関空特急はるかに新型車両、1列車あたりの座席数を1.5倍に

2019年6月21日(金)14時35分

271系(イメージ)
271系(イメージ)

JR西日本は21日、関空特急「はるか」に新型車両を導入すると発表した。新型車両の形式名は「271系」。

はるかは、関西国際空港と大阪、京都を結ぶ空港連絡特急。近年は訪日外国人旅行者が増加しているため、これに対応し新型車両271系を導入。主に6両編成で運転しているはるかに連結し9両編成とすることで、1列車あたりの座席数を約1.5倍とする。

271系の外観は、現在はるかで使用している281系のものを引き継いだデザイン。車内では、全座席にモバイル用コンセントを配置するほか、多言語案内が可能な車内ディスプレイ、大型荷物スペースの設置により旅行客に対応。防犯カメラも設置し、車内セキュリティの向上を図る。

機器面については、車体構造の強化や、運転士異常時列車停止装置「EB-N装置」の採用、運転台機器類の二重系化により、安全性や安定性、信頼性を向上させる。

271系の営業運転開始予定は、2020年春ごろ。投入車両数は3両編成6本の18両で、既存の281系6両編成と連結し、米原・京都~関西空港間で運転する。

2019年12月13日(金)18時19分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全581件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全143件

鉄道旅行誌「旅と鉄道」×鉄道コム

画像

想い出深いリバイバルカラーに一票を

西武 新101系赤電、185系ストライプ、伊豆急8000系無塗装、高松琴平電鉄 還暦の赤い電車…

鉄道コムおすすめ情報

画像

名鉄空港線15周年

15周年を記念して、記念乗車券やロゴ入り記念グッズを発売。1月29日から。

画像

よみがえった京急デハ236

京急前身路線の開業時に導入され、現在は京急ミュージアムに展示されているデハ236。その波乱な経歴とは。

画像

春日部駅付近の高架化計画

東武と埼玉県が、連続立体交差事業の施工協定を締結。事業完成予定は2031年度。

画像

山手線E231系引退

1月24日の東京総合車両センター入場により、山手線からE231系500番台が撤退しました。その歴史をたどります。

画像

桜木町に開業時の車両を展示

6月に桜木町駅横で開業する複合ビルに、日本初の鉄道開業時の車両「110形蒸気機関車」を展示。

画像

1月の鉄道イベント一覧

いよいよ新年。1月の鉄道旅行や撮影の計画には、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

鉄道未来インデックス

  • 秋田内陸縦貫鉄道AN8905号リニューアル車両導入[2020年2月上旬]
  • 東海道新幹線700系営業運転終了[2020年3月8日(日)]
  • 常磐線Suica利用可能エリア拡大 [2020年3月14日(土)]
  • 常磐線全線直通特急運転再開[2020年3月14日(土)]
  • E261系営業運転開始[2020年3月14日(土)]
  • 新潟地区GV-E400系投入完了[2020年3月14日(土)]
  • 田町~品川間新駅暫定開業[2020年3月14日(土)]

チェックイン

鉄道コムで過去に投稿したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: