年度が最後となる。

新駅舎の供用開始により、大正時代に竣工した現駅舎はその役目を終える。JR東日本は、オリンピック・パラリンピック終了後に現駅舎を解体し、防火基準に則した資材を用いて、現駅舎の意匠を再現した施設を再建するとしている。

2019年11月19日(火)14時50分更新

鉄道コムの最新情報を無料でお知らせしますプッシュ通知を受け取りますか?

鉄道未来インデックス

  • 近鉄新型一般車「8A系」営業運転開始[2024年10月]
  • JR東海「アクロス」機能向上[2024年10月]
  • 福島交通キャッシュレス決済サービス導入[2024年9月~10月頃]
  • 名鉄金山駅ホームドア実証試験開始[2024年10月]

鉄道コムおすすめ情報

画像

京都鉄博で「はなあかり」展示

8月30日~9月3日、京都鉄道博物館にて「はなあかり」を展示。8月29日には有料の先行見学会も。

画像

南海7100系復刻塗装

南海7100系の1本が、緑色の復刻塗装に。8月21日に営業運転を開始予定。

画像

社名は「JR東海交通事業」に

城北線の運営事業などを担う東海交通事業、10月1日付での社名変更を発表。「JR」つきの社名に。

画像

最も歴史のある鉄道会社とは?

現存する鉄道会社の中で、最も歴史があるものとは? 実は考え方によって、複数の会社が当てはまります。

画像

「モード」を使いこなそう

カメラの設定は意外と知らずに使っている人も? 上達に不可欠なモード設定について、カメラマンの助川さんが解説します。

画像

7月の鉄道イベント一覧

いよいよ夏本番、鉄道イベントも多数。7月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

画像

イベント投稿写真募集中!

鉄道コムでは、臨時列車や基地公開など、さまざまなイベントの投稿写真を募集中! 投稿写真一覧はこちら。