鉄道コムおかげさまで鉄道コムは25周年

新宿~二俣川間が最速44分、相鉄・JR直通線の運行計画概要発表

2019年7月16日(火)14時26分

相鉄12000系
相鉄12000系

JR東日本と相模鉄道は16日、相鉄・JR直通線の運行計画の概要を発表した。

相鉄・JR直通線は、相鉄本線の西谷駅から羽沢横浜国大駅を経て、東海道貨物線に接続する路線。2019年11月30日の開業を予定する。

相鉄・JR直通線の運行区間は、相鉄本線の海老名からJR線の新宿までを基本に設定。朝通勤時間帯の一部列車は、大宮方面へ直通する。運転本数は1日あたり46往復。朝ピーク時間帯に1時間あたり4本、その他の時間帯は同2~3本運転する。列車種別は、2種類を設定。全区間で各駅に停車する種別のほか、相鉄線内は特急として運転する種別を設ける。車両については、相鉄は12000系、JR東日本は埼京線用E233系を使用する。

相鉄・JR直通線の開業により、二俣川~新宿間の所要時間は最速44分、海老名~武蔵小杉間は同36分などとなる。JR東日本と相模鉄道は、具体的な運行計画などについては決まり次第発表するとしている。

また、相模鉄道は同日、相鉄・JR直通線の開業にあわせて実施するダイヤ改正の概要について発表した。改正後のダイヤでは、特急と快速が西谷駅に停車。相鉄・JR直通線との接続を考慮する。いずみ野線には新種別「通勤特急」「通勤急行」を導入。従来は各停のみの運行だった平日朝ラッシュに両種別を設定し、横浜方面への速達性向上を図る。また、湘南台駅発の通勤特急と海老名駅発のJR線直通特急を二俣川駅で接続させ、都心方面への速達性・利便性向上も図る。

2019年7月16日(火)15時7分更新

鉄道コムの最新情報を無料でお知らせしますプッシュ通知を受け取りますか?

鉄道未来インデックス

鉄道コムおすすめ情報

画像

「ドクターイエロー」引退発表

東海道・山陽新幹線の「ドクターイエロー」、2027年以降の完全引退発表。代替車は?

画像

京阪2200系復刻塗装

デビュー60周年の記念企画。2200系7両編成1本の塗装や車外銘板などを、1988年当時の仕様に復刻。

画像

「モード」を使いこなそう

カメラの設定は意外と知らずに使っている人も? 上達に不可欠なモード設定について、カメラマンの助川さんが解説します。

画像

ビューさざなみ・わかしお復活

定期運用を退いた255系による臨時特急。9月7日に東京~館山間、8日に東京~安房鴨川間で運転。

画像

性能が良すぎて失敗?

JR貨物発足初期の機関車には、性能が良すぎて失敗した形式が。そんな3兄弟をご紹介します。

画像

6月の鉄道イベント一覧

梅雨のシーズンでもイベントは多数開催。6月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

画像

381系ラストラン写真募集中!

いよいよ定期運用終了の381系。みなさまが撮影した写真を大募集!投稿はこちらから。