鉄道コム

新宿~二俣川間が最速44分、相鉄・JR直通線の運行計画概要発表

2019年7月16日(火)14時26分

相鉄12000系
相鉄12000系

JR東日本と相模鉄道は16日、相鉄・JR直通線の運行計画の概要を発表した。

相鉄・JR直通線は、相鉄本線の西谷駅から羽沢横浜国大駅を経て、東海道貨物線に接続する路線。2019年11月30日の開業を予定する。

相鉄・JR直通線の運行区間は、相鉄本線の海老名からJR線の新宿までを基本に設定。朝通勤時間帯の一部列車は、大宮方面へ直通する。運転本数は1日あたり46往復。朝ピーク時間帯に1時間あたり4本、その他の時間帯は同2~3本運転する。列車種別は、2種類を設定。全区間で各駅に停車する種別のほか、相鉄線内は特急として運転する種別を設ける。車両については、相鉄は12000系、JR東日本は埼京線用E233系を使用する。

相鉄・JR直通線の開業により、二俣川~新宿間の所要時間は最速44分、海老名~武蔵小杉間は同36分などとなる。JR東日本と相模鉄道は、具体的な運行計画などについては決まり次第発表するとしている。

また、相模鉄道は同日、相鉄・JR直通線の開業にあわせて実施するダイヤ改正の概要について発表した。改正後のダイヤでは、特急と快速が西谷駅に停車。相鉄・JR直通線との接続を考慮する。いずみ野線には新種別「通勤特急」「通勤急行」を導入。従来は各停のみの運行だった平日朝ラッシュに両種別を設定し、横浜方面への速達性向上を図る。また、湘南台駅発の通勤特急と海老名駅発のJR線直通特急を二俣川駅で接続させ、都心方面への速達性・利便性向上も図る。

2019年7月16日(火)15時7分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全296件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全787件

相鉄・JR直通線で動画を探した結果(新しく投稿された順)

全371件

鉄道コムおすすめ情報

画像

「鉄道コらム」スタート

新コーナー「鉄道コらム」スタートしました。鉄道ファン以外の方にも向けて発信してまいります。

画像

新幹線敦賀駅の発メロ曲募集

敦賀市が、北陸新幹線敦賀駅発車メロディーで使用する曲を募集。7月1日から受付。

画像

相模線にE131系導入

2021年秋ごろ、相模線にE131系を導入。2022年春ごろには、宇都宮・日光線にも投入へ。

画像

E4系定期ラストランは10月1日

上越新幹線のE4系「Max」が、10月1日に定期運転を終了へ。ツアー列車の運転も。

画像

小田急親子向け体験ツアー

小田急が、親子向け体験ツアーを開催。「GSE」運転席体験や「テクノインスペクター」乗車など。

画像

6月の鉄道イベント一覧

いよいよ季節は夏。6月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

鉄道未来インデックス

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: