JR北が多目的特急形気動車のデザインを発表、特急「宗谷」などで運用

2019年10月17日(木)14時43分

261系5000代「はまなす」編成(イメージ)
261系5000代「はまなす」編成(イメージ)

JR北海道は17日、新たに導入する多目的用車両の車内外デザインを発表した。

多目的車両は、「スーパー北斗」などに使用する261系1000代をベースとした「261系5000代」。「ノースレインボーエクスプレス」や、9月に引退した「クリスタルエクスプレス」の後継車両となる。製造数は5両編成2本で、それぞれ「はまなす」編成、「ラベンダー」編成と命名。外観は、各編成の愛称をイメージしたカラーリングとする。

車内では、1号車にフリースペースを設置。窓向き席のカウンター席と、大型テーブルを備えたボックス席の2パターンの座席配置で、イベント時における料理の提供も考慮している。デッキ付近には、特産品などの販売を考慮した簡易販売カウンターを設けるほか、個室としても利用できる掘りごたつ式の多目的室を設置する。

2号車~5号車については、1000代と同様、2人掛けリクライニングシートを設置。従来の背面テーブルに加え、座席を向かい合わせとした際にも使用できるインアームテーブルを設置する。また、全席に携帯・PC用コンセントを設置。公衆無線LAN装置も搭載する。各車に設置する荷物置場と、2号車に設置する車いすスペースについては、ともに1000代より多い2か所ずつの設置となる。

261系5000代は、はまなす編成が2020年10月ごろ、ラベンダー編成が2021年4月ごろ、それぞれ運用を開始する予定。「フラノラベンダーエクスプレス」などの臨時列車や、観光貸切列車、修学旅行列車などの団体専用列車、特急「宗谷」などの定期列車に充当するとしている。

2019年12月11日(水)16時47分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全44件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全328件

JR北海道 はまなす ラベンダーで動画を探した結果(新しく投稿された順)

全27件

鉄道コムおすすめ情報

画像

ロープ式ホーム柵

空港第2ビル駅、成田空港駅で、3月中旬に昇降式ホーム柵が運用開始。ロープ式のホーム柵はJR東日本では初。

画像

N700S量産車登場

東海道新幹線の新型車両「N700S」量産車が、いよいよ登場。その進化したポイントは?

画像

西武線駅名変更

西武園ゆうえんちのリニューアルにあわせ、2021年に西武遊園地駅と遊園地西駅の駅名を変更。

画像

新幹線の引退装飾をふりかえる

東海道新幹線「ありがとう700系」の装飾をはじめ、歴代新幹線の引退時の装飾を振り返ります。

画像

700系、20年の歩み

まもなく引退する東海道新幹線700系。1999年のデビューからの歴史を振り返ります。

画像

3月の鉄道イベント一覧

いよいよ春到来。3月の鉄道の動きを知るなら、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

鉄道未来インデックス

  • 新型名阪特急運転開始[2020年3月14日(土)]
  • JR西日本新長距離列車導入[2020年5月8日(金)]
  • ディズニーリゾートライン新型車両導入[2020年5月21日(木)]
  • 只見線キハE120形営業運転開始[2020年春]
  • 沖縄都市モノレールSuica導入[2020年春]
  • 叡山電鉄貴船口駅リニューアル[2020年春]
  • 埼京線渋谷駅ホーム移設[2020年6月1日(月)]

チェックイン

鉄道コムで過去に投稿したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: