北海道新幹線で時速320キロ運転へ、JR北

2019年5月15日(水)14時30分

緩衝工と防音壁
緩衝工と防音壁

JR北海道は15日、北海道新幹線の新函館北斗~札幌間を時速320キロで走行可能とする工事の実施を、国土交通省に対し13日に要請したと発表した。

今回の高速化工事の対象は、2030年度末の開業を予定する新函館北斗~札幌間の約212キロの区間。うち約8割を占めるトンネル区間に対しては、トンネル抗口に設置する緩衝工を延長。その他の約2割の区間では、防音壁のかさ上げや、これにともなう高架橋の強化を実施する。これらの工事により、当初計画では最高時速260キロ対応だった設備を、最高時速320キロに対応させる。

高速化工事は、当初計画の工事費との差額、約120億円をJR北海道が負担する。工事による時間短縮効果は、約5分程度としている。

2019年5月15日(水)14時30分更新

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全5件

鉄道コムおすすめ情報

画像

新幹線敦賀駅の発メロ曲募集

敦賀市が、北陸新幹線敦賀駅発車メロディーで使用する曲を募集。7月1日から受付。

画像

相模線にE131系導入

2021年秋ごろ、相模線にE131系を導入。2022年春ごろには、宇都宮・日光線にも投入へ。

画像

E4系定期ラストランは10月1日

上越新幹線のE4系「Max」が、10月1日に定期運転を終了へ。ツアー列車の運転も。

画像

小田急親子向け体験ツアー

小田急が、親子向け体験ツアーを開催。「GSE」運転席体験や「テクノインスペクター」乗車など。

画像

日本で最も速い列車は?

日本で最も速いのはどの列車? 全国各地を走る列車の速さを、最高速度と表定速度で比較します。

画像

6月の鉄道イベント一覧

いよいよ季節は夏。6月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

鉄道未来インデックス

  • JR西日本うめきた新駅開業 [2023年春]
  • 横浜市ブルーライン延伸開業[2030年]
  • なにわ筋線開業[2031年春]
  • 埼京線十条駅連続立体交差事業完了[2030年度]
  • 北海道新幹線新函館北斗~札幌間開業[2030年度末]

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: