鉄道コム

JR西が瀬戸内エリアに新たな観光列車導入、瀬戸内マリンビューは運行終了

2019年7月17日(水)14時37分

外観イメージ
外観イメージ

JR西日本は17日、2020年10月から12月にかけて開催する大型観光キャンペーン「せとうち広島デスティネーションキャンペーン」にあわせ、新たな観光列車を瀬戸内エリアに導入すると発表した。

新たな観光列車は、キハ47系2両編成の「瀬戸内マリンビュー」を改造。外観は、瀬戸内海の青色や、海岸線から見える波の白色により、「せとうち」を表現したデザインとする。また、車内では海を向いた座席などを設置する。

新たな観光列車の導入時期は、2020年秋ごろ。呉線・山陽線の宮島口~尾道間などで運転する。JR西日本は、詳細なダイヤや既存の瀬戸内マリンビューの運行終了日については、決まり次第知らせるとしている。

2019年7月17日(水)18時35分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全27件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全203件

瀬戸内マリンビューで動画を探した結果(新しく投稿された順)

全180件

鉄道コムおすすめ情報

画像

105系広島色が復活

宇部線などで活躍する105系の1本が復刻塗装に。7月9日に営業運転を開始。

画像

西九州新幹線試乗会

西九州新幹線の開業を前に、JR九州が試乗会を開催。計12000人を募集。

画像

「DLやまぐち号」運転

「SLやまぐち号」に代わり、「DLやまぐち号」が8月に運転。DE10形とDD51形が登板。

画像

HC85系に展望席が無い理由

先代のキハ85系と異なり、展望席が設定されていないHC85系。その理由をJR東海に聞きました。

画像

被災から2年の肥薩線の現状

2020年7月の豪雨で被災した、JR九州の肥薩線。その現状や今後をリポートします。

鉄道未来インデックス

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: