京成電鉄、成田スカイアクセス線向け新型車両を公開

2019年10月10日(木)10時33分

京成3100形
京成3100形

京成電鉄は10日、新型車両「3100形」を報道陣に公開した。

3100形は、2003年にデビューした3000形以来16年ぶりの新形式となる、京成電鉄の一般型車両。車両のコンセプトは、「受け継ぐ伝統と新たな価値の創造」。質実さや実用本位という同社車両の基本思想に加え、空港アクセスを意識した設計としている。車両の製造は、日本車輌製造と総合車両製作所の2社が担当する。

車両外観は、成田スカイアクセス線を走行することを強調するため、同線の案内カラーであるオレンジを基調としたデザインを採用。現在同線の主力一般型車両である3050形と同様、空港アクセスのシンボルである飛行機をアクセントとして描く。これに加え、浅草寺雷門や成田山新勝寺など、沿線各所のイメージイラストをアクセントとして配する。

車内では、成田スカイアクセス線の車両と一目でわかるよう、座席の生地をオレンジ色とし、座面には桜と千葉県の県花である菜の花を描く。座席は、背もたれが高いハイバック式。一部の座席は折りたたみ式とし、スーツケース置き場などとして使用可能とする。車内案内表示器は17インチサイズ2画面を採用。一部の案内表示器横には防犯カメラを設置する。また、プラズマクラスターイオン発生装置の導入や空調制御ソフトの見直しにより、車内環境を改善する。

行先表示器は、従来の3000形よりも大型化。ホームからの視認性を向上する。また、日本語と英語に加え、中国語、韓国語を加えた4か国語での表示や、駅ナンバリングの表示にも対応する。

足回りでは、SiC素子を採用したVVVFインバータ制御装置を搭載。同社通勤型車両として初の定速運転装置を装備している。制動装置については、編成全体で必要なブレーキ力の演算が可能となっており、回生ブレーキの有効活用や雨天時の滑走防止を図る。ブレーキ段は、従来の5段から7段に変更し、きめ細かいブレーキ操作が可能となっている。運転台は3000形を踏襲しているが、従来の行先・種別を設定する機器を廃し、運転台横のタッチパネルにて行先種別設定や自動放送操作を行えるようにした。

3100形の営業運転開始は、10月26日を予定。京成電鉄は、2019年度は8両編成2本を導入し、2020年度以降も同型式を継続投入するとしている。なお、現在成田スカイアクセス線で活躍している3050形は、一部を一般色とし京成本線系統に転用するほか、残存する各編成も3100形と同様のオレンジ色に変更するという。

2019年10月10日(木)11時18分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全432件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全244件

京成 3100形で動画を探した結果(新しく投稿された順)

全127件

鉄道コムおすすめ情報

画像

GSEブルーリボン賞受賞式典

ブルーリボン賞を受賞した、小田急電鉄のロマンスカー70000形「GSE」。新宿駅などで式典が開催されました。

画像

京都鉄博 EF200形など展示

京都鉄道博物館で、引退したEF200形と、今秋引退のシキ800形大物車を展示。11月16日から。

画像

多目的車両のデザインは

JR北海道が、キハ261系多目的車両の車内外デザインを発表。2020年10月ごろより運用を開始。

画像

東海エリアでも貨物線ツアー

マニアックなルートが大人気。キハ75で駆け抜けた貨物線ツアーの模様をご紹介します。

画像

10月の鉄道イベント一覧

今年も「鉄道の日」がやってきました。10月の鉄道旅行や撮影の計画には、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

懐かしの鉄道写真コンテスト 結果発表

鉄道未来インデックス

  • 沖縄都市モノレール首里~てだこ浦西間延伸開業[2019年10月1日(火)]
  • 京成3100形営業運転開始[2019年10月26日(土)]
  • 上野動物園モノレール休止[2019年11月1日(金)]
  • 相鉄・JR直通線開業[2019年11月30日(土)]
  • 新京成電鉄80000形営業運転開始[2019年冬]
  • 秋田内陸縦貫鉄道AN8905号リニューアル車両導入[2020年2月上旬]
  • 近鉄22000系、30000系などカラーリング変更完了[2019年度]

チェックイン

鉄道コムで過去に投稿したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: